おすすめシャンプーランキング!髪・頭皮に優しい安全な選び方!【美容師監修】

↓↓ジャンプします↓↓

「髪の傷みがすごくてセットに時間がかかってしまう」「せっかくパーマをかけても持続せずに取れてしまうので自分の好きな髪型ができない」そんな悩みを抱えている人も多いです。

実はこの原因は髪や頭皮に合わないシャンプーを使っているために起こっている可能性があります。

MEMO
髪・頭皮に優しい安全なシャンプーを選べばこのような悩みを解消するサポートをしてくれるものばかりです。

ただし、髪・頭皮に優しいというのはどういう成分が配合されていれば良いのかわからないという方も少なくありません。

そこで、当サイトでは髪・頭皮に優しいシャンプーにはどのような成分が含有されているのか、悩み別・髪型別などタイプに分けておすすめのシャンプーランキングを紹介していきます。

シャンプー執事

髪・頭皮に優しいシャンプーを使えば髪の質が良くなり、あなたの髪の悩みを解消することができるでしょう!
シャンプーの監修者

美容師:田中 直也

神奈川県にてest hair relaxzationを経営。ウッディな落ち着いた空間で、お子様からご年配の方まで 高い技術と丁寧なカウンセリングが評判の癒される美容室のオーナー。

詳しいプロフィールはこちら

髪や頭皮の悩みからおすすめのシャンプーを選ぶ!くせ毛やダメージヘアなどの悩みに合わせたシャンプーを探そう!

シャンプー執事

自分が抱えている髪や頭皮の悩みを解決するには悩みに合ったシャンプーを選ぶことは当たり前だね!!
くせ毛対策シャンプー ハリコシ対策シャンプー ハイダメージ対策シャンプー
頭皮のにおい対策シャンプー 剛毛対策シャンプー ねこっ毛対策シャンプー

種類からおすすめのシャンプーを選ぶ!ノンシリコンやアミノ酸などの話題の種類から選ぼう!

シャンプー執事

話題の種類も気になるけどその他に自分がこだわっている成分があればチェックしてみよう!
ノンシリコンシャンプー アミノ酸シャンプー 無添加シャンプー
ボタニカルシャンプー オーガニックシャンプー アルコールシャンプー

髪型からシャンプーを選ぶ!ショート・ロングなどの髪型に合わせたおすすめシャンプー!

シャンプー執事

その髪型ならではの悩みやデメリットがあるので、髪型別にシャンプーを選んでみても良いかもしれないよ!
ショートヘア ミディアム セミロング
ロング ボブ ハーフアップ

おすすめシャンプーの選び方!髪に優しいシャンプーを選ぶことが絶対条件!

シャンプー選びのポイント
あなたに合ったシャンプーを選ぶ場合は、髪に優しい成分が配合されたシャンプーを選ぶことが絶対条件です。

髪や頭皮に刺激となる成分が含有されていると頭皮が荒れてしまう、髪の傷みが進行してしまうなど逆効果になってしまうこともあります。

では、どのようなシャンプーを選べば良いのかについてですが、以下の3つのポイントを抑えたシャンプーを選びましょう。

  1. 安全
  2. 保湿力が高い
  3. コスパがよい

このポイントを前提にして、プラスあなたの髪や頭皮に合わせたシャンプーを選ぶことが大切です。

では、それぞれのポイントについて詳しく解説をしていきます。

1.安全

無添加シャンプーは安全性が高い
シャンプーは洗浄成分・添加物によって頭皮に悪影響を及ぼしてしまうので、安全性の高い低刺激のシャンプーが良いです。

当サイトでは安全性において「無添加のアミノ酸系シャンプー」をおすすめしています。

添加物の中には安全性の高いものも存在しますが、名前を覚えることは難しいので無添加のほうがてっとり早いです。

また、洗浄成分はアミノ酸系が一番穏やかで頭皮に優しいので安全性は無添加のアミノ酸系シャンプーであるかどうかで判断しましょう。

2.保湿力が高い

保湿力の高いシャンプーはヒアルロン酸・セラミドが重要
頭皮に分泌される皮脂は保湿の役割をもっていますが、シャンプーによって洗い流されてしまうので保湿力が高い成分で保湿を代用してあげる必要があります。

