頭皮湿疹の人におすすめのシャンプーランキング&原因と対策!

頭にかゆみを感じて触るとポツポツと腫れているのがわかる、これがいわゆる頭皮湿疹です。

頭皮湿疹はトラブルが起こっている状態なので、しっかり治すことを考えなくては症状の悪化や薄毛を招いてしまうことになります。

特に頭皮湿疹はシャンプーが原因で起こりやすいので、どのようなシャンプーを選べば良いのか見ていきましょう。

シャンプー執事

かゆみは頭皮で良くないことが起こっている証拠だから気をつけて!

頭皮湿疹の人におすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

先ほどもお伝えしましたが、頭皮湿疹の多くは肌に合っていないシャンプーを使っていることが原因です。

では、どのようなシャンプーを選べば良いのかということですが、頭皮湿疹を治すためには3つのポイントを意識してみましょう。

3つのポイント

  1. 洗浄力が強すぎないシャンプー
  2. 頭皮に潤いを与える成分がたっぷり配合されているシャンプー
  3. 添加物が含まれていないシャンプー

この3つのポイントを抑えることができれば頭皮湿疹になりにくいシャンプーを選ぶことができるので、結果として症状の緩和に期待することができるでしょう。

では、それぞれのポイントがどのように影響するのかみていきます。

1. 洗浄力が強すぎないシャンプー

頭皮湿疹が起こってしまう要因の1つに頭皮にとって刺激が強すぎるシャンプーを使っているという点が挙げられます。

この刺激というのは洗浄成分のことを指し、洗浄力が強いとそれだけ刺激も強くなってしまうのです。

市販されているシャンプーは洗浄力が強いものが多く、頭皮湿疹が起こりやすいものが大半と言っていいでしょう。

そのため、洗浄力が強すぎないシャンプーで頭皮に刺激を極力与えないようにすることが大切です。

おすすめは「アミノ酸系シャンプー」で、洗浄力も穏やかで刺激性も低いため頭皮に優しいシャンプーとして知られています。

シャンプー執事

成分表示にあるココイル系・ベタイン系・メチルアラニン系はアミノ酸洗浄成分だから目安に覚えておこう!

2. 頭皮に潤いを与える成分がたっぷり配合されているシャンプー

頭皮の湿疹は乾燥が進むことによって症状が発生してしまうこともあります。

シャンプーは頭皮の汚れを洗い落とす一方で、潤いを不足させてしまうということも理解しておかなくてはいけません。

植物オイル(アルガンやツバキが有名)やヒアルロン酸、リピジュアなどが保湿として添加されている成分です。

シャンプーに頭皮に潤いを与える成分がたっぷり配合されていれば乾燥対策になるので、頭皮湿疹を抑えるのであれば保湿成分が含まれているかどうかはしっかりと確認しておきましょう。

3. 添加物が含まれていないシャンプー

添加物が含まれていると頭皮でアレルギー反応を起こしてしまい湿疹ができることがあります。

添加物は肌に対して考えられて作られたわけではなく、製品の安定・着色・保存や髪の滑らかさを人工的に作るのが目的です。

シャンプーを変えてから頭皮湿疹が目立つようになったのであれば、シャンプーに含まれる添加物による影響が考えられるので見直してみましょう。

悪影響のある添加物例
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリン酸Na/DEA/DEA/MEA/TEA
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 合成防腐剤
  • 合成香料
  • 合成保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • カチオン界面活性剤
  • 鉱物油
  • 動物性油脂
  • エタノール
  • キレート剤
  • 特に合成○○は肌が敏感な人にとっては刺激性が強く炎症を起こしやすいです。

    できる限り添加物が配合されていない無添加のシャンプーを選ぶようにしましょう。

    頭皮湿疹の人におすすめのシャンプーを比較!

    頭皮湿疹の方には3つのポイントを基にシャンプーを選んでほしいですが、数あるシャンプーの中からではそもそも見つけることが容易ではありません。

    そこで、今回は当サイトの独断の基準でおすすめしているシャンプー13種類を先ほどのポイントを基に比較をしてみました。

    洗浄力 保湿成分 無添加
    ハーブガーデン 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ラサーナ プレミオール 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ルメント 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 三角
    クイーンズバスルーム 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    アスロング オーガニックシャンプー 強め
    (高級アルコール系)
    丸 三角
    わたしのきまり 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 二重丸
    守り髪 少し強め
    (アミノ酸系)
    丸 丸
    ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
    (アミノ酸系)
    三角 丸
    ボタニスト 少し弱め
    (アミノ酸系)
    三角 三角
    TSUBAKI 強め
    (高級アルコール系)
    三角 バツ
    ビオリス 強め
    (高級アルコール系)
    三角 バツ

    13種類のシャンプーの中にはドラッグストアでよく見かけるものもありますが、そういったシャンプーは保湿成分が少なく添加物が含有されていることが多いのがわかります。

    やはり頭皮湿疹を治したいのであれば人気や安さではなく品質にこだわりを保つ必要がある、ということがわかるでしょう。

    シャンプー執事

    これを踏まえて次におすすめのランキングを見ていこう!

