縮毛矯正している人におすすめのシャンプーランキング&維持のコツ!

髪の毛のうねりやくせ毛を一発できれいなストレートにしてしまう施術の縮毛矯正ですが、シャンプーをしっかりと選ばなければ長持ちしなくなってしまいます。

また、頭皮や髪にダメージを受けやすい状態になってしまうため今後の髪質にも影響を受けてしまうので注意が必要です。

そこで今回は縮毛矯正をしている人におすすめのシャンプーを紹介していきたいと思います。

縮毛矯正している人におすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

縮毛矯正はいわゆるパーマをしている状態なので、少なからず頭皮や髪にダメージが残っている状態です。

そのため、頭皮や髪に優しいシャンプーを選ぶことによって縮毛矯正が長持ちする、あるいは頭皮環境の悪化を防ぐことができます。

3つのポイント

  1. 刺激性の低い洗浄力の穏やかなシャンプー
  2. 髪の補修成分が含有されているシャンプー
  3. 添加物が配合されていないシャンプー

縮毛矯正をしている人におすすめのシャンプーはこの上記3つのポイントを基にして選ぶことがおすすめです。

では、それぞれのポイントがどういう影響を与えるのかについてみていきましょう。

1. 刺激性の低い洗浄力の穏やかなシャンプー

縮毛矯正をしたあとというのは頭皮や髪が弱っている状態なので、刺激が高い洗浄成分はおすすめできません。

市販されているシャンプーは洗浄力が高く刺激性も高いものが多いので、しっかりと成分表示を見る必要があります。

その中でもアミノ酸系シャンプーは洗浄力が穏やかで刺激性も低いので縮毛矯正後に適したシャンプーと言えるでしょう。

注意
アミノ酸系シャンプーと表記されているものでも洗浄力が高い成分も一緒に配合されているものもあります。

アミノ酸系と植物由来の洗浄成分が含まれているものを選ぶのが良いので、成分表示を見る癖はつけるようにしましょう。

2. 髪の補修成分が含有されているシャンプー

縮毛矯正を続けていると徐々に頭皮や髪の毛が傷んでしまいますので、補修成分が含有されているシャンプーで回復力を高めてあげるのも1つの方法です。

シャンプーは頭皮や髪についている汚れを洗い落とすことが目的ではありますが、補修成分が含有されている方がダメージが蓄積しにくく、その後の髪質の維持にも影響してきます。

コラーゲン・リピジュア・ヒアルロン酸などをはじめ、植物エキスや植物オイルなどが豊富に含有されているシャンプーを選ぶようにしましょう。

3. 添加物が配合されていないシャンプー

添加物というのは成分によっては頭皮の刺激となり、縮毛矯正後の頭皮にダメージを蓄積させてしまいます。

そのため、添加物が配合されていない無添加のシャンプーがおすすめです。

悪影響のある添加物例
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリン酸Na/DEA/DEA/MEA/TEA
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 合成防腐剤
  • 合成香料
  • 合成保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • カチオン界面活性剤
  • 鉱物油
  • 動物性油脂
  • エタノール
  • キレート剤
  • シャンプーに配合されている添加物は意外にも多く、一例だけでも以上の成分が含まれていることがあります。

    添加物は人によってはアレルギー症状を引き起こして頭皮が荒れてしまうこともあるので、安全性を考えるのであれば限りなく無添加のシャンプーを選ぶようにしてください。

    縮毛矯正している人におすすめのシャンプーを比較!

    縮毛矯正をしている人にとってシャンプー選びはとても大切です。

    選ぶポイントは先ほど紹介しましたが、それを基に実際にシャンプーを購入しようと考えていても種類が多すぎるためなかなか選び出すことはできないでしょう。

    そこで、当サイトでは人気と品質を併せて13種類のシャンプーをピックアップし、先ほどのポイントを比較してみました。

    刺激性 補修 無添加
    ハーブガーデン 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ラサーナ プレミオール 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ルメント 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 三角
    クイーンズバスルーム 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    アスロング オーガニックシャンプー 強め
    (高級アルコール系)
    丸 丸
    わたしのきまり 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    守り髪 少し強め
    (アミノ酸系)
    丸 三角
    ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
    (アミノ酸系)
    三角 丸
    ボタニスト 少し弱め
    (アミノ酸系)
    三角 三角
    TSUBAKI 強め
    (高級アルコール系)
    バツ バツ
    ビオリス 強め
    (高級アルコール系)
    バツ バツ

