自分に合ったシャンプーはどれ?種類を知れば簡単にわかります!

世の中には、本当にたくさんのシャンプーがありますよね。

次々に新しいものが登場するため、どれを使えばいいか分からなくなりませんか。

そんな時は、基本的なシャンプーの種類を知っておくと便利です。自分に合うシャンプーを簡単に見分けられるようになりますよ。

今回は、洗浄成分ごとのシャンプー3種類と、特徴ごとに分けたシャンプー15種類についてご説明します。

洗浄成分別の分類!シャンプー3種類

ほとんどのシャンプーは次の3つのうち、どれかひとつに当てはまります。

パッケージの裏に書いてある成分名をチェックすれば、見分けることができます。

種類 成分名 洗浄力 価格 特徴 こんな人向き
高級アルコールシャンプー ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naなど 強い 安い 洗浄力による刺激が強いため、肌荒れしやすい。 スタイリング剤をよく使う人や、汚れをしっかり取りたい人向け。
石けんシャンプー 脂肪酸〜、石けん〜など 強い 安い アルカリ性なので皮脂を奪いやすい。乾燥しやすい。 他のシャンプーでアレルギー反応が出る場合に使える。
アミノ酸シャンプー 〜アラニン、〜グルタミン酸、〜タウリン、〜グリシン、ココイル〜など 弱い やや高め 洗浄力がマイルドなので、地肌に余計な負担をかけない。 髪のトラブルで悩んでいる人向け。最もオススメ。

洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと、髪のトラブルにつながることも。

皮脂が多い人や、長時間屋外にいて汗や汚れが気になる場合でなければ、洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーがオススメです。

特徴別の分類!シャンプー15種類

シャンプーは界面活性剤の違いに加えて、それぞれ美容成分による特徴があって効果が異なります。

商品名やパッケージの表などに書いてあるので、種類と具体的な内容を知っておきましょう。

シャンプーの種類別!こんな人にオススメ
  1. ノンシリコンシャンプー:シリコンが苦手な人に。
  2. カラーシャンプー:染めた髪色を落としたくない人に。
  3. オイルシャンプー:しっとり保湿したい人に。
  4. クレンジングシャンプー:頭皮の汚れを落としたい人に。
  5. オーガニックシャンプー:肌が弱い人や、オーガニック志向の人に。
  6. 無添加シャンプー:肌が弱い人に。
  7. ボタニカルシャンプー:植物由来成分が好きな人に。
  8. スカルプシャンプー:頭皮をケアして髪のダメージを減らしたい人に。
  9. リペアシャンプー:枝毛など髪のダメージに直接効かせたい人に。
  10. エイジングケアシャンプー:年齢による髪の悩みが多い人に。
  11. 育毛シャンプー:髪が薄い・少ないと感じている人に。
  12. 白髪染めシャンプー:髪を洗いながら白髪染めもしたい人に。
  13. リンスインシャンプー:時短したい人に。
  14. クールシャンプー:メントールの爽快感が好きな人に。
  15. 全身シャンプー:時短したい人に。

