ウィッグを使う人におすすめのシャンプーランキング!

最近ではウィッグを使っておしゃれを楽しむ人やがん治療の副作用による抜け毛をカバーするため医療用ウィッグを使用している人をみかけるようになりました。

しかし、薄毛や抜け毛が気になってウィッグをしているのであれば、育毛対策をすべきでしょう。

そこで今回はウィッグを使う人におすすめのシャンプーランキングを紹介していきます。

シャンプー執事

ウィッグのお手入れ方法についても解説していくよ!!

ウィッグを使う人におすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

ウィッグを使うには必ず理由がありますが、今回はその中でも薄毛や抜け毛が気になる女性をターゲットにお話をしていきます。

では、ウィッグを使うのであればどのようなシャンプーを選べば良いのかということですが、今回は3つのポイントを意識してみましょう。

3つのポイント

  1. 洗浄力が穏やかなシャンプー
  2. 保湿成分がたっぷりと含まれている
  3. 育毛効果が期待できる成分が含有されている

シャンプーを選ぶ場合は頭皮・髪に優しい成分で構成されているかどうかが重要なので、上記の3つのポイントを抑えたシャンプーがおすすめです。

では、それぞれどのような点をみればいいのかについてみていきましょう。

1. 洗浄力が穏やかなシャンプー

薄毛や抜け毛が多くなってきてウィッグを使っているという人の中には、自分の頭皮に合わないシャンプーを使っていることが多いです。

特にラウリル硫酸やラウレス硫酸、オレフィンスルホン酸といった高級アルコール系の洗浄成分が含有されたシャンプーはおすすめできません。

高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強く刺激となってしまうので、頭皮の乾燥やかゆみの原因になってしまいます。

そこでおすすめなのが洗浄力が穏やかなアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸成分一例
  • ココイル系
  • ラウロイル系
  • ベタイン系
  • メチルアラニン系
  • サルコシン系

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が強くないので、必要以上に頭皮の潤いを落とすことなく洗い上げてくれます。

また、刺激性も低いので敏感肌や乾燥肌の人にも適しているシャンプーといえるでしょう。

成分表示を見て上記の成分が記載されているのであればアミノ酸系シャンプーなので参考にしてみてください。

2. 保湿成分がたっぷりと含まれている

頭皮の潤いをキープするためには保湿成分を活用することが有効的です。

保湿成分がシャンプーに含まれていると頭皮を洗浄成分から守ってくれるため、乾燥を防ぎ頭皮環境の改善のサポートをしてくれます。

保湿成分一例
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド
  • リピジュア
  • 植物オイル(オリーブ・ツバキ・アルガンetc)
  • 天然由来エキス(大豆・海藻etc)

ウィッグを使うということは髪の毛にハリ・コシがなくなってきている方も多いでしょう。

その場合はヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドといった保水力の高い成分と一緒に植物オイルによって髪の毛の補修を行うことも考えるべきです。

髪の毛にハリ・コシが戻ればボリュームアップにもつながるので、保湿と補修の役割を持つ成分を多く含有したシャンプーを選ぶのもいいでしょう。

3. 育毛効果が期待できる成分が含有されている

薄毛や抜け毛の悩みというのは男性だけではなく女性のも訪れるものです。

そのため、育毛効果が期待できる成分を含有したシャンプーを選ぶのもウィッグを使用しているという人にはおすすめといえます。

育毛効果というのは髪の毛を成長させる毛母細胞を活性化させることだけではなく、保湿や血行促進と意外にも見るべき成分は幅広いです。

そのため、キャピキシルなどの育毛成分を覚えておき、成分表示に記載があるかどうか確認すると良いでしょう。

シャンプー執事

品質の良いシャンプーは天然由来のエキスを使用していることが多いけど、そのエキスがどのような作用を期待できるのかを調べなければいけないのは唯一の手間と言っていいかもしれないね!

ウィッグを使う人におすすめのシャンプーを比較!

シャンプーというのは現在では実にたくさんの種類が販売されているので、品質の良いシャンプーを選びだすだけでも一苦労です。

そこで、当サイトで品質と人気に定評のあるシャンプーを13種類に絞っているので、ウィッグを使う人におすすめできるものかどうかを比較していきましょう。

洗浄力 保湿成分 育毛成分
ハーブガーデン 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 丸
ラサーナ プレミオール 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 三角
haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ルメント 穏やか
(アミノ酸系)
丸 三角
クイーンズバスルーム 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 丸
アスロング オーガニックシャンプー 強め
(高級アルコール系)
三角 丸
わたしのきまり 穏やか
(アミノ酸系)
丸 三角
守り髪 少し強め
(アミノ酸系)
三角 三角
ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 丸
ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
(アミノ酸系)
三角 バツ
ボタニスト 少し弱め
(アミノ酸系)
三角 バツ
TSUBAKI 強め
(高級アルコール系)
三角 バツ
ビオリス 強め
(高級アルコール系)
三角 バツ

育毛に期待ができる成分を配合しているシャンプーというのは少なく、市販されているシャンプーではまず期待しないほうが良いでしょう。

今回ピックアップしている品質の良いシャンプーでも、含有されていない方が圧倒的に多いです。

シャンプーは結局洗い流してしまうため、本格的に育毛成分の効果に期待したいのであれば育毛剤を使用するのが良いかもしれませんね。

そのため、比重的にはアミノ酸 > 保湿 > 育毛成分 といった順番で見るようにしましょう。

ウィッグを使う人におすすめのシャンプーランキング!

