市販シャンプーブラシ6つを比較!選び方は?そもそもなぜ必要なの?

「毎日シャンプーしているのに頭皮のニオイが気になる……」ということはありませんか?

それは手で頭皮をうまく洗えていないことが原因かもしれません。

いつもよりキレイに洗い上げたいなら、シャンプーブラシを使ってみては。

家にいながらヘッドスパ気分が味わえて、髪はニオわず、サラサラふんわり仕上がりますよ。

今回は市販されているシャンプーブラシ6つの特徴の比較と選び方。そしてブラシの使い方、使うメリットやデメリットについてご説明しますね。

市販されているシャンプーブラシの特徴

さまざまなシャンプーブラシが市販されていますが、どんな違いがあるのでしょうか。

市販されていて人気の高いシャンプーブラシ6つについて、価格や特徴などをご紹介します。

名称 価格 硬さ 特徴
メリット「シャンプーブラシ 」 オープン価格 やわらかい 地肌に優しく親子でも使える。
サクセス「頭皮洗浄ブラシ」 オープン価格 やわらかめ・普通から選べる 適度な硬さで男性向けだが女性も使いやすい。毛穴の奥のアブラを落とし、血行促進に効果的。
ムコタ「NEWスキャルプマッサージャー」 2,200円 やわらかい 元は美容室の専売品だった。手にフィットする形。落とすと外側が割れやすい。
無印良品「ポリプロピレン頭皮ケアブラシ」 690円 硬い 水を抜く穴があるので衛生的に使える。
ダイソー「頭皮スッキリ シャンプーブラシ」 100円 やわらかいが痛みを感じる人もいる やや水が入りやすい。コスパが良いのでお試ししやすい。
MARKS & WEB「スカルプマッサージブラシ」 660円 ソフト・ハードから選べる  口コミサイトでの評価が6つの中で最も高い。ころっと小さく丸い形で、やや持ちにくいと感じる人も。

シャンプーブラシの選び方

刺激の強弱に好みがあるなら、まずはそれをポイントに選ぶべきでしょう。

痛気持ちいい感覚が好きなら硬めのポリプロピレン素材。

地肌を傷つけない優しい感覚がいいなら、やわらかめのシリコン素材がオススメです。

特に好みがないなら、次の表をチェックして髪の長さや量から選んでください。

髪の長さ別!シャンプーブラシの選び方
  • ロングヘア・毛量が多い人:ポリプロピレンなど、かため素材がオススメ。やわらかすぎると、ブラシが地肌まで届かない可能性も。
  • ショートヘア・毛量が普通〜少なめの人:かため、やわらかめどちらでもOK。迷ったら、地肌を痛めない、シリコン素材などやわらかめのブラシで様子見するのも良い。

シャンプーブラシとはどうやって使うもの?

普通のヘアブラシとは違い、シャンプーの最中に使うものです。具体的には、次のように使うのが効果的です。

シャンプーブラシの使い方
  1. お湯で髪を90〜120秒間予洗いしてから、シャンプーを泡立てて髪につける。
  2. 前髪の生え際〜後頭部にかけて、ブラシを左右に動かしながら洗う。
  3. 耳の後ろ〜後頭部にかけて、同様に洗う。
  4. 襟足〜後頭部にかけて、同様に洗う。
  5. 2〜4を3回繰り返す。
  6. 髪をとかすように、地肌全体をブラシで洗う。
  7. 180秒ほどかけてシャンプーをすすぐ。

使い終わったシャンプーブラシは水洗いしてから、風通しの良いところに置いて自然乾燥させましょう。

万が一カビが生えたら、中性洗剤などで洗ってくださいね。

シャンプーブラシを使うメリット・デメリットとは?

シャンプーは手でもできますが、なぜわざわざブラシを使うのでしょうか。

メリットとデメリットをご説明します。

シャンプーブラシのメリット

シャンプーブラシのメリット
  1. ネイルをしていても地肌をしっかり洗える。ジェルネイルの持ちが良くなる。
  2. マッサージ効果で血行促進できる。
  3. 地肌の汚れをキレイに洗える。

ネイルをしていると爪も長いため、うまく髪を洗えません。ジェルネイルの持ちにも関わるため、ネイリストさんからオススメされたという人も。

ブラシのほどよい刺激でマッサージ効果もあり、使用前と比べて気持ちよく眠れるようになったという人もいます。

最も大きな効果は、地肌の汚れを落としやすいことです。

「洗い上がりが爽快」「髪がサラサラになる」「髪にふんわり感が出る」という口コミも多いですが、地肌の汚れがしっかり落ちたことによる効果でしょう。

シャンプーブラシのデメリット

シャンプーブラシのデメリット
  • 強くこすると地肌を傷つける。
  • 使い方によっては髪が絡まる。
  • やわらかすぎると効果がなく、硬すぎると痛くて使えないので購入が難しい。気に入らない感触だと使うのが辛い。

強くこすったり円を描いたりするように使うと、地肌や髪を傷つけます。使い方を守る必要がありますね。

シャンプーブラシはそれぞれ硬さや形が違うので「購入したけど気に入らなくて、捨ててしまった」という人もいます。

形や硬さは、購入する前にチェックしておきましょう。

まとめ:シャンプーブラシを使うと気持ちいいだけでなくキレイに洗える!

市販のシャンプーブラシは硬さや形など特徴が違うので、購入前にチェックしておきましょう。

好みや髪質にぴったり合うものなら、マッサージ効果で血行促進できるだけでなく、手よりもキレイに頭皮を洗い上げられますよ。

使い方もシャンプーするとき手の代わりに使うだけですし、値段が気になるなら100円均一で購入することもできます。

「毎日洗ってるのに、頭皮のニオイやベタつきが気になる!」とか、「本当は毎日ヘッドスパで癒されたいけど金額的に無理……」という時に試してみてくださいね。