無添加のおすすめシャンプーランキング&特徴と効果!

頭皮や髪がダメージを受けている、あるいは安全なシャンプーを使いたいという人が気になる無添加のシャンプーですが、ただ無添加だけでは良いシャンプーとは言えません。

そこで今回は、無添加で品質の良いシャンプーはどのように選べば良いのかのポイントとおすすめシャンプーランキングを紹介していきたいと思います。

シャンプー執事

無添加だからといって頭皮や髪に優しいとは限らないよ!!

無添加シャンプー選びの3つのポイント!

無添加のシャンプーは確かに頭皮や髪に安心ですが、悪影響を与えてしまう成分は他にもあります。

また、この成分が配合されている方が良いというものもあり、まとめると以下の3つのポイントを意識した無添加シャンプーがおすすめです。

3つのポイント

  1. 洗浄力が穏やかなシャンプー
  2. 保湿成分が配合されているかどうか
  3. 植物オイルが豊富に含まれているかどうか

このポイントを抑えることによって無添加という強みを更に高めることができるので、しっかりとシャンプーの品質を見極められるようにしていきましょう。

では、それぞれのポイントについて解説していきます。

1. 洗浄力が穏やかなシャンプー

シャンプーのメインは頭皮に付着した汚れを洗い落とす洗浄成分なので、洗浄成分が頭皮に優しくない成分だと無添加であることがもったいないです。

特に高級アルコールや石鹸系のシャンプーは洗浄力が強く頭皮の潤いを必要以上に取り除き乾燥やかゆみの原因を作り出してしまうのでおすすめできません。

おすすめなのはアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸成分一例
  • ココイル系
  • ラウロイル系
  • ベタイン系
  • メチルアラニン系
  • サルコシン系

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が穏やかで必要以上に頭皮の潤いを取り除くことはありません。

また、髪の毛の構成成分もアミノ酸なので補修も同時に行ってくれるのがアミノ酸系シャンプーのメリットと言えるでしょう。

2. 保湿成分が配合されているかどうか

頭皮や髪の毛の健康を保つ上で保湿は非常に重要な要素の1つです。

シャンプーに保湿成分が含まれているおかげで頭皮や髪に必要最低限のダメージで済むので、できる限り保湿成分がたっぷりと配合されているシャンプーを選ぶようにしましょう。

保湿成分一例
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • リピジュア
  • 植物オイル(オリーブ・ツバキ・アルガンetc)
  • 天然由来エキス(大豆・海藻etc)

保湿成分の中には髪の補修をしてくれるものもあるので、髪が傷んでハイダメージな人やパーマ・カラーをしている方は保湿成分が多いシャンプーを選ぶことをおすすめします。

シャンプー執事

乾燥肌・敏感肌の人も保湿成分が配合されているシャンプーはおすすめだね!

3. 植物オイルが豊富に含まれているかどうか

植物オイルは頭皮と髪の保湿と補修を行う非常に優れた成分だけでなく、無添加シャンプーのデメリットも補ってくれます。

添加物の1つにシリコンがありますが、シリコンは髪のコーティングをしてくれる役割を持っているためノンシリコンシャンプーはギシギシ感や髪のごわつきが気になってしまうことがあるのです。

しかし、植物オイルが配合されていることによって、天然由来の優しいコーティングをしてくれるので髪がギシギシすることも少なくなるでしょう。

植物オイル例
  • アルガンオイル
  • ツバキオイル
  • オリーブオイル
  • モンゴンゴオイル
  • アボカドオイル

植物オイルは保湿・補修・コーティングと頭皮・髪においてかなりメリットのある成分なので、植物オイルが含有されているかどうかは必ず確認するようにしましょう。

無添加シャンプーを比較!

無添加シャンプーといったところでどのようなシャンプーがあるのかわからない人も多いでしょう。

そこで、当サイトでシャンプーを厳選してみましたので、先ほどの3つのポイントを比較してみましょう。

洗浄力 保湿成分 植物オイル
ハーブガーデン 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ラサーナ プレミオール 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ルメント 穏やか
(アミノ酸系)
三角 丸
アスロング オーガニックシャンプー 強め
(高級アルコール系)
丸 三角
わたしのきまり 穏やか
(アミノ酸系)
丸 丸
ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸

無添加のシャンプーで品質の良いものの中から厳しく評価をつけてみましたが、どれもおすすめできるシャンプーといっても過言ではありません。

そのため、もし種類がある中から自分に合ったものを選びたいということであれば、この7種類の中から選んでみると良いでしょう。

シャンプー執事

次は無添加シャンプーのおすすめランキングを紹介するよ!

