ポニーテールにおすすめのシャンプーランキング!アホ毛対策も紹介!

後ろにひとまとめにすることで清潔感も出てどのようなシーンでも取り入れることができる髪型がポニーテールです。

しかし、髪が傷んでしまう、あるいは切れ毛によってアホ毛ができてしまうとポニーテールにしていてもなんだか見た目の印象が悪くなってしまいます。

そこで今回はキレイにポニーテールをセットできるようにおすすめのシャンプー選びとランキングを紹介していきましょう。

シャンプー執事

ポニーテールは意外と髪や頭皮に負担がかかる髪型なんだよ!!

ポニーテールにおすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

そもそもなぜポニーテールをするとアホ毛ができるのかということですが、ダメージを受けた髪が切れる、あるいは抜けてしまうことによって短い毛ができてしまうことにあります。

そのため、アホ毛をださないようにするためには髪の傷みにフォーカスを合わせたシャンプーを選ぶことが大切です。

では、どのようなシャンプーが良いのかということになりますが、以下の3つのポイントを意識してみましょう。

3つのポイント

  1. 低刺激のアミノ酸系シャンプー
  2. ダメージケア成分が配合されているシャンプー
  3. 潤いを保つ成分が含有されているシャンプー

シャンプーを選ぶ際は人気や安いからという理由で選ぶ人も多いですが、市販されているシャンプーは髪にダメージを与えてしまうものが多いです。

特にポニーテールはアホ毛ができないほうがキレイな髪型にまとまるので、この3つのポイントすべて抑えたシャンプーを選べるようにしましょう。

では、それぞれのポイントについて触れていきます。

1. 低刺激のアミノ酸系シャンプー

シャンプーは洗浄成分がメインになるので絶対に低刺激であるアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

○○硫酸やオレフィンスルホン酸といった高級アルコール系をメインとしたシャンプーは洗浄力が強すぎて頭皮が乾燥しやすくなるだけでなく髪に負担がかかってしまいます。

アミノ酸系であるかどうかは以下の成分が含有されているか確認するようにしてください。

アミノ酸成分一例
  • ココイル系
  • ラウロイル系
  • ベタイン系
  • メチルアラニン系
  • サルコシン系

アミノ酸系の特徴として洗浄力が穏やかで低刺激ですが、高級アルコール系に比べると洗浄力が劣るので汚れが取りきれるか心配になってしまうかもしれません。

しかし、予洗いやすすぎをしっかりとおこなうことで十分に汚れを洗い落とすことができるので髪や頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを選ぶようにしましょう。

シャンプー執事

ちなみにアミノ酸系の他にも天然由来の洗浄成分が含有されているシャンプーが多いから洗浄力に関しては問題ないと考えていいね!

2. ダメージケア成分が配合されているシャンプー

アホ毛の原因は枝毛や切れ毛、抜け毛によって短い髪の毛が生えてしまっていることです。

つまり、髪の毛がダメージを受けてしまっているということなので、ダメージケア成分が配合されているシャンプーを選ぶのが最適といえるでしょう。

しかし、ダメージケアと言われてもどういう成分が良いのかわからない人が多いと思うので、以下に参考成分をまとめておきます。

毛髪補修成分一例
  • ペリセア
  • ヘマチン
  • アミノ酸群
  • 植物オイル(アルガン・ツバキ・ヒマワリetc)
  • 保湿成分(ヒアルロン酸・コラーゲン・リピジュア etc)

この中でも特におすすめなのがペリセアと呼ばれる成分で、なんと1分ほどで髪の内部に成分が浸透してダメージケアをしてくれる優秀な成分なのです。

このペリセアはシャンプーによってはジラウロイルグルタミン酸リシンNaと表記されていることもあるので髪のダメージが気になるのであれば覚えておくと良いでしょう。

3. 潤いを保つ成分が含有されているシャンプー

低刺激・ダメージケアのシャンプーも大切ですが、髪や頭皮が乾燥してしまうと良い成分が含有していたとしても台無しになってしまいます。

そのため、潤いを保つ成分が含有されているかどうかについても目を向けるようにしましょう。

保湿成分一例
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド
  • 加水分解シルク
  • リピジュア
  • 植物オイル(オリーブ・ツバキ・アルガンetc)
  • 天然由来エキス(大豆・海藻etc)

ヒアルロン酸やコラーゲンは比較的どのシャンプーにも含まれていることが多いですが、保水力を考えるとその他の成分も含有してほしいところです。

また、保湿成分は髪の補修にも働きかけてくれる側面を持っているので、配合されていればいるほどポニーテールで傷みやすい髪やアホ毛改善に役立つでしょう。

ポニーテールにおすすめのシャンプーを比較!