では、先ほどの比較を踏まえたうえでウィッグを使う人にはどのようなシャンプーがおすすめなのかをみていきましょう。

今回はランキングTOP3までつくりましたので、ウィッグを使っていてシャンプーに悩んでいる場合は前向きに検討してみてください。

haru黒髪スカルプ・プロ

haru黒髪スカルプ・プロ

ポイント
  1. 頭皮・髪に優しいアミノ酸系シャンプー
  2. 33種類のアンチエイジング保湿成分含有
  3. 育毛成分キャピキシル配合
  4. 無添加で安全
  5. 天然由来成分100%で構成
CHECK
頭皮・髪に優しいアミノ酸系で、33種類の保湿成分と育毛成分キャピキシルを配合させているのがharu黒髪スカルプ・プロの特徴です。

40代以降のハリ・コシがなくなってくる年代の女性をターゲットにしているため、ウィッグを使っている人にもおすすめできるシャンプーといえます。

haru黒髪スカルプ・プロの評価
洗浄成分
(4.5)
保湿性
(4.5)
育毛成分
(4.5)
無添加
(4.5)
総合評価
(4.5)

ボタニカル ベルタシャンプー

ボタニカル ベルタシャンプー
ポイント
  1. アミノ酸+ボタニカル+酵素の洗浄力
  2. 保湿成分たっぷり配合
  3. 育毛効果が期待できるボタニカル成分含有
  4. 13の無添加で安全安心
  5. 30日間のい返金保証付き
CHECK
業界最大数である78成分を厳選配合したかなりの高品質シャンプーがボタニカルベルタシャンプーです。

血行促進作用に期待ができる成分や保湿成分を含有し、頭皮の刺激となるような添加物は一切配合していない無添加のシャンプーとなっています。

ボタニカル ベルタシャンプーの評価
洗浄成分
(4.5)
保湿性
(5.0)
育毛成分
(3.5)
無添加
(5.0)
総合評価
(4.5)

ハーブガーデン

ハーブガーデン
ポイント
  1. 洗浄力が穏やかなアミノ酸含有シャンプー
  2. ボタニカルの保湿成分で頭皮が潤う
  3. 無添加なので低刺激で安心
  4. オーガニックハーブウォーター厳選使用
  5. 東大博士号取得の博士と開発
CHECK
100%天然由来のボタニカルとオーガニックハーブにこだわった頭皮に優しいシャンプーがハーブガーデンです。

育毛成分に関しては少し物足りないかなという部分はありますが、保湿成分を豊富に含有しており無添加なので申し分ないシャンプーとなっています。

ハーブガーデンの評価
洗浄成分
(5.0)
保湿性
(4.5)
育毛成分
(3.0)
無添加
(5.0)
総合評価
(4.0)

ウィッグの正しい洗い方は?シャンプーで洗ってOKだけど洗い方が重要!

ウィッグにはウィッグ専用のシャンプーが販売されているため、普段使っているシャンプーでは洗えないのではと思ってしまいますよね。

しかし、ウィッグ専用のシャンプーを使わなければならないというわけではなく、普段のシャンプーでも十分に汚れを洗い落とすことができます。

では、ウィッグの正しい洗い方についてですが、簡単にまとめてみましたので参考にしてみてください。

ウィッグの洗い方
  1. ウィッグの汚れ・ホコリを落とす、逆毛や絡みを戻すためにブラッシングをする
  2. 洗面器にお湯または水をはり、シャンプーを適量いれる
  3. ウィッグを浸けて決してこすらず押し洗いをする
  4. 手で絞ってある程度水気を切ったらタオルでさらに水分を取る
  5. スタンドや風通しの良い日陰に置き自然乾燥をさせる
  6. 乾燥しきったらブラッシングで形を整える

ウィッグは柔軟剤とシャンプーを使うとパサつきが取れる!柔軟剤の成分を確認して選ぼう!

ウィッグがぱさついてしまうと、自分の髪質とギャップが生まれてしまうためどうにかしたいですよね。

そこで柔軟剤を使うのがおすすめと聞いたことがある人もいるかもしれませんが、柔軟剤によってはウィッグに使うのは効果的です。

柔軟剤のなかでもシリコンや繊維潤滑剤が配合されているもののほうがウィッグがサラサラになるので配合している柔軟剤を選ぶと良いでしょう。

使い方は簡単で、先程のウィッグの洗い方のシャンプーの部分に柔軟剤を代用し、1時間から6時間程度漬け置きしてから手順通りに洗って乾かすだけです。

ただし、カールのウィッグの場合はカールした部分が取れてしまう可能性があるので注意してください。

ウィッグをシャンプーをするときの頻度は?

髪は毎日洗うものですがウィッグも同様に毎日シャンプーで洗っていいものなのか疑問に思う人も多いでしょう。

ウィッグは毎日洗う必要はなく、汚れが目立つ場合にシャンプーをして洗ってあげるという認識でいれば問題ありません。

MEMO

ウィッグを長期間使わなくなることもあるかと思いますが、再度使う可能性を考えるとシャンプーをしてきれいにしてから保存するほうが良いでしょう。

ふたたび使うときにウィッグがぱさついている、あるいは汚れてしまっている状態だとコンディションを整えるところから始まってしまうので面倒です。

ウィッグは次使うときにすぐに使えるように清潔な状態にして保存をしておきましょう。

医療用ウィッグはシャンプーでお手入れしてもよい?

がん治療の副作用で髪が抜け落ちてしまうため医療用ウィッグを着用している人もいると思います。

医療用ウィッグと一般的に販売されているウィッグのお手入れには違いはありません。

シャンプーでお手入れする場合は、先ほど紹介した洗い方を使って洗うようにしてください。