    頭皮湿疹の人におすすめのシャンプーランキング!

    頭皮湿疹におすすめできるシャンプーは「アミノ酸系・高保湿・無添加」という条件が必要です。

    では、どのシャンプーが一体おすすめであるのか、今回はランキング3位まで紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

    ハーブガーデン

    ハーブガーデン
    ポイント
    1. アミノ酸とハーブの力で優しく洗い上げる
    2. 高保湿成分高含有
    3. 無添加で低刺激
    4. オーガニックハーブウォーター厳選使用
    5. ボタニカルにこだわったシャンプー
    CHECK
    ハーブをはじめとしたボタニカルの力で頭皮を優しく洗い、保湿を保ちながら美髪へと導いてくれるのがハーブガーデンの大きな魅力の1つです。

    無添加で低刺激なので頭皮湿疹の方には理想的なシャンプーと言えるでしょう。

    ハーブガーデンの評価
    安全性
    (5.0)
    保湿性
    (5.0)
    無添加
    (4.5)
    コスパ
    (5.0)
    総合評価
    (5.0)

    ボタニカル ベルタシャンプー

    ボタニカル ベルタシャンプー
    ポイント
    1. アミノ酸・ボタニカル・酵素の洗浄成分
    2. 保湿・補修成分をたっぷり配合
    3. 13の無添加のこだわり
    4. アンチエイジング成分配合
    5. 業界最大78成分含有
    CHECK
    業界最大級である78種類の成分を含んだシャンプーがボタニカル ベルタシャンプーで、アミノ酸・ボタニカル・酵素の力で頭皮に刺激を与えずに優しく洗ってくれrます。

    保湿成分も高含有で髪の補修や頭皮のアンチエイジング成分もたっぷり含有しているので、シャンプーの粋を超えたシャンプーといっても過言ではありません。

    ボタニカル ベルタシャンプーの評価
    安全性
    (4.5)
    保湿性
    (4.5)
    無添加
    (5.0)
    コスパ
    (4.0)
    総合評価
    (4.5)

    haru黒髪スカルプ・プロ

    haru黒髪スカルプ・プロ
    ポイント
    1. アミノ酸系で頭皮・髪に低刺激
    2. 高保湿で頭皮・髪に潤いを与える
    3. 安心の無添加
    4. 100%天然由来成分
    5. 育毛成分キャピキシル配合
    CHECK
    高保湿で無添加に加えてアミノ酸洗浄成分と頭皮に低刺激で安心のシャンプーがharu黒髪スカルプ・プロです。

    33種類のエイジングケア成分と育毛成分キャピキシルを配合しているので、特に40代以降の女性におすすめのシャンプーといえます。

    haru黒髪スカルプ・プロの評価
    安全性
    (4.5)
    保湿性
    (4.5)
    無添加
    (4.5)
    コスパ
    (4.5)
    総合評価
    (4.5)

    シャンプーの種類別頭皮湿疹への効果!

