おすすめノンシリコンシャンプーランキング&特徴と効果!

最近シリコンは毛穴に詰まり抜け毛やダメージを起こすということでノンシリコンのシャンプーが流行となっています。

しかし、ただノンシリコンのシャンプーを選ぶだけでは間違ったシャンプーを選んでしまうでしょう。

そこで、今回はノンシリコンのおすすめシャンプーをランキングで紹介していきたいと思います。

シャンプー執事

ノンシリコンという点以外の要素がキーポイントになってくるよ!

ノンシリコンシャンプー選びの3つのポイント!

ノンシリコンシャンプーを選ぶときに一番やってはいけないことがノンシリコンという言葉だけでシャンプーを選ぶことです。

そこで、ノンシリコンという以外にも以下の3つのポイントを意識したシャンプー選びをしましょう。

3つのポイント

  1. 洗浄力が強くないシャンプー
  2. 保湿成分が含まれているもの
  3. 植物由来のオイルが配合されている

このポイントはシャンプーがノンシリコンになることで起こるデメリット部分をカバーしてくれるポイントでもあるので、必ず覚えておいてほしいポイントです。

では、それぞれがなぜノンシリコンに重要なのか見ていきましょう。

1. 洗浄力が強くないシャンプー

シリコンは簡単に言ってしまうとシャンプーに含まれる洗浄成分や摩擦から髪を守るために使われる成分です。

そのため、ノンシリコンになると洗浄成分によって髪がダメージを受けやすい状態になってしまいます。

そのため、洗浄力が強くない成分を用いているシャンプーを選ぶ必要があるのです。

洗浄力が穏やかな成分としてアミノ酸系がおすすめです。

アミノ酸成分一例
  • ココイル系
  • ラウロイル系
  • ベタイン系
  • メチルアラニン系
  • サルコシン系

以上の成分がアミノ酸系なので、線分表示欄を見て確認してみましょう。

2. 保湿成分が含まれているもの

ノンシリコンになると髪を守るものがなくなってしまうので、できるだけダメージを受けないよう髪の補修と保湿をしてくれる成分が含まれているシャンプーが良いです。

保湿成分一例
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • リピジュア
  • 植物オイル(オリーブ・ツバキ・アルガンetc)
  • 天然由来エキス(大豆・海藻etc)

頭皮が乾燥してしまうとダメージを受けやすい敏感肌になり、頭皮が荒れやすくかゆみや髪の毛の成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

ノンシリコンだからといって保湿がいらなくなるというわけではないので勘違いしないようにしましょう。

3. 植物由来のオイルが配合されている

シリコンは髪の摩擦を防ぐという目的もあります。

そのため、髪の毛の摩擦によるダメージを減らすシリコンの代わりに植物由来のオイルが配合されているシャンプーが良いでしょう。

植物オイル例
  • アルガンオイル
  • ツバキオイル
  • オリーブオイル
  • モンゴンゴオイル
  • アボカドオイル

植物由来のオイルは髪の摩擦軽減だけではなく髪の補修や頭皮の保湿にも有効的なです。

頭皮や髪に優しいノンシリコンシャンプーを選ぶのであれば植物オイルが配合されているのは外せないポイントといえます。

ノンシリコンシャンプーを比較!

ノンシリコンのシャンプーはどんどん種類が増えてきているため、どれがいいのか選び出すだけでもわからない人も少なくありません。

そこで、当サイトではノンシリコンシャンプーを13種類すでに厳選しているので、先ほどの3つのポイントを比較していきましょう。

洗浄力 保湿成分 オイル含有
ハーブガーデン 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ラサーナ プレミオール 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ルメント 穏やか
(アミノ酸系)
丸 三角
クイーンズバスルーム 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
アスロング オーガニックシャンプー 強め
(高級アルコール系)
丸 丸
わたしのきまり 穏やか
(アミノ酸系)
丸 二重丸
守り髪 少し強め
(アミノ酸系)
丸 三角
ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
(アミノ酸系)
三角 三角
ボタニスト 少し弱め
(アミノ酸系)
三角 三角
TSUBAKI 強め
(高級アルコール系)
三角 三角
ビオリス 強め
(高級アルコール系)
三角 三角