無添加のおすすめシャンプーランキング!

品質の良い無添加シャンプーの中にも色々な種類がありますので、選び出すのも面倒に感じてしまう方も多いでしょう。

そこで、無添加でおすすめのシャンプーをランキングにして厳選しましたので、3つの中から選んでみることを検討してみてください。

ハーブガーデン

ハーブガーデン
ポイント
  1. ボタニカルなアミノ酸系シャンプー
  2. 保湿成分豊富に含有
  3. オーガニックハーブウォーター使用
  4. とことん優しい成分にこだわったシャンプー
  5. ボタニカルにこだわったシャンプー
CHECK
無添加に加えてボタニカルの力にこだわった頭皮・髪に優しいシャンプーがハーブガーデンです。

ベースの水も厳選されたオーガニックハーブウォーターにしているという点でも他にはない特徴で、保湿・オイルも高品質なものを豊富に配合しています。

ハーブガーデンの評価
無添加
(5.0)
安全性
(5.0)
保湿
(5.0)
オイル
(4.5)
総合評価
(5.0)

ラサーナ プレミオール

ラサーナ プレミオール
ポイント
  1. アミノ酸とボタニカルの優しい洗浄成分を使用
  2. こだわりの保湿成分
  3. 4つのオイルでなめらか髪に
  4. 7種のハーブエキスが皮脂・ニオイを抑える
  5. 毛髪浸透型コラーゲンが傷んだ髪を補修
CHECK
こだわりの4つのオイルで頭皮・髪の保湿と補修をしてなめらかな髪を目指すのがラサーナ プレミオールの特徴です。

また、皮脂やニオイを抑えるために7種のハーブエキスを厳選し、髪の毛の構成タンパク質でもあるコラーゲンを導入して補修をサポートしてくれます。

ラサーナ プレミオールの評価
無添加
(4.5)
安全性
(4.5)
保湿
(5.0)
オイル
(5.0)
総合評価
(4.5)

haru黒髪スカルプ・プロ

haru黒髪スカルプ・プロ
ポイント
  1. 低刺激なアミノ酸系シャンプー
  2. 高保湿で頭皮と髪に潤いを与える
  3. アンチエイジングに特化
  4. 100%天然由来成分
  5. 育毛成分キャピキシル配合
CHECK
40代のハリ・コシが気になる年代におすすめのシャンプーで、アンチエイジングや育毛成分のキャピキシルを配合しているのが特徴です。

厳選したオイルと保湿成分が無添加であることを引き立ててくれるので、無添加シャンプーに悩んだらこのシャンプーをえらんでおけば間違いありません。

haru黒髪スカルプ・プロの評価
無添加
(4.5)
安全性
(4.5)
保湿
(4.5)
オイル
(4.5)
総合評価
(4.5)

無添加シャンプーの特徴は頭皮・髪に優しいという点!

無添加シャンプーがなぜ人気になってきているのかというと、無添加の特徴である頭皮・髪に優しいという点があれば誰しもが納得するでしょう。

実はシャンプーには添加物が配合されていることが多く、それが知らず知らずのうちに頭皮や髪に悪影響を与えている可能性があるのです。

シャンプーに含まれる添加物
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリン酸Na/DEA/DEA/MEA/TEA
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 合成防腐剤
  • 合成香料
  • 合成保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • カチオン界面活性剤
  • 鉱物油
  • 動物性油脂
  • エタノール
  • キレート剤

これらはそれぞれでどのような悪影響を与えるのかは別ですが、総じて無いほうが安全で安心できるということには変わりありません。

健康で自然な髪を手に入れたいということであれば、シャンプーが無添加であることは必須のことと言っても良いでしょう。

無添加シャンプーの成分からの見極め方!成分表示を見て確認する!

