生理中・妊娠中・産後に脱毛器の使用はNG?その理由とは?

女性の美に関する悩みの1つといえば、ムダ毛の処理。

近年はサロン並みの仕上がりが期待できる家庭用脱毛器も登場し、自宅でも手軽に脱毛ができるようになりました。

ただ女性の場合、注意しなければならないのは生理や妊娠、そして産後における脱毛器の使用です。

これらの女性特有の時期はホルモンの変動によって、脱毛自体がお肌に大きなダメージを与えてしまうことがあるので注意しましょう。

今回は生理中、妊娠中、産後における脱毛器の使用について、詳しくご紹介していきたいと思います。

生理中に脱毛器を使用する場合の注意点とは?

女性の体は『エストロゲン』『プロゲステロン』と呼ばれる女性ホルモンに支配され、生理周期の中で様々な変化が起こります。

エストロゲンとプロゲステロンの特徴を簡単に挙げると下記のとおりです。

エストロゲンの影響

  • 生理後から排卵期にかけて分泌が増加する
  • 肌や髪に潤いを与える
  • カラダや心を安定させる

プロゲステロンの影響

  • 排卵後から次の生理にかけて分泌が増加する
  • 肌が乾燥しやすい・吹き出物などの肌荒れを起こしやすい
  • 腹痛・頭痛・イライラなどを引き起こす

生理前から生理中にかけてはエストロゲンの量が減少するため、肌が乾燥しやすかったり、また免疫力も低下するため普段よりも肌が荒れやすくなります。

そのためこの時期に脱毛器を使用すると、普段以上に肌のトラブルを起こしやすくなるといえるでしょう。

生理中に脱毛器を利用するリスク

では実際に生理中に脱毛器を利用するとどんなリスクがあるのでしょうか?

リスク

  1. 肌の調子が悪いため痛みを感じやすくなる
  2. 肌トラブルが起きた場合回復に時間を要する
  3. 脱毛効果が少し下がる可能性がある

とリスクを書きましたが、生理痛に個人差があるように生理中の脱毛器利用の影響にも個人差があります。心配し過ぎる必要はありませんが、可能性が0ではないという程度と認識しておきましょう。

生理中に脱毛器を利用する場合の注意点

生理前や生理中は脱毛をおこなってもあまり良い効果が得られないため、できれば脱毛を控えたほうが得策です。

それでもやっぱり「脱毛がしたい!」という人は、照射レベルを下げる保湿をいつも以上に念入りにするなどの対策を十分におこなってから使用するよう心がけてくださいね。

妊娠中の脱毛器の使用はできるの?

出来ることなら妊娠中は脱毛器の利用は控えた方がよいでしょう。

妊娠中の女性が普段どうりの生活をおこなう上で、いつもよりナーバスになるのが『お腹の赤ちゃんへの影響』だと思います。

ただし、脱毛器自体が胎児に何か影響を及ぼすといったことはありません。

では、妊娠中に脱毛器利用を控えた方がよい理由は何故なのでしょうか?

控えた方がよい理由

  1. 脱毛効果が低い
  2. 痛みによるストレスが妊娠トラブルの原因になる
  3. ムリな姿勢は体に大きな負担をかける

1.脱毛効果が低い

発毛と女性ホルモンには密接な関係があり、生理中や妊娠中はホルモンバランスの影響によって脱毛効果が低くなるといわれています。

妊娠中はお腹の中の胎児を守ろうとするため、自然に体毛が濃くなる傾向にあります。毛が濃くなったからといって心配する必要はなく、出産後には自然と元に戻るので安心してください。

体毛が濃くなろうとしている期間に脱毛しようとしても、残念ながら効果が得にくいため、控えた方がよいでしょう。

2.痛みによるストレスが妊娠トラブルの原因になる

脱毛器で脱毛する際は、大なり小なり痛みが生じます。

通常時であれば特に問題はない痛みでも、妊娠中は痛みによるストレスが母胎に何らかの影響を及ぼす可能性は否定できません。

強い痛みが早産などのリスクを高める恐れもあるため、妊娠中の脱毛は控えるべきでしょう。

3.ムリな姿勢は体に大きな負担をかける

赤ちゃんの成長にともなって、ママのお腹もどんどん大きくなっていきます。

そしてお腹が大きくふくらんでくると、普段の何気ない動作が体の負担になることがよくあります。

脱毛をする姿勢もお腹が大きくなるごとにムリな姿勢になりやすいので、やはり妊娠中は脱毛器の使用は控えるほうが良いでしょう。

産後の脱毛器の使用はいつからできるの?

無事に出産したあとでも、脱毛器の使用は慎重になるべきで、授乳期間が終わるまで脱毛器の利用を控えるのが無難です。

なぜなら出産直後はしばらくホルモンバランスが安定しないからです。

先にも述べたように、ホルモンバランスが安定しないと脱毛効果が低く、また脱毛による肌トラブルのリスクも高くなります。

そのため産後は生理が再開し、かつ授乳が終わってホルモンバランスが安定してから脱毛器を使用するほうがベストでしょう。

デリケートな時期は脱毛器の使用を控える方がベター

女性の体は常に女性ホルモンの影響を受けており、その変化によって脱毛するのにふさわしい時期とふさわしくない時期があることは確かなようです。

せっかく綺麗なお肌を手にいれたいのに、かえってトラブルを招いてしまっては本末転倒ですよね。

家庭用脱毛器の使用は自分の体や肌の状態に合わせて、ベストな時期に使用するほうがベターといえるでしょう。