スカルプケアにおすすめのシャンプーランキング!

女性であっても抜け毛や髪にコシがない、薄毛が気になるという方は増えてきている時代です。

だからこそしっかりとスカルプケアをしていく必要があります。

そこで今回はスカルプケアにおすすめのシャンプーの選び方とランキングを紹介していきましょう。

シャンプー執事

スカルプケアは頭皮のケアという意味だよ!頭皮環境の改善は美髪への近道!

スカルプケアにおすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

スカルプケアというのは育毛剤のイメージが大きいですが、現在ではシャンプーにもスカルプケア成分を含有しているものが多くなってきています。

では、スカルプケアにおすすめのシャンプー選びのポイントはどのようなものがあるのでしょうか。

3つのポイント
  1. アミノ酸系シャンプーである
  2. 保湿成分が含まれている
  3. 添加物が配合されていない

頭皮環境の改善や髪にハリ・コシを取り戻すためには、頭皮・髪に優しいシャンプーを選ばなければいけません。

これらの3つのポイントを抑えることで頭皮・髪に優しいシャンプーを選ぶことができるようになりますのでぜひ覚えておくようにしてください。

1. アミノ酸系シャンプーである

アミノ酸系シャンプーという言葉は最近よく目にすることが多くなってきています。

何がアミノ酸で構成されているのかというと、実は洗浄成分がアミノ酸でできているものを指しているのです。

一般的なシャンプーというのは洗浄成分が強力で、汚れだけでなく必要以上のバリア機能を洗い落としダメージを蓄積してしまいます。

洗浄力が強いと乾燥やフケの原因にもなりますので、洗浄力が穏やかで刺激も少ないアミノ酸系シャンプーが近年注目を浴びているのです。

アミノ酸系の成分
  • ココイル系
  • メチルアラニン系
  • ベタイン系

以上の成分はアミノ酸系の洗浄成分を使用している証拠なので、アミノ酸系シャンプーを選ぶ目安として覚えておくと良いでしょう。

2. 保湿成分が含まれている

スカルプケアで大切な要素の1つとして、頭皮をしっかりと保湿できるかどうかという点があります。

保湿がうまくできていないと頭皮がダメージを受けやすい状態になりハリ・コシのある髪の毛を生やすことができません。

シャンプーは頭皮に付着した皮脂やホコリなどの汚れを洗い落とす必要があるからこそ、極力ダメージを受けないよう保湿成分が豊富に含まれたシャンプーを選ぶようにしましょう。

3. 添加物が配合されていない

シャンプーによっては頭皮に悪影響を与えてしまう可能性のある添加物が含有されていることもあります。

特に肌の弱い方やアトピー体質の方は添加物に気をつけなくてはいけません。

添加物成分例
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリン酸Na/DEA/DEA/MEA/TEA
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 合成防腐剤
  • 合成香料
  • 合成保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • カチオン界面活性剤
  • 鉱物油
  • 動物性油脂
  • エタノール
  • キレート剤
  • 以上の添加物が配合されていない無添加のシャンプーは、頭皮に優しい、つまりスカルプケアとして期待することができるでしょう。

    シャンプー執事

    無添加であれば不必要に頭皮にダメージを与えることもなく安心だね!

    スカルプケアにおすすめのシャンプーを比較!

    シャンプーというのはドラッグストアで並んでいるものだけでもかなりの種類があるため、どれがいいものか比較するだけでも一苦労ですよね。

    当サイトでは事前に品質と人気のある商品を調査して13種類に厳選しているので、スカルプケアシャンプーの選び方のポイントを基に比較をしていきましょう。

    洗浄力 保湿成分 無添加
    ハーブガーデン 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ラサーナ プレミオール 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 二重丸
    ルメント 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 三角
    クイーンズバスルーム 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    アスロング オーガニックシャンプー 強め
    (高級アルコール系)
    丸 三角
    わたしのきまり 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 二重丸
    守り髪 少し強め
    (アミノ酸系)
    丸 丸
    ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
    (アミノ酸系)
    三角 丸
    ボタニスト 少し弱め
    (アミノ酸系)
    三角 三角
    TSUBAKI 強め
    (高級アルコール系)
    三角 バツ
    ビオリス 強め
    (高級アルコール系)
    三角 バツ

    比較をしてみるとほとんどのシャンプーがスカルプケアに期待できるものであることがわかるかと思います。

    比較をするのが苦ではないという方であれば、この中から自分に合ったものを探して見ると良いでしょう。

    大切なポイント以外にも細かく見てみると特徴がありますので、自分がどの成分が必要であるのかを把握して選んでみてください。

    スカルプケアにおすすめのシャンプーランキング!