ポニーテールにしてしまうとアホ毛が目立ってしまうという人はしっかりとした品質のシャンプーを選ぶべきです。

しかし、品質が良いシャンプーを探すだけでも時間がかかってしまうので当サイトでは13種類のシャンプーに絞っています。

そこで、この13種類のシャンプーを先ほどの3つのポイントを基に比較をしていきましょう。

洗浄力 ダメージケア成分 潤い成分
ハーブガーデン 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ラサーナ プレミオール 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ルメント 穏やか
(アミノ酸系)
丸 丸
クイーンズバスルーム 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
アスロング オーガニックシャンプー 強め
(高級アルコール系)
三角 丸
わたしのきまり 穏やか
(アミノ酸系)
丸 丸
守り髪 少し強め
(アミノ酸系)
三角 丸
ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
(アミノ酸)
二重丸 二重丸
ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
(アミノ酸系)
バツ 三角
ボタニスト 少し弱め
(アミノ酸系)
三角 三角
TSUBAKI 強め
(高級アルコール系)
バツ 三角
ビオリス 強め
(高級アルコール系)
バツ 三角

今回比較としてあげたシャンプーの中には品質としてあまりおすすめできないシャンプーもあえて入れました。

この比較からわかるかと思いますが、よく目にするシャンプーほど品質が良いとは限らないのです。

特に高級アルコール系を使っていてダメージケアや潤い成分が少ないシャンプーを使っているとアホ毛リスクが高くなりポニーテールの見栄えも悪くなってしまいます。

キレイなポニーテールを作りたいのであればしっかりとした品質のシャンプーを選ぶようにしましょう。

ポニーテールにおすすめのシャンプーランキング!

では、一体どういうシャンプーがポニーテールをする人にはおすすめなのかという話になってきてしまうのですが、ここで本題のシャンプーランキングをみていきましょう。

先ほどの3つのポイントを基にしたシャンプーランキングなのでアホ毛を抑えてキレイなポニーテールをしたい人はぜひ参考にしてみてください。

haru黒髪スカルプ・プロ

haru黒髪スカルプ・プロ

ポイント
  1. コスパ最強のシャンプー
  2. こだわりの低刺激アミノ酸系シャンプー
  3. ダメージケア成分たっぷりで髪を補修
  4. 潤い成分もふんだんに配合
  5. 400mlで3,600円
CHECK
ペリセアやヘマチンといったダメージケア成分や育毛成分のキャピキシルと髪をキレイに保つために必要な成分を凝縮したようなコスパ最強のシャンプーがharu黒髪スカルプ・プロです。

これ一本でトリートメントやコンディショナーがいらないのでめんどくさがりな方でも使いやすいシャンプーとなっています。

haru黒髪スカルプ・プロの評価
洗浄性
(4.5)
ダメージケア成分
(5.0)
潤い成分
(4.5)
安全性
(5.0)
総合評価
(4.5)

ボタニカル ベルタシャンプー

ボタニカル ベルタシャンプー
ポイント
  1. 品質重視の方におすすめのシャンプー
  2. ダメージケア+アンチエイジング成分含有
  3. 保水力の高い成分を網羅的に配合
  4. 無添加なので安心して使える
  5. 220mlで3,490円
CHECK
値段は220mlで3,490円と高くついてしまいコスパは良いとは言えませんが、成分配合数78種類と厳選された成分が使われている品質重視のシャンプーがボタニカル ベルタシャンプーです。

ダメージケアだけでなくアンチエイジング成分も含まれており、13の無添加を謳っているので非常に品質にこだわっているシャンプーだとわかります。

ボタニカル ベルタシャンプーの評価
洗浄性
(4.5)
ダメージケア成分
(5.0)
潤い成分
(5.0)
安全性
(4.5)
総合評価
(4.5)

クイーンズバスルーム

クイーンズバスルーム
ポイント
  1. 低刺激のアミノ酸系シャンプー
  2. リピジュアなど保水力の高い成分配合
  3. 安全性が高く敏感肌・乾燥肌の人でも使える
  4. 500mlで2,300円
  5. 安さ重視のおすすめシャンプー
CHECK
コスパや品質は劣ってしまうものの市販されているシャンプーよりも十分に信頼できる成分が含有しているシャンプーがクイーンズバスルームです。

また、500mlで2,300円なので安さ重視で品質が良いシャンプーを使ってみたいという方におすすめできるシャンプーとなっています。

クイーンズバスルームの評価
洗浄性
(4.5)
ダメージケア成分
(4.0)
潤い成分
(4.5)
安全性
(5.0)
総合評価
(4.5)

シャンプー以外にできるポニーテールのアホ毛対策!