保湿成分はヒアルロン酸やセラミドといった成分をはじめ、ヒアルロン酸の2倍の保水力を持つリピジュアなどが含有されているシャンプーがおすすめです。

MEMO
アルガン・ツバキ・オレンジなどの植物オイルやチョウジ・大豆・海藻エキスといった天然由来のエキスも保湿力が高い成分となります。

ただし、成分表示に記載されている植物オイルや天然由来エキスは種類が多く、ひとつひとつ覚えておくということは難しいので抽象的に覚えておくと良いでしょう。

3.コスパがよい

コスパの良いシャンプー

シャンプーはほとんど毎日使い続けるものなので、値段が高すぎてしまうとお財布に厳しいことになります。

ただ、市販のシャンプーの多くは値段が安くても品質が良くないシャンプーも多いので、値段が安いだけでなく危険な成分を含んでいない安全なシャンプーであることがコスパが良いということになるでしょう。

髪や頭皮に優しいシャンプーというのは市販シャンプーよりも成分配合数が多いですし、こだわりの製法で作っている場合多いです。

そのため、危険な成分を含んでいない安全なシャンプーは多少市販シャンプーよりも高くついてしまいますが、安くて粗悪なシャンプーを使い続けるよりも嬉しい効果を実感できると思います。

シャンプー執事

まとめると、品質が良くてコスパもいい安全性の高いシャンプーがおすすめということだね!!

おすすめのシャンプーランキング!

では、安全性・保湿力・コスパの3つのポイントを前提条件として、一体どのようなシャンプーがおすすめなのかランキングにしてみました。

それぞれで特徴が異なりますので自分がどのような点を重視しているのかも考えながら見ていきましょう。

ハーブガーデン

ハーブガーデン
ポイント
  1. オーガニックアミノ酸系シャンプー
  2. 無添加なので安全性が高い
  3. 保水力の高い成分配合
  4. 300mlで4,000円
  5. 15日間の返金保証付きなので安心
CHECK
無添加・保湿・毛髪補修といった髪や頭皮に優しいポイントをバランス良く品質が高く返金保証までついているシャンプーです。

メインとしているハーブもオーガニックで天然由来100%なので、オーガニックやボタニカルにこだわりたい人にもうってつけのシャンプーといえるでしょう。

ハーブガーデンの評価
安全性
(5.0)
保湿性
(5.0)
コスパ
(4.5)
洗浄性
(5.0)
総合評価
(5.0)

haru黒髪スカルプ・プロ

haru黒髪スカルプ・プロ

ポイント
  1. アンチエイジングアミノ酸系シャンプー
  2. 無添加で低刺激
  3. 33種類のこだわり保湿成分
  4. 400mlで3,600円
  5. コスパが良い高品質シャンプー
CHECK
haru黒髪スカルプ・プロは400mlで3,600円ながら含有されている成分は高品質なものばかりなので1位に比べてコスパが非常に優れているシャンプーといえます。

シャンプーには珍しい育毛成分であるキャピキシルが含有されているのもharu黒髪スカルプ・プロの特徴です。

haru黒髪スカルプ・プロの評価
安全性
(4.5)
保湿性
(5.0)
コスパ
(5.0)
洗浄性
(4.5)
総合評価
(4.5)

ボタニカル ベルタシャンプー

ボタニカル ベルタシャンプー
ポイント
  1. 成分配合数業界最大のアミノ酸系シャンプー
  2. 13の無添加で安全性も高い
  3. ボタニカルの保湿成分を多く含有
  4. 220mlで3,490円
  5. 品質重視のシャンプー
CHECK
ボタニカル ベルタシャンプーは220mlで3,490円とコスパが良いとはいえませんが、78種類の成分配合数と13の無添加と品質にかなりこだわっているシャンプーです。

少し高めなので値段やコスパよりも品質を重視したいということであればこのシャンプーを使うと良いでしょう。

ボタニカル ベルタシャンプーの評価
安全性
(5.0)
保湿性
(5.0)
コスパ
(4.0)
洗浄性
(4.5)
総合評価
(4.5)

クイーンズバスルーム

クイーンズバスルーム
ポイント
  1. 家族でも使える低刺激シャンプー
  2. 安全性が高いのが特徴
  3. 美容液にも使われる保湿成分含有
  4. 500mlで2,300円
  5. 5日間のお試しセットあり
CHECK
クイーンズバスルームはコスパ・品質よりも安さを重視したいという方におすすめです。

品質の良いシャンプーは成分にこだわっているため値段が高くつきがちですがクイーンズバスルームは500mlで2,300円とお手頃価格設定となっています。

クイーンズバスルームの評価
安全性
(5.0)
保湿性
(4.5)
コスパ
(4.0)
洗浄性
(4.5)
総合評価
(4.5)