    先ほどの13種類のシャンプーの中からスカルプケアのことを考えた場合、どれがおすすめであるのかを調査してランキングにしてみました。

    3位まで紹介しますのでどれが自分の頭皮・髪に合うのかを考えながらみていきましょう。

    ハーブガーデン

    ハーブガーデン
    ポイント
    1. アミノ酸とハーブの優しい洗浄成分で構成
    2. 高保湿成分たっぷり配合
    3. ベースがハーブウォーター
    4. 無添加で安全安心
    5. 東大博士号取得の博士と開発
    CHECK
    ハーブが持つ力にこだわって保湿・無添加・優しい洗浄力を実現したのがハーブガーデンです。

    製品の主となるベースをハーブウォーターにしていることで、よりスカルプケアに特化することができているシャンプーの1つといえます。

    ハーブガーデンの評価
    安全性
    (5.0)
    保湿性
    (5.0)
    無添加
    (4.5)
    使い心地
    (5.0)
    総合評価
    (5.0)

    ボタニカル ベルタシャンプー

    ボタニカル ベルタシャンプー
    ポイント
    1. 洗浄力が穏やかなアミノ酸系シャンプー
    2. 業界最大78成分配合
    3. 13の無添加で安全安心
    4. 天然由来100%
    5. 保湿・補修・アンチエイジングにおすすめ
    CHECK
    ボタニカル ベルタシャンプーはアミノ酸系の中でも群を抜いている成分配合数で、なんと78種類の成分が含有されているのが特徴です。

    13の無添加を謳い、保湿・補修・アンチエイングに期待ができる成分をたっぷりと含んだスカルプケアを楽しむことができます。

    ボタニカル ベルタシャンプーの評価
    安全性
    (4.5)
    保湿性
    (4.5)
    無添加
    (5.0)
    使い心地
    (4.5)
    総合評価
    (4.5)

    クイーンズバスルーム

    クイーンズバスルーム
    ポイント
    1. アミノ酸系で頭皮・髪に優しい
    2. 高保湿で頭皮・髪に潤いを与える
    3. 家族で使えるほどの安全性
    4. 5日間お試しセットあり
    5. くせ毛の方に特におすすめ
    CHECK
    贅沢な高保湿美容成分を配合しているので、保湿に力を入れたい方におすすめできるのがクイーンズバスルームです。

    年齢を重ねるに連れてくせ毛になってしまった方のために作られていることもあり、くせ毛改善に期待ができる成分がたっぷりと配合されています。

    クイーンズバスルームの評価
    安全性
    (4.5)
    保湿性
    (5.0)
    無添加
    (4.5)
    使い心地
    (4.0)
    総合評価
    (4.5)

    シャンプーの種類別スカルプケアへの効果!

    スカルプケアができるシャンプーはアミノ酸系シャンプーがおすすめという話をしましたが、それ以外の洗浄成分が含有されているシャンプーはどうなのか気になる人もいるでしょう。