    比べてみると、ドラッグストアで販売されている市販のシャンプーは人気があるものの補修性や添加物が含有されている印象です。

    その分価格も低く抑えられているので、縮毛矯正を長持ちさせたいのであれば成分にこだわりがあるものを選ぶようにしましょう。

    シャンプー執事

    品質に信頼できるシャンプーはその分高くなってしまうのは理解しておこう!

    縮毛矯正している人におすすめのシャンプーランキング!

    先ほど比較をしたシャンプーの中でも品質がよく縮毛矯正をした人におすすめできるものがあります。

    では、一体どれがおすすめなのか細かい部分も総合的に判断してシャンプーランキングをつくりましたので参考にしてみてください。

    ハーブガーデン

    ハーブガーデン
    ポイント
    1. アミノ酸系とボタニカルの優しい洗浄成分
    2. 高保湿成分が髪の補修をサポート
    3. 安心の無添加
    4. フルボ酸配合で天然成分の効果をパワーアップ
    5. オーガニックハーブウォーター使用
    CHECK
    アミノ酸系とハーブとボタニカル成分によって頭皮に優しい洗浄力を実現させたのがハーブガーデンです。

    オーガニックハーブウォーターで効果をさらに高め、高保湿と補修成分によって縮毛矯正にうってつけの無添加シャンプーとなっています。

    ハーブガーデンの評価
    洗浄成分
    (5.0)
    補修性
    (4.5)
    無添加
    (5.0)
    コスパ
    (5.0)
    総合評価
    (5.0)

    ラサーナ プレミオール

    haru黒髪スカルプ・プロ
    ポイント
    1. 頭皮に優しいアミノ酸系シャンプー
    2. 4つのオイル配合で髪の保湿・補修
    3. ブルターニュ産の海泥で洗浄力アップ
    4. アロマティックフローラルの香り
    5. 200種類のハーブから7種に厳選
    CHECK
    ブルターニュ産の海泥とアミノ酸で頭皮に優しい洗浄成分となっているのがラサーナプレミオールです。

    4つのオイルと7種のハーブによって髪の補修をサポートし、縮毛矯正をした頭皮・髪にぴったりのシャンプーといえます。

    ラサーナ プレミオールの評価
    洗浄成分
    (5.0)
    無添加
    (4.0)
    保湿・補修
    (4.5)
    コスパ
    (4.5)
    総合評価
    (4.5)

    ボタニカル ベルタシャンプー

    ボタニカル ベルタシャンプー
    ポイント
    1. アミノ酸系とパパイン酵素の優しい洗浄力
    2. ボタニカル成分が髪を補修
    3. 13の無添加
    4. 3種の高保湿オイル配合
    5. 30日間の全額返金保証付き
    CHECK
    アミノ酸と酵素の力で頭皮に負担のかからない洗浄力を実現しているのがボタニカル ベルタシャンプーの特徴です。

    業界最大級78種類の成分配合数を誇り、髪の補修・保湿に優れています。

    ボタニカル ベルタシャンプーの評価
    洗浄成分
    (4.5)
    無添加
    (5.0)
    保湿・補修
    (4.5)
    コスパ
    (4.0)
    総合評価
    (4.5)

    シャンプーの種類別縮毛矯正への効果!