ラサーナ プレミオール

ラサーナ プレミオール
ポイント
  1. 少し洗浄力があるアミノ酸系シャンプー
  2. こだわりの植物オイルで保湿・補修
  3. 7種のハーブで皮脂やニオイを抑える
  4. 375mlで3,456円
  5. ニオイが気になる方におすすめのシャンプー
CHECK
コスパや品質というよりも頭皮や髪を保湿しながら気になるニオイを抑えることに対して効果を発揮するのがラサーナプレミオールの特徴です。

また、シャンプー自体もアロマティックフローラルの香りがするので、優雅なバスタイムを過ごしたいという方にもおすすめです。

ラサーナ プレミオールの評価
安全性
(4.0)
保湿性
(4.5)
コスパ
(4.0)
洗浄性
(4.0)
総合評価
(4.0)

人気メーカーのシャンプーを簡単比較!

シャンプーといっても現在ではかなり多くの種類が販売されているので、髪・頭皮に優しい成分が含有されているのか見るだけでもかなりの時間がかかってしまいます。

そこで、人気メーカーのシャンプーを厳選して13種類に絞っていますので、先ほどの3つのポイントを基に簡単に比較をしていきましょう。

安全性 保湿性 コスパ
ハーブガーデン 二重丸 二重丸 二重丸
ラサーナ プレミオール 丸 二重丸 丸
haru黒髪スカルプ・プロ 二重丸 二重丸 二重丸
ルメント 丸 丸 三角
クイーンズバスルーム 二重丸 丸 二重丸
アスロング オーガニックシャンプー 三角 丸 丸
わたしのきまり 丸 丸 丸
守り髪 三角 丸 丸
ボタニカル ベルタシャンプー 二重丸 二重丸 丸
ディアボーテ(ひまわり) 丸 三角 丸
ボタニスト 丸 丸 丸
TSUBAKI 三角 三角 三角
ビオリス 三角 三角 三角

品質が高くおすすめできるシャンプーはドラッグストアなど市販されている店舗で見かけることが少ないです。

というのも、こだわりの成分を含有させているためにコストがどうしても高くついてしまうからです。

そのため、広告費や流通コストにお金をかけているシャンプーは人気であっても成分がおすすめできないものが含まれていることが多いということを覚えておきましょう。

髪や頭皮のことを考えるのであれば、成分にこだわりがある悩みを解消してくれる髪・頭皮に優しいシャンプーを選ぶことが何より大切といえます。

迷ったらハーブガーデンシャンプーがおすすめの理由!

ハーブガーデンシャンプー
シャンプーを選んでいる人の中には自分にとってどれが一番合っているシャンプーなのかわからないという人も少なくありません。

シャンプー選びに迷っているのであれば「ハーブガーデンシャンプー」がおすすめです。

ハーブガーデンをおすすめしている理由は以下の3つとなります。

  1. ボタニカル成分(特にハーブ)にこだわりを持ったシャンプーである
  2. 保湿・毛髪補修成分がたっぷり含まれている
  3. 無添加で低刺激なので敏感肌・乾燥肌の人でも使いやすい

ハーブガーデンは天然由来100%のボタニカル成分を使用しているため、オーガニックにこだわりを持っている人でもおすすめできるシャンプーです。

また、保湿成分もさることながら毛髪補修成分のペリセアも含まれているので、髪や頭皮に嬉しいシャンプーでもあります。

敏感肌や乾燥肌の人にとって刺激が強いシャンプーは頭皮がさらに荒れる原因になりますが、ハーブガーデンは無添加で低刺激のアミノ酸系シャンプーなので安心です。

今時女性の利用シャンプーの種類や重要視していることは?アンケート調査結果!

シャンプー執事

みんながどんなシャンプーを使っている?どうやってシャンプーを選んでいる?という素朴な疑問をアンケートを取って調べてみました。
調査内容 1.シャンプー選びで重視していること
2.シャンプーの選びの情報源
3.利用シャンプーの種類
4.シャンプーに求めるもの
回答者数 300名
調査日 2019年3月16日~17日
調査方法 クラウドワークスで募集

調査詳細:300名へのシャンプーアンケート結果

1. シャンプー選びで最も重要視していることはなんですか?

シャンプー選びで最も重要視していることはなんですか?の調査結果

2. シャンプー選びはどのような情報をもとに決めましたか?

シャンプー選びはどのような情報をもとに決めましたか?の調査結果

3. 現在利用しているシャンプーの種類は何ですか?

現在利用しているシャンプーの種類は何ですか?の調査結果

4. シャンプーに求めるものは何ですか?