せっかくポニーテールにしていてもアホ毛に目がいってしまい印象もよくありません。

そこで今回紹介したシャンプーを使って欲しいところですが、シャンプー以外にもアホ毛対策はあるのでいくつか紹介していきましょう。

1. 髪にダメージを与えないシャンプーの洗い方

シャンプーをするときに髪に直接つけてわしゃわしゃと泡立てている人がいればそれはNG行為です。

髪は濡れると保護層であるキューティクルが開いてしまうため、摩擦によるダメージが敏感になってしまいます。

せっかく品質の良いシャンプーを使っていても洗い方が雑だと台無しになってしまうので髪にダメージを与えないようなシャンプーの洗い方を覚えておきましょう。

シャンプーの洗い方
  1. お湯だけである程度汚れを落とす“予洗い”をしておく
  2. 手でシャンプーを泡立ててから髪につける
  3. 爪を立てずに指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗う
  4. すすぎには5分以上かける

予洗いをしておくことである程度の汚れというのは洗い落とすことができるので、あとは髪に摩擦がかからないような洗い方をすれば髪のダメージは最小限で済みます。

面倒だからといってテキトーに洗ってしまうとアホ毛ができやすくなるということも覚えておきましょう。

2. 髪を乾かす際はタオルドライ&ドライヤーで!

髪を乾かすときときにタオルドライをしてからドライヤーをするのがおすすめです。

タオルドライはなるべく摩擦を生まないように髪をタオルで挟んでポンポンと叩くように水気を取るようにしてください。

ある程度水気を取った後はドライヤーで8割程度乾かしたら自然乾燥させるようにしましょう。

注意
ドライヤーの噴出孔付近は100℃近くになると言われ、同じ場所に当て続けると髪が傷みやすくなってしまいます。

また、熱によって逆に乾燥してしまうこともあるので、なるべくドライヤーは離してまんべんなく風を当てるように乾かしていきましょう。

3. クシにヘアスプレーを吹きかけて髪をとかす

アホ毛をすぐに直す対策法としてはクシにヘアスプレーを吹きかけて髪をとかしていく方法がおすすめです。

ヘアスプレーを髪全体につけていくのも良いですが、クシに吹きかけることによってべたつきを抑えることができます。

4. 整髪料をつけて髪を整える

ワックスなどの整髪料を髪につけることによって髪のハネを抑えることでポニーテールにしてもアホ毛が出ないようにすることもできます。

ただし、整髪料は洗い落とすのが少し手間になってしまうので、急いでいるときやポニーテールをビシッと決めたいときに使うようにしましょう。

5. 洗い流さないトリートメントを使う

アホ毛は乾燥によってできやすくもなってしまうので、髪の毛の乾燥対策として洗い流さないトリートメントを使うのも有効的な方法です。

洗い流さないトリートメントは普段のヘアケアとしても使用することができるのでうまく活用してみると良いでしょう。

ポニーテールの髪型が似合うタイプの顔は?顔立ちがはっきりタイプ!

ポニーテールはフェイスラインがはっきり出てしまう髪型の一つなので、顔立ちがはっきりしている人の方が似合う髪型といえます。

ただし、アレンジ次第ではどのようなタイプの顔の人でも似合う髪型なので、さほど気にする必要はないでしょう。

ポニーテールの髪型は男性からの人気はある?

男性から人気の女性の髪型について聞くと必ずランクインするのがポニーテールです。

ポニーテールにするとうなじが見えるので魅力的に感じる、かわいさがあるという意見があります。

また、ポニーテールの中でも高めの位置でつくるポニーテールの方が男性から人気なので参考に覚えておくと良いでしょう。

ポニーテールをキレイにみせるため品質の良いシャンプーを選んでアホ毛予防をしてみてください。