ロング(女性)におすすめのシャンプーランキング!

女性に多い髪型で男性からも人気なロングヘアですが、長くてきれいな髪の毛を維持するためにはシャンプーにも気をつけなくてはいけません。

では、いつまでもハリ・ツヤのあるササラなロングをキープするためにはどのようなシャンプーを選べば良いのでしょうか。

今回はロングの女性のためのシャンプーの選び方とおすすめランキングを紹介していきます。

ロングにおすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

ロングヘアは髪が長い分、ハリ・コシをキープするのが難しいと言われています。

紫外線やパーマカラーなどによってダメージをうけるだけでなく、低品質なシャンプーによっても髪の毛は傷んでしまうからです。

では、どのようなシャンプーがいいのかということになりますが、3つのポイントを意識したシャンプー選びをしましょう。

3つのポイント

  1. 髪を傷めない洗浄成分
  2. ハリ・コシをキープしてくれる成分が含まれている
  3. 毛髪補修成分が含有されている

ロングの場合「どれだけ髪を傷めずにハリ・コシをキープできるか」にかかっているので、上記3つのポイントを抑えたシャンプーがおすすめです。

では、それぞれのポイントについて詳しくみていきましょう。

1. 髪を傷めない洗浄成分

きれいなロングを保つためには髪をなるべく傷めないようにケアをすることが大切です。

市販シャンプーに含まれる洗浄成分は大半が高級アルコール系と呼ばれる成分で、洗浄力が強く髪の毛を保護するキューティクルを剥がしてしまう場合があります。

そうすると髪の毛の傷みが早くなってしまうので、髪を傷めない優しい洗浄力のシャンプーを選ぶようにしましょう。

髪を傷めない洗浄成分としてアミノ酸系シャンプーがあります。

アミノ酸成分一例
  • ココイル系
  • ラウロイル系
  • ベタイン系
  • メチルアラニン系
  • サルコシン系

アミノ酸系シャンプーはノンシリコンである場合が多く、使い始めはきしみが気になってしまいますが、使い続けていることで自然でなめらかな髪通りになるでしょう。

アミノ酸系シャンプーと書かれていたとしても洗浄力の強い高級アルコール系や石鹸系の成分が含まれているアミノ酸系シャンプーは避けるようにしてください。

2. ハリ・コシをキープしてくれる成分が含まれている

ロングヘアはハリ・コシがなくなってしまうとペタッとなってしまい薄毛に見えがちなので注意が必要です。

そのため、ハリ・コシをキープしてくれる成分が含まれているシャンプーを選ぶのが望ましいでしょう。

では、ハリ・コシをキープする成分はどういったものなのかというと以下の成分があげられます。

ハリ・コシキープ成分
  • アミノ酸群
  • 加水分解シルク
  • 保湿成分(リピジュア・コラーゲン・ヒアルロン酸など)
  • 育毛成分(キャピキシル・ヘマチン・センブリエキスなど)
  • 天然由来エキス(ビワ葉・チョウジなど)

髪のハリやコシをキープするためには髪の毛の栄養となる成分が必要で、上記の成分は一例としてあげることができます。

特に保湿は頭皮環境を整えて健康的な髪の毛を成長させるためには必要なので、ロングヘアの人にとっては非常に重要な成分と言えるでしょう。

MEMO
洗浄成分として含有されるアミノ酸と髪の栄養として含有されるアミノ酸は少し種類が違います。

アミノ酸自体頭皮・髪に優しい成分ということを覚えておくと良いかもしれませんね。

3. 毛髪補修成分が含有されている

髪の毛を伸ばせば伸ばすほど毛先が傷む機会が増えてしまうので、毛髪を補修する成分が含有されているシャンプーを選ぶことをおすすめします。

毛髪補修成分は保湿としての機能を持っているものもあるので、サラツヤなロングヘアを目指すのであれば欠かせないポイントといっていいでしょう。

毛髪補修成分
  • ペリセア
  • コラーゲン
  • ヘマチン
  • 植物オイル(アルガン・ツバキ・ヒマワリなど)

毛髪成分の中でも特にペリセアと呼ばれる成分は約1分で髪の毛内部に浸透して補修をしてくれる非常に優れた成分です。

ペリセアは別名ジラウロイルグルタミン酸リシンNaと呼ばれているので、成分表示にペリセアが含有されているか確認してみるのも良いでしょう。

シャンプー執事

髪の毛は一度ダメージを受けてしまうと元には戻らないので、毛髪補修成分でダメージを軽減させていくことが大切だよ!

ロングにおすすめのシャンプーを比較!