無添加シャンプーであるかそうでないかを成分で見極めるには成分表示を見て添加物が含有していないか確認するしか方法はありません。

ただし、添加物を覚えるのは手間ですし、いちいちシャンプーの成分表示とにらめっこをするのは正直面倒ですよね。

無添加シャンプーの場合はパッケージを見て無添加だとわかるように記載されていることが多いので参考にしてみるといいかもしれません。

シャンプー執事

最低でも石油系界面活性剤(ラウリル硫酸・ラウレス硫酸・スルホン酸)が配合されていないものを選ぶようにしよう!

無添加シャンプーの効果!頭皮・髪の自己回復力の増進

無添加シャンプーを使うことによってどのような効果が期待できるのかという点も気になることかと思います。

1.頭皮・髪の自己回復力を増進

無添加シャンプーの効果の1つとして頭皮・髪の自己回復力を増進させるというものがあります。

添加物が刺激となり頭皮が荒れてしまう、乾燥しやすくなってしまうといった負のサイクルを回している人も少なくありません。

しかし、無添加シャンプーを選ぶことによって頭皮や髪が持つ自己回復力を高めることができるのです。

2.血行促進作用

無添加シャンプーの効果として血行促進作用があります。

添加物によって頭皮環境が悪化すると乾燥や血行不良を起こしてしまい、髪の毛に栄養が送られにくくなってしまいます。

しかし、無添加シャンプーによって乾燥や血行不良を予防することによって、髪の毛に栄養を送ることができるようになり、健康な髪を手に入れることができるようになるでしょう。

そうすると抜け毛を減少させるなど薄毛予防にも期待することができるようになります。

無添加シャンプーのメリット・デメリット!肌に優しいが価格が高くなってしまう!

無添加シャンプーはメリットが多いですが、デメリットもあるので理解しておく必要があるでしょう。

では、どのような点がメリット・デメリットになるのかまとめていきます。

無添加のメリット
  • 頭皮に優しく低刺激
  • 子どもにも安心して使える
  • 乾燥予防ができる
  • 環境にも優しい

無添加なシャンプーだと刺激が少ないので子どもでも使えるというメリットがあります。

また、乾燥を防ぐことができるので乾燥肌の人にはうってつけです。

無添加のデメリット
  • 価格が高い
  • オイリー肌だと汚れが取り切れないことがある
  • 髪がきしむ、ごわつくことがある

添加物は安価で大量生産が可能なので、無添加シャンプーとなるとどうしても価格が高くなりがちです。

また、洗浄力が穏やかなものになるので、生まれつきオイリー肌タイプの人は普段の洗い方では皮脂汚れを取り切れないこともあります。

低品質の無添加シャンプーに限っては、シリコンの代用成分がないので髪がきしむ、ごわつくといった症状が出てしまうこともあるでしょう。

無添加シャンプーが合う人・合わない人!敏感肌や乾燥肌の人は選ぶべき!

無添加シャンプーが合う人もいれば合わない人もいるので、自分がどのようなタイプかを客観的に判断してみるといいかもしれません。

では、無添加シャンプーが合う人・合わない人を見ていきましょう。

無添加シャンプーが合う人
  • 敏感肌・乾燥肌の人
  • 子どもと同じシャンプーを使う人
  • 抜け毛や薄毛が気になる方
  • 安全性の高いシャンプーが使いたい人

無添加だと刺激性も低くなるので敏感肌や乾燥肌の人にはぜひ使って欲しいシャンプーです。

また、子どもにも安心して使えますし、正常なサイクルで髪の毛を育てることにも期待ができます。

無添加シャンプーが合わない人
  • オイリー肌タイプの人
  • 値段が高いシャンプーは使いたくない人
  • 整髪料を多用する人

オイリー肌タイプや整髪料を多用する人にとっては洗浄力が物足りなくなってしまうので、その場合に限り洗浄力が強めのシャンプーを選ぶのが無難です。

また、品質よりも値段を重視しているのであれば無添加シャンプーは向いていないと言えるでしょう。

シャンプー執事

基本的に品質の良い無添加シャンプーは誰でもおすすめだし使って欲しいシャンプーだよ!自分に合った無添加シャンプーを探してみてね!!