白髪染めを使っている人におすすめのシャンプーランキング&原因と対策!

年齢を重ねると髪の毛にちらほら白髪が混じってきてしまうのは女性であっても一緒です。

白髪染めを使うことを検討している方はシャンプーによって白髪染めの効果が長持ちすることを理解しておかなくてはいけません。

そこで今回は、白髪染めを使っている人におすすめのシャンプーをランキングで紹介していきましょう。

シャンプー執事

白髪になってしまう原因と対策もしっかり覚えていこう!

白髪染めを使っている人におすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

白髪染めというのは要はカラーリングと一緒なので、日が経つにつれてどうしても色が落ちてきてしまいます。

しかし、シャンプーによっては白髪染めの効果を短くしてしまうのもあるので注意が必要なのです。

では、どのようなポイントが大切なのかという点ですが、今回は3つのポイントに絞りました。

3つのポイント
  1. 穏やかな洗浄成分を使用している
  2. 補修成分がたっぷり含まれている
  3. アンチエイジング成分が含有されている

この3つのポイントは白髪染めを長持ちさせるために必要なポイントなので覚えておいて損はないでしょう。

では、白髪染めに対してどのような影響を与えるのかそれぞれ解説していきたいと思います。

1. 穏やかな洗浄成分を使用している

白髪染めにおいて一番注意しなくてはいけないのは洗浄力の強い成分が含まれているシャンプーを使っていないかどうかです。

洗浄力が強いシャンプーというのは頭皮や髪にとってダメージを蓄積しやすいため、白髪染めの効果が落ちてしまうだけでなく、白髪を増やしてしまう要因にもなってしまいます。

つまり、白髪染めを使っている人は穏やかな洗浄成分を使用しているシャンプーを選ぶことが重要ということです。

穏やかな洗浄成分が含まれているシャンプーは、「アミノ酸系シャンプー」が良いでしょう。

「タウリン・グルタミン・ココイル」などの成分が含まれているシャンプーはアミノ酸系を使用しているので選ぶ参考にしてみてください。

注意
アミノ酸系の成分が入っていたからすべて洗浄力が穏やかというわけではありません。

アミノ酸系の成分と洗浄力が高い成分が含まれている可能性があるので、後述するシャンプーの種類をしっかりと確認するようにしてください。

2. 補修成分がたっぷり含まれている

髪の毛を補修する成分が含まれていると白髪染めの効果は長持ちするのでおすすめです。

傷んでいる髪の毛というのは色が抜けやすいため、補修効果が期待できる成分によって色抜けを防止するようにしましょう。

補修成分例
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • 植物由来の○○オイル
  • シャンプー執事

    髪の補修は美髪を目指すためにも有効なので外せないポイントだよ!

    3. アンチエイジング成分が含有されている

    白髪というのは頭皮や髪の老化によって起こってしまうものなので、アンチエイジング成分が含有されているシャンプーを選ぶのも重要といえます。

    シャンプーは洗浄することが目的なので補修成分も含めてアンチエイジング成分が含有されていても意味が無いのではと思ってしまうでしょう。

    しかし、洗浄成分のみ含んだシャンプーとアンチエイジング成分も含んだシャンプーを比べると確実に後者のほうが頭皮・髪に優しく白髪にも効果的です。

    洗うだけだからと軽く考えずにしっかりと頭皮・髪について優しいシャンプーを選ぶようにしてください。

    白髪染めを使っている人におすすめのシャンプーを比較!

    白髪染めを使っている人にとってどのようなシャンプーを選べば良いのかというポイントはわかってもらえたかと思います。

    しかし、問題は実際にどのようなシャンプーが良いのかということです。

    今回品質と人気があるシャンプーを13種類選んでいますので、先ほどの3つのポイントを比較していきましょう。

    洗浄力 補修 アンチエイジング成分
    ハーブガーデン 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ラサーナ プレミオール 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ルメント 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 三角
    クイーンズバスルーム 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 二重丸
    アスロング オーガニックシャンプー 強め
    (高級アルコール系)
    丸 丸
    わたしのきまり 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 丸
    守り髪 少し強め
    (アミノ酸系)
    丸 丸
    ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
    (アミノ酸系)
    三角 三角
    ボタニスト 少し弱め
    (アミノ酸系)
    三角 三角
    TSUBAKI 強め
    (高級アルコール系)
    三角 三角
    ビオリス 強め
    (高級アルコール系)
    バツ 三角

