緑内障の薬をまつげ美容液として使えるという噂は本当?大丈夫なの?

緑内障の目薬を、まつげ美容液として使えるというウワサがあります。
どうにも怪しいウワサのように思えますが、実は本当なんですよ。
しかし目の周辺に使うので、どうしても完全に目に入れないように使用するなんていうのは相当難しいですよね。
緑内障になったわけでもないのに、使って体に悪い影響はないのでしょうか。
そして、全く違う症状に対する目薬なのに、本当にまつげに対して効果があるのでしょうか。

緑内障ってどんな病気でまつげとはどのような関係が?

緑内障とは、見える範囲がだんだん狭くなっていき、そのまま気づかず放置すると目が見えなくなる可能性もある怖い病気。
ちなみに、まつげの長さやボリュームとこの病気は、一切何の関係ありません。
ただ、治療薬として使われるルミガンに、まつげを長く、太く、濃くする副作用が存在すると分かったのです。
ちなみにルミガンの注意点には、まつげの異常が46%の確率で起こりうるとはっきり記載されています。
ここでいう異常とは、まつげが長く、太く、濃くなることを指します。
もともとは出てほしくない異常として、緑内障患者から嫌われた症状だったのです。しかし、まつげが不足して困っている人にとっては、逆にありがたい結果となりました。

緑内障の薬がまつげ美容液になるというのは本当なのか?

たしかにルミガンは副作用としてまつげへの影響が明記されているので、まつげ美容液として使えます。
実はルミガンと同じ有効成分を持つグラッシュビスタという薬もあるくらいですからね。

緑内障の薬からできたまつげ美容液のグラッシュビスタ

グラッシュビスタはまつげにつけるために作られた育毛剤で、まつげ貧毛症という症状を治療するために皮膚科等で取り扱われています。
医薬品のため、薬局やネットでは購入できません。手に入れたい場合は、医師に相談して処方箋を書いてもらってくださいね。

ルミガン・グラッシュビスタの有効成分とまつ毛に効く仕組み!

有効成分はビマトプロスト。毛が生えてやがて抜ける毛周期というサイクルにはたらきかけます。
まつげは一度生えたらずっと定着し続けるように感じますが、実はどんどん新しく生え変わっています。
生えてから成長する成長期が長ければ長いほど、憧れの長いまつげになるのです。
成長期が終わると、休止期といって成長がストップするサイクルに入ります。
やがて、また下から新しく生えはじめ、古いものは抜けてなくなります。このサイクルを延々と続けているんですよ。
ビマトプロストは、成長期のサイクルを増加してくれます。さらにメラニンの合成を活性化させて、一本一本を黒くしっかりと見せてくれる効果もあるのです。

緑内障の薬をまつげ美容液として使うときの注意点

緑内障の薬をまつげ美容液のかわりに使用するなら、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。
有効成分のビマトプロストは、まつげ本体に塗ったところで効果はありません。生え際に、適量つけましょう。
そして下まつげに対しては、使うと黒ずみ等の原因になるので使うことができません。使用できるは上まつげだけです。
「もっと薬を使ってどんどん効かせちゃおう!」と思って、量を増やしすぎると目の中に入りやすくなるので危険です。
使うのは1日1回で十分です。ちなみに1日に何度使っても、さほど結果は変化しませんよ。
早くなくなるだけもったいないので、毎日1回までで十分です。
そしてビマトプロストの影響は、使用を中止すると元に戻ることも覚えておきましょう。ずっと持続するわけではありません。

まとめ:緑内障の薬ルミガンはまつげ美容液になる!

緑内障の治療に使われるルミガンは、副作用としてまつげが長く、太く、濃くなることが分かっています。
ただしあくまでルミガンは、緑内障の治療用に生まれたもの。
手に入れたい場合は、皮膚科や眼科の医師に相談してみてください。