シャンプーに求めるものは何ですか?の調査結果

アンケート調査から「髪や頭皮に優しいアミノ酸シャンプー」をネットの情報から購入してる人が多い!

アンケートの調査ではシャンプー選びで最も重視しているのが「成分」であり、成分を重視して選んだシャンプーは「アミノ酸シャンプー」が最も人気でした。

2位のオーガニック系のシャンプーは「洗浄成分はアミノ酸でできていてオーガニック成分を配合しているものが多数」なので、オーガニック系も合わせると約7割程度の人がアミノ酸シャンプーを利用していることが分かります。

なぜ、アミノ酸シャンプーをみんなが選ぶのかというと、シャンプーに対して「髪・頭皮への優しさを求めているから」ですね。

アミノ酸シャンプーは髪や頭皮への刺激が少ないため利用者の満足度が非常に高いことが分かります。

当サイトでも頭皮や髪に優しいシャンプーをおすすめしているので、世間のニーズにマッチしたシャンプーを紹介できていることが証明できました。

シャンプーの解析方法!おすすめの成分・危険な成分は?

シャンプーの解析方法

洗浄成分はアミノ酸シャンプーがおすすめ!

シャンプーといえば頭皮や髪に付着した皮脂や汚れを洗い落とす洗浄成分が主成分となります。

汚れをしっかりと洗い落とすなどの謳い文句から洗浄力の強い成分を選びがちですが、実際は洗浄力の穏やかなアミノ酸系シャンプーを選ぶほうが髪・頭皮に優しいです。

注意
ラウリル硫酸・ラウレス硫酸・オレフィンスルホン酸と呼ばれる洗浄成分は高級アルコールと呼ばれ、市販されているシャンプーにはほとんど含まれています。

この高級アルコール系の洗浄成分は洗浄力が強すぎるので必要以上に頭皮の潤いを洗い落としてしまうためあまりおすすめできません。

アミノ酸系シャンプーは高級アルコール系シャンプーに比べると洗浄力が劣りますが、それでも頭皮・髪の汚れは十分に洗い落とせるので問題ないのです。

アミノ酸成分一例
  • ココイル系
  • ラウロイル系
  • ベタイン系
  • メチルアラニン系
  • サルコシン系

アミノ酸系であるかどうかは以上の成分が含有されているかどうかで判断するようにしましょう。

保湿に優れた成分

髪や頭皮に優しいシャンプーには保湿に優れた成分の含有が欠かせません。

では、どのような保湿成分を覚えた方が良いのか気になる人も多いと思うので、保水力の高い成分をまとめてみました。

保湿成分一例
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド
  • 加水分解シルク
  • リピジュア

この中でも特にリピジュアはヒアルロン酸の2倍の保湿力を持ち、洗い流されても保水力が低下しない優秀な成分なので覚えておいて欲しい成分です。

シャンプー執事

上記成分以外にもアルガンやツバキといった植物オイルや天然由来エキスで保湿力を高めているシャンプーも多いよ!!

危険な成分

危険な成分と表記するとガンや病気になってしまうイメージを持たれてしまいますが、勘違いしないでほしいのはここで言う危険な成分は「髪や頭皮に悪影響を及ぼす可能性が高い成分」ということです。

頭皮や髪の乾燥・にきび・ダメージ・パーマの落ちが早くなるなど様々な悪影響がありますが、どのような成分が危険なのでしょうか。

危険な成分
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリン酸Na/DEA/DEA/MEA/TEA
  • 合成着色料
  • 合成防腐剤
  • 合成香料
  • 合成保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • カチオン界面活性剤
  • 鉱物油
  • 動物性油脂
  • エタノール
  • キレート剤

中には発がん性の可能性がある成分も含めましたが、現在ではシャンプーに配合されている添加物も厳しくなりましたのであまり心配する必要はありません。

髪・頭皮に優しいシャンプーを選ぶ上では危険な成分が含有されていないシャンプーを選ぶようにしましょう。

毛髪補修に優れた成分「ペリセア」

髪はパーマやカラー、紫外線など様々な要因によってダメージを受けてしまいます。

毛髪補修に優れた成分がシャンプーに含まれているとダメージを抑えてキレイな髪質をキープすることができるので、ダメージが気になるなら毛髪補修成分も注目するようにしましょう。

毛髪補修成分の中でもペリセアと呼ばれる成分はとても優秀な成分です。

ペリセアの特徴

 

  • 約1分で毛髪内部に浸透し補修してくれる
  • 洗い流された後でも補修作用は持続する

 

 

毛髪補修が期待できる成分のなかでペリセアを越える作用を持つ成分は今のところありません。

それだけ優れた毛髪補修成分なのでぜひ覚えるようにしましょう。

シャンプー執事

ペリセアはジラウロイルグルタミン酸リシンNaと表記されていることが多いから見逃さないようにしよう!!