    簡単な比較をするだけでも意外にも白髪染めを使っている人におすすめなシャンプーというのは厳選することができます。

    細かく比較をするのが苦痛でなければ、あなたの頭皮に合ったものをこの13種類のシャンプーの中から調べていくのも良いでしょう。

    シャンプー執事

    次はおすすめシャンプーランキングだよ!

    白髪染めを使っている人におすすめのシャンプーランキング!

    先ほどの13種類のシャンプーの中から自分で調べて合うものを選ぶのもいいですが、やはり細かく比較するのは一苦労で手間だと思う方も多いでしょう。

    そこで、次に白髪染めを使っている人におすすめのシャンプーランキングを紹介していきますのでてっとり早くおすすめを知りたいという方は参考にしてみてください。

    ハーブガーデン

    ハーブガーデン
    ポイント
    1. 頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分
    2. 髪に優しいオーガニックハーブ成分
    3. ハーブウォーターで効果アップ
    4. 髪の補修成分配合で白髪染め長持ち
    5. フルボ酸でハーブの力をアップ
    CHECK
    アミノ酸とハーブの力で頭皮・髪を優しく洗浄し、ベースとなる精製水をオーガニックハーブウォーターを採用と他にはない特徴を持っているのがハーブガーデンです。

    補修成分もすべて天然由来の成分をしようしているため白髪染めを使っている人にかなりおすすめできるシャンプーとなっています。

    ハーブガーデンの評価
    安全性
    (5.0)
    補修性
    (5.0)
    アンチエイジング
    (4.5)
    コスパ
    (5.0)
    総合評価
    (5.0)

    haru黒髪スカルプ・プロ

    haru黒髪スカルプ・プロ
    ポイント
    1. 頭皮に優しいアミノ酸系
    2. 髪の補修成分たっぷり
    3. アンチエイジングに特化したシャンプー
    4. 無添加で安全
    5. 40代女性におすすめ
    CHECK
    髪の補修成分とアンチエイジングに特化しており、頭皮に安全な無添加なアミノ酸系シャンプーです。

    40代以降の女性にターゲットを絞っているため、白髪染めを気にし始める年代にとってかなりおすすめできるシャンプーとなっています。

    haru黒髪スカルプ・プロの評価
    安全性
    (4.5)
    補修性
    (4.5)
    アンチエイジング
    (5.0)
    コスパ
    (4.5)
    総合評価
    (4.5)

    ボタニカル ベルタシャンプー

    ボタニカル ベルタシャンプー
    ポイント
    1. アミノ酸とボタニカルの優しいシャンプー
    2. 業界最大級の78成分配合
    3. アンチエイジング&補修成分たっぷり
    4. 30日間の全額返金保証付き
    5. 美容成分4種含有
    CHECK
    業界で最大級である78成分の配合数を誇るベルタシャンプーは頭皮に優しいアミノ酸系と植物由来の洗浄成分が特徴です。

    コスパはあまり良いとはいえませんが30日間の全額返金保証がついているので、試しやすいシャンプーといえるでしょう。

    ボタニカル ベルタシャンプーの評価
    安全性
    (5.0)
    補修性
    (4.5)
    アンチエイジング
    (4.5)
    コスパ
    (4.0)
    総合評価
    (4.5)

    シャンプーの種類別頭皮の白髪への効果!