上記13種類のシャンプーはすべてノンシリコンですが、洗浄成分・保湿成分を比べるだけでも差が出ているのがわかるでしょう。

市販されているシャンプーは安く品質の良いものと思われがちですが、成分を比べてみるとそうではないことがわかります。

しっかりと比較をして選ばなければノンシリコンといえど髪にダメージを与えてしまいかねないシャンプーを選んでしまうことになるので注意しましょう。

シャンプー執事

次はノンシリコンシャンプーのおすすめランキングを紹介するよ!

ノンシリコンのおすすめシャンプーランキング!

13種類のシャンプーの比較をしてノンシリコンシャンプーを選ぶときには成分がどれだけ大切かわかってもらえたかと思います。

では、成分の大切さを踏まえて一体どれがおすすめのノンシリコンシャンプーなのか、ランキングにして紹介していきましょう。

ハーブガーデン

ハーブガーデン
ポイント
  1. アミノ酸とボタニカルの優しい洗浄成分を使用
  2. 天然由来成分で高保湿をキープ
  3. 植物オイルの保水力が髪に潤いを与える
  4. オーガニックハーブウォーター厳選使用
  5. 無添加なので安心して使える
CHECK
ハーブの持つ力を最大限に活かし、頭皮に優しく洗浄・保湿を与えてくれるのがハーブガーデンの特徴です。

無添加で低刺激なのでノンシリコンシャンプーを探しているのであればこのハーブガーデンを使えば艶髪や美髪に近づくことができるでしょう。

ハーブガーデンの評価
洗浄成分
(5.0)
保湿
(4.5)
植物オイル
(5.0)
髪の滑らかさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

クイーンズバスルーム

クイーンズバスルーム
ポイント
  1. ノンシリコンにぴったりのアミノ酸シャンプー
  2. 高級美容液と変わらない高保湿成分含有
  3. 家族で安心して使える低刺激
  4. くせ毛や髪のうねりが気になる方におすすめ
  5. 5日間のおためしセットあり
CHECK
髪に最大限ダメージを与えないようなアミノ酸シャンプーで、冬虫夏草エキスやチョウジエキスなど高級美容液と言えるほどの高保湿成分が含有しています。

うねりのある髪やくせ毛を治すために作られているので、ノンシリコンでさらさらストレートを目指したいのであればこのシャンプーがおすすめです。

クイーンズバスルームの評価
洗浄成分
(5.0)
保湿
(5.0)
植物オイル
(4.0)
髪の滑らかさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

ラサーナ プレミオール

ラサーナ プレミオール
ポイント
  1. 頭皮に優しいアミノ酸系シャンプー
  2. オイルや天然由来エキスで髪・頭皮を保湿
  3. 4つのオイルでシリコンなしでも髪がなめらか
  4. 7種のハーブエキスが皮脂・ニオイを抑える
  5. 毛髪浸透型コラーゲンが傷んだ髪を補修
CHECK
ブルターニュ産の海泥とアミノ酸の洗浄成分が頭皮を優しく洗い上げてくれるのがラサーナ プレミオールです。

4つの厳選されたオイルが髪を摩擦から守り、7種のハーブが皮脂やニオイを抑えて優雅な香りを漂わせるシャンプーとなっています。

ラサーナ プレミオールの評価
洗浄成分
(4.5)
保湿
(4.5)
植物オイル
(5.0)
髪の滑らかさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

ノンシリコンシャンプーの特徴!