1.ノンシリコンシャンプー:シリコンが苦手な人向き

市販されているシャンプーの多くには、シリコンというコーティング成分が使われています。

ノンシリコンシャンプーとは、このシリコンを無使用もしくは少量しか使っていないシャンプーのことです。

しかしシリコンを抜いただけのシャンプーを使うと、髪がきしんで指通りが悪くなります。

そのため、代わりにオイルなどのコーティング剤が配合されます。

シリコンを使わない分、洗浄成分が強すぎるときしみやすいこともあるので、選ぶ時には成分をチェックしてくださいね。

2.カラーシャンプー:使うとヘアカラーが落ちにくくなる

美容院などでヘアカラーをしても、シャンプーを繰り返すうちに色落ちしていくもの。

なるべく長い期間キレイな色を保ちたい時には、カラーシャンプーを使うと良いでしょう。

シャンプーに配合された色素が髪に入ることで、色をキープできます。

3.オイルシャンプー:オイルでしっとり保湿ケアできる

洗浄成分に加えて、オイルが配合されているシャンプーのことです。

オイル自体が持っている洗浄力がプラスされ、しっとり保湿できるところがポイントですね。

ただし脂性肌の人が使うとベタつきやすいので注意が必要です。

4.クレンジングシャンプー:頭皮の汚れをしっかり落とせる

洗浄力が高めで、頭皮の汚れをしっかり落とせるシャンプーです。

炭酸やオイル、クレイなどが配合されます。

毎日使えるものもありますが、中には洗浄力が強いため3日に1回までにした方が良いものも。

5.オーガニックシャンプー:農薬・化学肥料なしで敏感肌でも安心

原料に使っている植物を、農薬・化学肥料なしで育てたものがオーガニックシャンプーです。

肌への刺激が少ないため、敏感肌でも安心して使えます。

しかしオーガニックには明確な基準がありません。原料の一部だけオーガニック認定されたものでも、そう呼ばれることもあります。

成分表や口コミをよく見て信頼できるメーカーを探すことがポイントです。

6.無添加シャンプー:余計な成分フリーで肌が弱い人向き

特定の成分を使わずに作られたものを、無添加シャンプーと呼びます。

例えばパラベンフリー、合成香料フリー、合成着色料フリーなどがあります。

メーカーや商品ごとに、何を無添加にしているかは違います。「無添加」と書かれていても油断せず、成分をチェックすることが重要です。

7.ボタニカルシャンプー:植物由来成分が配合されている

植物由来成分が配合されているシャンプーを、ボタニカルシャンプーと呼びます。

ただし植物由来でないものも同時に配合されることがあるので、注意が必要です。

8.スカルプシャンプー:傷んだ頭皮のケアができる

頭皮は髪の毛の土台です。ここが傷んでいると、生えてくる髪の毛も細くなったり枝毛になったりします。

傷んだ頭皮をケアしたい時には、スカルプシャンプーを使うと良いでしょう。

9.リペアシャンプー:傷んだ髪を修復できる

傷んだ髪を直接修復できるのがリペアシャンプーです。

栄養や保湿成分などが多く配合されています。髪の汚れを落としながら、栄養を補い保湿ケアしてくれます。

10.エイジングケアシャンプー:ハリ・コシ・ダメージなど多目的なケアに

年齢による髪のダメージや量、ハリ・コシのなさなどをケアします。

エイジングケアだけだと定義があいまいで、メーカーや商品ごとに効果が異なります。

髪の悩みを特定できない時に、これを選んでみるのも良いでしょう。

11.育毛シャンプー:健康な髪を育てたい人向け

頭皮の環境を改善することで、健康な髪が生える土台を作ってくれます。

実質、内容はスカルプシャンプーとほぼ同じです。好きな方を使いましょう。

12.白髪染めシャンプー:シャンプーで白髪染めができる

シャンプーをするだけで白髪染めもできるものです。髪の表面だけに色がつきます。

わざわざ毛染めをしなくて良いので、時短効果が狙えます。

13.リンスインシャンプー:シャンプーとリンスが一度に終わる時短効果

リンスインシャンプーは、シャンプーの中にただリンスを混ぜたものではありません。

シャンプーとリンスが時間差で効果を発揮できるように、うまく成分を配合して作られています。

温泉などに置かれることも多くきしみやすい印象かもしれませんが、洗浄成分に気をつければ問題ありませんよ。

14.クールシャンプー:涼しく感じる冷感効果がある

メントールやペパーミント、ハッカなどが配合されることで、スーッとした爽快感を味わえるシャンプーです。

暑い夏などに使うと涼しく感じます。

15.全身シャンプー:体と髪を一度に洗える

体も髪の毛も一緒に洗いたいなら、全身シャンプーを使いましょう。

髪の毛がきしみやすいという欠点はあるものの、お風呂にかける時間を大幅に短縮できるでしょう。

まとめ:シャンプーの種類を知って自分にあったものを選んで!

シャンプーはこれらのうち一つだけでなく、例えば「アミノ酸シャンプー」「ボタニカル」「オーガニック」のように、複数当てはまることも多いでしょう。

今回ご説明した種類さえ知っていれば、パッと髪の悩みや好みに合わせて選ぶことができるでしょう。

ぜひ、お気に入りのシャンプーを見つけてくださいね。