    洗浄成分は主に3種類で「アミノ酸・高級アルコール・石鹸」となっています。

    洗浄力 刺激 安全性
    アミノ酸系
    高級アルコール系
    石鹸系

    これら3種類の洗浄成分はそれぞれ強さや刺激が違いますので、スカルプケアに対してどのような効果が期待できるのかみていきましょう。

    アミノ酸シャンプー

    アミノ酸系のシャンプーはスカルプケアに無くてはならない主要の存在だといっても過言ではありません。

    洗浄力は穏やかなものの、刺激性も低く安全性が高いので必要以上に頭皮・髪にダメージを与えることがなく安心です。

    注意
    アミノ酸成分が配合されているからといって頭皮に優しいシャンプーかはしっかり見なくてはわかりません。

    というのも、中にはアミノ酸成分と一緒に高級アルコール系の成分を混ぜているシャンプーがあるからです。

    メインはアミノ酸系でのみ構成されたシャンプーを選ぶようにしましょう。

    高級アルコールシャンプー

    市販されているシャンプーの中で最も多いのが高級アルコールがメインのシャンプーです。

    高級アルコールはラウレス硫酸やラウリル硫酸といった成分表示となっていますが、これらは洗浄力が高い分刺激も強くなってしまいます。

    スカルプケアにおいて刺激性が強いのは頭皮環境悪化につながりますのでおすすめできません。

    そのため、高級アルコール系のシャンプーはスカルプケアがしたいのであれば避けるべきと考えるべきでしょう。

    石鹸シャンプー

    高級アルコール系よりも洗浄力・刺激性が低くおすすめできるのが石鹸シャンプーです。

    おすすめできるとはいっても高級アルコール系シャンプーを使うのであればという問題なので、アミノ酸系シャンプーがやはりいちばんにおすすめといえます。

    石鹸シャンプーも頭皮にある必要以上の皮脂を洗い落としてしまう可能性があり、乾燥やフケの原因となってしまいます。

    シャンプー執事

    スカルプケアをするのであればアミノ酸系シャンプーと覚えておこう!

    スカルプケアはシャンプーだけじゃない!自宅でできるスカルプケア4選!

    スカルプケアを行うことによって頭皮の環境が良くなり、薄毛改善・髪のハリ・コシの改善・美髪のキープに期待することができるようになります。

    ただ、スカルプケア方法というのはシャンプーだけではなく色々できるので、最後に自宅でできるスカルプケア方法をいくつか紹介していきましょう。

    1. 育毛剤の使用

    現在では男性用の育毛剤だけではなく女性用の育毛剤が販売され密かに人気を集めています。

    男性の薄毛と女性の薄毛というのは原因が違い、スカルプケア方法も同様に若干異なるのが特徴です。

    育毛剤というのは文字通り毛を育てることが目的なので、頭皮環境を改善するために効果的な成分が含まれています。

    しかも、頭皮に塗るだけの簡単なケアで済みますので実践しやすい方法といえるでしょう。

    2. ヘアオイル・トリートメントで頭皮・髪の保護

    シャンプーというのは汚れを洗い落とすことが目的なので、髪・頭皮を保護するヘアオイルやトリートメントをしっかり行うこともスカルプケアにつながります。

    頭皮や髪の保湿というのは回復機能を高める上でなによりも重要なので、シャンプーをしたあとのケアはしっかりとおこなうようにしましょう。

    3. バランスの取れた栄養補給

    女性の頭皮環境の悪化というのはホルモンバランスの乱れからくるものがあります。

    また、脂っぽい料理を好んで食べる人というのは皮脂が分泌されやすく頭皮環境の悪化を招いてしまうので注意が必要です。

    肉ばかりだけでなく野菜や海藻など、ビタミン・ミネラルを豊富に含んだ食品を積極的に摂るように心がけましょう。

    また、大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと類似の作用を示すと言われています。

    そのため、ホルモンバランスの乱れからくる頭皮環境の悪化であれば、豆乳・納豆・豆腐など大豆製品を積極的に摂るようにしましょう。

    4. 頭皮マッサージ

    簡単にできるケアとして頭皮マッサージも効果的です。

    特にデスクワーク中心の生活や日頃運動をする習慣がない人は、血行不良になりやすいので頭皮マッサージを行って血流を促進してあげましょう。

    頭皮マッサージ方法
    1. 指の腹を使って優しく揉むようなイメージ
    2. 両手で頭のてっぺんを中心に徐々にこめかみのほうへと移動しながらマッサージをしていく
    3. 後頭部・おでこの生え際も同様にマッサージする
    4. 時間があれば首・肩のマッサージもしていこう