    白髪染めを長持ちさせるためにはシャンプー選びが重要という話をしていますが、その中でも洗浄成分にはこだわりをもってほしいところです。

    現在の洗浄成分には大きく分けて3つあり、「アミノ酸・高級アルコール・石鹸」とあります。

    それぞれで特徴がありますので、簡単な比較をしてみました。

    洗浄力 刺激 安全性
    アミノ酸系
    高級アルコール系
    石鹸系

    この比較からもわかるようにアミノ酸系シャンプーがどれだけ頭皮において安全であるのかがわかるでしょう。

    では、白髪染めを併用することを考えたときに、それぞれの洗浄成分はどう影響するかについてみていきます。

    アミノ酸シャンプー

    頭皮だけでなく髪の毛を構成するのはタンパク質で、その基になるのがアミノ酸です。

    そのため、アミノ酸は頭皮や髪において刺激性が少なく安全性も高いために最近ではアミノ酸系シャンプーが注目を浴びるようになってきています。

    髪にダメージが蓄積しにくく白髪染めの効果を十分に長持ちできるため、白髪染めを使っている人であれば必ずといっていいぐらいアミノ酸系シャンプーを選んでほしいところです。

    高級アルコールシャンプー

    高級アルコールシャンプーと聞くと、何やら高そうなアルコールを使用しているので頭皮や髪に良いのかと思われてしまいます。

    しかし、ここでいう高級というのは分子の大きさを指し、刺激性や安全性においては3種類の中で一番低いです。

    刺激性が高いと自然とダメージが蓄積されやすいので、せっかく白髪染めをしても長持ちしにくい状況となってしまいます。

    石鹸シャンプー

    高級アルコールとアミノ酸系シャンプーの間とイメージしてもらうとわかりやすいのが石鹸シャンプーです。

    石鹸はほどほどに洗浄力と刺激性がありますが、高級アルコール系シャンプーを使うぐらいなら石鹸系シャンプーを使ったほうが良いでしょう。

    しかし、アミノ酸系に比べるとやはり白髪染めの効果は長持ちしにくいので、高級アルコール<石鹸<アミノ酸 の順で白髪染め併用におすすめということを覚えておいてください。

    白髪ができてしまう原因と対策!

    白髪ができてしまうリスクは年齢を重ねるにつれて高くなってきますが、現在では20代や30代の女性でも白髪があるというケースもあります。

    では、なぜ白髪ができてしまうのか原因を知って、白髪染め以外にできる対策もみていきましょう。

    白髪ができてしまう原因

    白髪ができてしまう原因というのは様々で、色素細胞が何らかの理由によってうまく働かず黒色の髪を作れないことに起因しています。

    では、色素細胞がうまく働かなくなってしまう原因はどのようなものがあるのでしょう。

    白髪の原因
  • 加齢
  • 紫外線
  • 栄養不足
  • ストレス
  • 遺伝
  • 病気
  • 白髪になってしまう原因の多くは加齢による細胞機能低下によって起こる白髪です。

    年齢を重ねるとどうしても細胞機能の低下というのは起こり、それが髪の毛の色素を決める細胞で起これば白髪が発生してしまいます。

    また、紫外線によって頭皮にダメージが蓄積される場合、髪の毛を作る栄養が不足している場合、慢性的にストレスを受けている場合も白髪になりやすいです。

    注意
    白髪は遺伝や病気によってもなってしまいますが、遺伝の場合はもともとの体質で白髪が生えてきてしまうので改善するのが難しいです。

    病気の場合も根本的に病気を治療していかなければ改善することができないため、白髪の量が急に増えた、体調が悪い状態が続くのであれば注意しましょう。

    簡単にできる白髪対策

    白髪になってしまった場合、その髪を元に戻すことはできないのでそれ以降の髪の毛が白髪にならないように対策をする必要があります。

    今回は簡単にできる白髪対策を紹介していきましょう。

    白髪対策
  • 頭皮・髪のアンチエイジングケアをする
  • 外出するときは帽子をかぶる
  • バランスの取れた栄養補給
  • 良質な睡眠時間(6時間以上)の確保
  • 適度にストレス発散をする
  • 頭皮や髪のアンチエイジングは、今回紹介したシャンプーの使用だけでなく、トリートメントやヘアオイルを活用してしっかりと保湿・補修を行うことです。

    また、紫外線対策として帽子をかぶる、栄養不足の解消にはビタミン・ミネラルをバランスよく摂取することが大切といえます。

    シャンプー執事

    シャンプー+簡単なケアをおこなって、白髪染めをしなくても健康な黒髪が生えてくるようにしていこう!