市販シャンプーを使ってたらヤバい?!シャンプーが与える髪への危険性とは?

結論から先に言ってしまうと市販シャンプーに含まれている成分は髪や頭皮にとって良くないものばかりです。

先ほど紹介した危険な成分を参考にして、市販されているシャンプーにはどれだけ添加物が含有されているのかいくつか例を出して確認してみましょう。

ジュレーム

ジュレーム

危険な成分 EDTA-2Na、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸Na

ラックス

ラックス

危険な成分 ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、EDTA-2Na、TEA、メチルイソチアゾリノン

パンテーン

パンテーン

危険な成分 EDTA-2Na、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン

ひまわり

ひまわり

危険な成分 エタノール、EDTA-2Na、安息香酸Na

ひまわりのシャンプーのように例外はありますが、ほとんどのシャンプーは高級アルコール系を使用しているので洗浄力も強く髪や頭皮の刺激になってしまいます。

それに加えて髪や頭皮に悪影響を与える添加物が含有されているので、市販シャンプーを使い続けていると髪質が低下してしまうのは当たり前のことといっても過言ではないでしょう。

年齢に合わせたおすすめのシャンプーは?世代別髪の状態・悩みを知り状態に合わせたシャンプーを選ぼう!

髪や頭皮の状態というのは年齢によって変わってくるため、世代によって違った悩みが出てくるはずです。

年代によって多い悩みによってシャンプーを選ぶということでも良いでしょう。

シャンプー執事

とりあえず品質の良いシャンプーを使いたいのであれば年代別の悩みに合わせたシャンプーを使っても良いかもね!!

10代

10代イメージ

よくある髪の悩み くせ毛・ダメージが気になる
カラーやパーマの持ちを長くしたい

10代の女性はおしゃれを覚える年代でもあるので、パーマやカラーの頻度が多くなることによって起こるくせ毛やダメージヘアによる悩みがあります。

また、カラーやパーマの持ちが長続きしない、持続させるにはどうすればいいのか悩んでいる人も多いです。

くせ毛やダメージヘア、カラーやパーマの悩みに合ったおすすめのシャンプーランキングは以下の記事を参考にしてみてください。

20代

20代イメージ

よくある髪の悩み パーマ・カラー・縮毛矯正におすすめのシャンプーが知りたい

20代でも髪をうまく使っておしゃれを楽しむ年代ですが、パーマやカラー、縮毛矯正をする際におすすめできるシャンプーの方が気になるのではないでしょうか。

パーマがあまり持続しない、カラー・縮毛矯正の落ちが早いなどの悩みはシャンプーによって解決できることもあるので、以下の記事を参考にしてみてください。

30代

30代イメージ

よくある髪の悩み 髪のダメージ・抜け毛が気になる
さらさらなツヤ髪をキープしたい

30代になると10代20代で蓄積してきたダメージや刺激が頭皮や髪に現れる年代です。

そうなると髪の毛の抜け毛が気になってくる人も増えてくるので、スカルプケアが期待できるシャンプーを考えている人も多いでしょう。

また、カラーやパーマをする人もまだまだいますが、大人らしさを追求するためにさらさらなツヤ髪を求める人も増えてきます。

30代の人の悩みに合ったシャンプーは多岐にわたるので、自分の悩みに合ったシャンプーを見つけてみましょう。

40代

40代イメージ

よくある髪の悩み 髪にハリ・コシがなくなってきた
くせ毛やうねりが出始めた

40代になってくると段々と髪にハリ・コシがなくなってきて髪全体のボリュームダウンが気になってくる年代です。

また、頭皮や髪が弱ってくるためストレートだった人もくせ毛やうねりが出始めるなんてことも考えられます。

そのため、ハリ・コシを取り戻すために必要な成分が含有されているシャンプー、くせ毛やうねりを抑えるシャンプーを選ぶと良いでしょう。

50代

50代イメージ

よくある髪の悩み 髪にハリ・コシがなくなってきた
白髪染めの落ちが早い
薄毛が気になる

50代になるとポツポツと白髪が生えてきてしまい、白髪染めを使用している人も少なくないでしょう。

しかし、白髪染めをしてもすぐ色落ちしてしまい何度も染め直している、そのような方はシャンプーを見直してみると問題が解消されるかもしれません。