    今回おすすめするアミノ酸系シャンプーとは別に高級アルコールと石鹸系のシャンプーがあります。

    アミノ酸・高級アルコール・石鹸とそれぞれで洗浄力が異なるので、簡単に以下の表にまとめてみました。

    洗浄力 刺激 安全性
    アミノ酸系
    高級アルコール系
    石鹸系

    縮毛矯正におすすめしているアミノ酸系シャンプーを含めて、それぞれどのように影響するのかについて見ていきましょう。

    アミノ酸シャンプー

    髪の毛を構成するタンパク質の基がアミノ酸なだけあり、刺激性が低く安全なのがこのアミノ酸系シャンプーです。

    洗浄力も穏やかなので頭皮にダメージや乾燥を招くリスクが低いのがメリットですが、アミノ酸+ボタニカル洗浄成分ではないと少し洗浄力が低くなってしまいます。

    注意

    アミノ酸とボタニカル成分ならいいのですが、中にはアミノ酸と一緒に高級アルコール系や石鹸系のシャンプーを含有させているシャンプーもあります。

    せっかくのアミノ酸のメリットが洗浄力が高く刺激性も強い成分を混ぜてしまうと意味が無くなってしまうので選ぶ際は注意しましょう。

    高級アルコールシャンプー

    高級アルコールシャンプーは安価なので市販されているシャンプーに含有されていることが多い成分の1つです。

    洗浄力が高い点はメリットとして考えることができる一方で、強すぎる洗浄力なので頭皮においては乾燥やフケの原因になってしまいます。

    また、刺激も強くなってしまうので頭皮にダメージが蓄積してしまい、縮毛矯正している方にはおすすめできません。

    石鹸シャンプー

    高級アルコールほどではないものの、刺激性・洗浄力ともに高めで縮毛矯正後の頭皮・髪にはおすすめできないのが石鹸シャンプーです。

    高級アルコール系を使うよりは石鹸系のほうが良いですが、アミノ酸系シャンプーを選べるのであれば特に選ぶ必要はありません。

    縮毛矯正後の頭皮は弱くなっているため、刺激の少ないシャンプーを選ぶようにしましょう。

    縮毛矯正維持のコツ!

    縮毛矯正をした直後というのはサラサラのストレートヘアで、何度もてぐしで感触を楽しんでしまいますよね。

    しかし、日にちが経つにつれてどうしても縮毛矯正が取れてしまうので、できるだけ長く縮毛矯正の効果を維持しておきたいと考えるのは誰しも一緒です。

    では、縮毛矯正を維持するためのコツについて触れていきましょう。

    シャンプー後はドライヤーで髪を乾かす

    縮毛矯正をすると髪や頭皮にダメージを受けているため、さらに負担を与えてしまうことによって縮毛矯正が取れてしまうことがあります。

    シャンプー後の濡れた髪をそのまま放置してしまうのは、髪の毛を傷めてしまう要因になるので注意が必要です。

    髪が濡れると髪の毛の周りにあるキューティクルと呼ばれる保護層が開きダメージを受けやすくなってしまいます。

    それを防ぐためにはシャンプー後はドライヤーを使ってしっかりと髪を乾かすようにしましょう。

    注意
    ドライヤーを使用する際はできる限り髪の毛から離してつかうことをおすすめしています。

    というのもドライヤーによっては噴出孔付近の温風が100℃近くにもなり髪の毛を構成するタンパク質を変性させてしまうからです。

    早く乾かしたいという気持ちもわかりますが、縮毛矯正を維持させることを考える場合はドライヤーを近づけすぎないようにしましょう。

    縮毛矯正直後は髪を強く結わない

    縮毛矯正をした直後というのは髪内部に薬剤がまだ安定していない状態なので、できるだけ力を加えない方が長持ちします。

    特に普段から髪を強く結んでいる方というのは髪に負荷をかけてしまうことになるので、縮毛矯正直後は髪を結わないほうが良いでしょう。

    大体24時間から48時間は放置しておいてほしいところですが、詳しいアドバイスは担当した美容師さんに聞くのが一番です。

    頭皮・髪の保湿を欠かさない

    髪の毛が傷んでしまうとそれだけ縮毛矯正の効果が維持できなくなってしまいますので、頭皮・髪の保湿をしっかりと行うことが維持の秘訣といえます。

    今回はシャンプーについて紹介していますが、トリートメントやヘアオイルに含まれている保湿・補修成分もよく調べてから購入するようにしましょう。

    シャンプー執事

    常日頃から髪の毛にダメージを与えないようなちょっとした配慮が縮毛矯正維持のコツということだね!!