    頭皮湿疹にはアミノ酸系シャンプーがおすすめと言いましたが、それ以外のシャンプーはダメなのか疑問に思う人もいるでしょう。

    アミノ酸系以外にも高級アルコール系と石鹸系のシャンプーが主流に出回っていますが、それぞれで洗浄力に差があります。

    洗浄力 刺激 安全性
    アミノ酸系
    高級アルコール系
    石鹸系

    頭皮湿疹の方がもしこの3種類の中のどれかを使う場合、どういったメリット・デメリットがあるのかについてみていきましょう。

    アミノ酸シャンプー

    頭皮や髪の毛はタンパク質で作られており、そのタンパク質を構成しているのはアミノ酸です。

    そう考えるとアミノ酸系シャンプーは頭皮にとって優しいということがわかるのではないでしょうか。

    ただ、洗浄力という点に関して言えば少し物足りないというデメリットがあるため、植物由来の洗浄成分でサポートをさせているシャンプーが多いです。

    頭皮湿疹においてはまず間違いなくアミノ酸系シャンプーを選ぶことをおすすめします。

    高級アルコールシャンプー

    市販されているシャンプーは刺激性が強いということをお話しましたが、それがこの高級アルコール系のシャンプーのことを指しています。

    ラウリル硫酸・ラウレス硫酸などが主流である高級アルコールシャンプーは洗浄力が群を抜いて高いものの、その分刺激性がとても強くなってしまうのがデメリットです。

    ただし、安価で使用することができるためシャンプーに含有されていることが多く、しっかりと成分表示を見なければいけません。

    注意
    成分表示の最初の項目にアミノ酸系の成分が記載されているからといって、それが頭皮に優しいというわけではないので注意です。

    中にはアミノ酸系と高級アルコール系の成分を混ぜて配合しているシャンプーもあります。

    その場合どうしても刺激は強くなってしまうので、高級アルコールが配合されているのであれば避けるようにしましょう。

    石鹸シャンプー

    石鹸は高級アルコール系よりも洗浄性・刺激性が低く、高級アルコール系よりも頭皮に優しい洗浄成分を強みにしています。

    しかし、アミノ酸系に比べてしまうと洗浄性も刺激性も強く、中には石鹸系シャンプーで頭皮湿疹ができてしまう人もいるので気をつけなくてはいけません。

    まとめると高級アルコール系よりは石鹸系、石鹸系よりもアミノ酸系のシャンプーを選ぶのがおすすめということになります。

    頭皮湿疹になってしまう原因と対策!

    頭皮湿疹ができてしまうとついつい頭を掻いてしまい症状を悪化させてしまいがちですよね。

    では、合わないシャンプー以外にも頭皮湿疹を起こしてしまう原因はあるのでしょうか。

    頭皮湿疹が起こる原因

    頭皮湿疹が起こる原因として以下のことが考えられます。

    頭皮湿疹の原因
    • 頭皮に存在する菌が大量繁殖
    • 脂漏性皮膚炎
    • 頭皮が乾燥することによって起こる炎症

    頭皮に存在する常在菌は汗や皮脂を餌にすることによって増殖し、増えすぎてしまうと頭皮環境のバランスが崩れ炎症を起こしやすくなってしまいます。

    1日の終わりにシャワーを浴びないまま就寝・頭皮に付着する汚れの洗い残し・ストレス・脂の多い食生活などが引き金となるので注意です。

    注意
    菌の大量繁殖が悪化すると脂漏性皮膚炎と呼ばれる状態になり、慢性的な頭皮湿疹が起こってしまいます。

    その場合は菌の繁殖を抑える必要があるため病院で抗菌・殺菌薬を処方してもらうことが先決です。

    また、頭皮が乾燥してしまうと肌はダメージを受けやすく、少しの刺激でも炎症を起こして湿疹ができやすくなってしまいます。

    紫外線・パーマやカラー・室内の乾燥・髪を濡れたまま放置といった生活習慣が原因です。

    頭皮湿疹を抑えるための対策

    脂漏性皮膚炎は薬剤による対策が必要ですが、それ以外の2つのタイプは生活習慣に気をつけることで頭皮湿疹を抑えることができます。

    では、どのような対策をすればいいのかということですが、以下にまとめてみました。

    頭皮湿疹の対策
  • シャワーは1日の終わりに丁寧に頭皮を洗う
  • 髪はドライヤーで8割乾かす
  • 保湿ローションやオイルで頭皮の潤いをキープ
  • 頭皮が乾燥しないよう加湿器などで湿度の調整
  • 枕・シーツは定期的に洗う
  • 外出時は帽子を着用
  • 頭皮湿疹用のシャンプーに替えるのは大前提のこと、しっかりと頭皮を洗い清潔にして自然乾燥ではなくドライヤーで乾かすことが有効的な対策です。

    MEMO
    ドライヤーの噴出口は100℃近くにもなると言われ、髪や頭皮を構成するタンパク質が変性してしまい逆に乾燥の原因になってしまいます。

    ドライヤーで髪を乾かす際はできる限りドライヤーを離して髪を乾かすようにしましょう。

    特にシャンプー後の保湿は重要なので頭皮用の保湿ローションやオイルを準備しておくのもおすすめです。

    放置しておけば治るからといって頭皮湿疹を放置せず、これを機会に頭皮に優しいシャンプーと頭皮に優しい生活習慣で美髪を目指していきましょう。