ノンシリコンシャンプーが髪に良いということを聞いたことがありますが、そもそもノンシリコンはどういった特徴を持っているかご存知でしょうか。

そのためにはシリコンを知らなければなりませんので解説していきます。

シリコンは簡単に言うと髪の毛をコーティングしてシャンプー中の摩擦によるダメージから守ってくれるのが特徴です。

ノンシリコンはシリコンの代わりに髪をコーティングしてくれる成分が配合されたシャンプーと考えれば良いでしょう。

MEMO
シリコンシャンプーは頭皮や髪に悪いものと思われていますが、あまり害はなく人によってはシリコンシャンプーの方が合う場合もあります。

その原因は品質の悪いノンシリコンシャンプーを使っているからなので、本来であればメリット・デメリットを理解した上で使い分けるのが正解です。

ノンシリコンシャンプーの効果は髪をふんわり仕上げる!

ノンシリコンシャンプーはシリコンシャンプーと比べるとどのような効果があるのかという点が気になるでしょう。

ノンシリコンシャンプーの効果は大きく分けて3つあります。

ノンシリコンの効果
  1. 洗い上がりがふんわりする
  2. 頭皮環境が改善される
  3. 自然な美髪になる

ノンシリコンは余計なコーティングをしない分、髪がふんわりした仕上がりになる効果があります。

また、品質の良いノンシリコンシャンプーを使うことで皮脂の過剰分泌や乾燥を防ぐことができるので頭皮環境を改善することに期待できるでしょう。

その結果、自然な艶髪・美髪になるということです。

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット!髪を保護するがドライヤーやヘアアイロンに弱い!

ノンシリコンシャンプーはメリットもありますがデメリットもあるので把握しておくことも大切です。

ノンシリコンのメリットは以下の点があります。

ノンシリコンのメリット
  • パーマ・カラーがかかりやすくなる
  • 髪がふんわり仕上がる
  • 頭皮環境の改善

ノンシリコンシャンプーのメリットは先ほど紹介したノンシリコンの効果で解説していますが、パーマ・カラーがかかりやすくなるという点が最大のメリットです。

シリコンシャンプーを使っていると、シリコンが髪を保護する役割を持っているため、パーマやカラーの薬剤が浸透しにくくなってしまいます。

一方、ノンシリコンシャンプーは髪を強力に保護する成分は含まれていないので、比較的パーマやカラーがかかりやすくなるのです。

ノンシリコンのデメリット
  • ドライヤーやヘアアイロンの熱に弱い
  • パーマ・カラーのしすぎはダメージが敏感になる
  • 髪がきしむ・手触りが悪いと感じる

シリコンによるコーティングが無くなる分、ドライヤーやヘアアイロンの熱に弱くなってしまうのと、パーマやカラーによってキューティクルが剥がれやすくなるのがデメリットといえます。

また、中にはシリコンのコーティングに慣れないためにノンシリコンシャンプーを使うと髪がきしむ・手触りが悪くなってしまうと感じる方もいるようです。

ノンシリコンシャンプーが合う人・合わない人!髪のボリュームとカラー・パーマの有無で決まる!

ノンシリコンシャンプーはどのような人が合うのか合わないのか、はっきりしていれば自分もどっちを使うのかわかりやすいですよね。

ではノンシリコンシャンプーが合う人・合わない人を簡単にまとめてみましょう。

ノンシリコンが合う人
  • 敏感肌・乾燥肌タイプの人
  • カラーやパーマは低頻度でする人
  • 髪がぺたっとしてしまいがちな人
  • 比較的短髪の人
  • 頭皮に優しい成分にこだわりたい人

ノンシリコンだから髪に良いというわけではなく、ノンシリコンだからこそのメリットがあるということを理解する必要があります。

では、ノンシリコンが合わない人はどのようなタイプでしょうか。

ノンシリコンが合わない人
  • 頻繁にカラー・パーマをする人
  • 髪にボリュームがある人
  • ヘアアイロンをよく使う人

髪や頭皮にダメージを与えてしまう機会が多いのであれば、ノンシリコンよりもシリコンシャンプーの方がおすすめです。

髪にボリュームがある人がノンシリコンシャンプーを使うとさらにふんわりとなってしまうので、それが気に入らないのであればシリコンシャンプーが良いでしょう。

シャンプー執事

品質の良いノンシリコンシャンプーであればみんなにおすすめできるからしっかりとしたシャンプーを選ぼう!!