ロングの髪型のひとのためのシャンプーの選び方は理解してもらえたところで、市販されているシャンプーを探してみてもなかなかいいものがみつからないかと思います。

それだけ市販されているものには低品質なシャンプーが多いのです。

そこで、当サイトではわかりやすいように市販されているシャンプーと品質の良いシャンプーを13種類ピックアップして先ほどの3つのポイントを比較してみました。

洗浄力 ハリ・コシ成分 毛髪補修成分
ハーブガーデン 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ラサーナ プレミオール 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 丸
haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ルメント 穏やか
(アミノ酸系)
丸 三角
クイーンズバスルーム 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 丸
アスロング オーガニックシャンプー 強め
(高級アルコール系)
丸 丸
わたしのきまり 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 三角
守り髪 少し強め
(アミノ酸系)
丸 丸
ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
(アミノ酸系)
三角 丸
ボタニスト 少し弱め
(アミノ酸系)
三角 三角
TSUBAKI 強め
(高級アルコール系)
三角 三角
ビオリス 強め
(高級アルコール系)
三角 三角

CMやドラッグストアへいくと必ず見かけるシャンプーは比較的安価で馴染みのあるシャンプーですが、成分を見ると決してロングヘアにおすすめできるものではありません。

人気だから安価だからということでシャンプーを選ぶのではなくしっかりと品質を見極めて購入するようにしましょう。

ロングにおすすめのシャンプーランキング!

結局、ロングヘアにおすすめのシャンプーは一体どれなのかてっとり早く知りたいという人もいるかと思います。

そこで、先ほどのポイントを基にしてロングにおすすめできるシャンプーをランキングにしましたので参考にしてみてください。

haru黒髪スカルプ・プロ

haru黒髪スカルプ・プロ

ポイント
  1. 髪に優しいアミノ酸系シャンプー
  2. 育毛成分キャピキシル配合
  3. 33種類のアンチエイジング成分含有
  4. 毛髪補修成分もたっぷり含有
  5. 40代以降の女性におすすめ
CHECK
haru黒髪スカルプ・プロは髪に優しいアミノ酸系の洗浄成分をメインにしたシャンプーで、育毛成分であるキャピキシルが配合されています。

33種類のアンチエイジング成分には保湿・補修にも効果的な成分が含まれているので、サラツヤロングを目指す、ハリ・コシが無くなる40代以降の女性の髪にうってつけです。

haru黒髪スカルプ・プロの評価
洗浄成分
(4.5)
ハリ・コシ成分
(5.0)
毛髪補修成分
(5.0)
値段
(4.5)
総合評価
(4.5)

ハーブガーデン

ハーブガーデン
ポイント
  1. アミノ酸の優しい洗浄成分
  2. ボタニカルなハリ・コシキープ成分含有
  3. 天然由来エキスが優しく毛髪補修
  4. 天然由来100%で無添加
  5. オーガニックハーブウォーター厳選使用
CHECK
ハーブをメインにボタニカルの成分にこだわって作られたシャンプーがハーブガーデンです。

オーガニックハーブを厳選使用してボタニカルのちからを存分に引き出して頭皮の健康やサラツヤ髪のキープに役立ってくれます。

ハーブガーデンの評価
洗浄成分
(5.0)
ハリ・コシ成分
(4.5)
毛髪補修成分
(4.5)
値段
(4.5)
総合評価
(4.5)

ボタニカル ベルタシャンプー

ボタニカル ベルタシャンプー
ポイント
  1. アミノ酸+酵素の力で髪を優しく洗い上げる
  2. ハリ・ツヤに良い成分贅沢使用
  3. 毛髪補修成分もたっぷり配合
  4. 78種類の成分配合数
  5. こだわりの無添加なので安心安全
CHECK
業界最大級である78種類の成分配合数を誇るボタニカル ベルタシャンプーはハリ・ツヤ・毛髪補修に期待できる成分もたっぷりと含まれているのが特徴です。

ロングヘアをキープしたい人に必要な成分を網羅的に配合してはいますが、値段が少し高くついてしまうのでお財布に余裕がある方におすすめと言えるでしょう。

ボタニカル ベルタシャンプーの評価
洗浄成分
(4.5)
ハリ・コシ成分
(5.0)
毛髪補修成分
(5.0)
値段
(3.5)
総合評価
(4.5)

サラツヤなロングをキープするためのシャンプー以外の4つの対策法

ハリ・コシのあるサラツヤロングを目指したいのであれば、頭皮・髪に優しいシャンプーを選ぶのはもちろんですが、それ以外にも対策をする必要があります。

今回は4つの対策法を紹介しましょう。

サラツヤロング対策法
  • 毛先を定期的にカットする
  • 髪の毛を結ぶ際はきつくしすぎない
  • 濡れた髪でブラッシングや摩擦を与えない
  • 洗い流さないトリートメントで髪をコーティング

これらの対策法を用いることであなたの目指している美しいロングヘアに近づくことができるので、手間だと感じても実践するようにしましょう。

では、それぞれの対策法についてみていきたいと思います。

1. 毛先を定期的にカットする

髪の毛を伸ばしていくうえで、毛先というのはどうしてもダメージを受けやすく枝毛や切れ毛といった状態が起こる場合があります。

その状態になってしまうといくら補修をしてもキレイなロングになることは難しいので、定期的に毛先をカットするのがおすすめです。

傷んだ毛先を定期的にカットすることで常にキレイな毛先をキープすることができるので、サラツヤなロングにすることができるでしょう。

2. 髪の毛を結ぶ際はきつくしすぎない

ロングになると髪の毛を束ねることも多いですが、きつく結んでしまうと毛根から引っ張られて頭皮に負荷がかかってしまいます。

頭皮に負荷がかかると新しく生えてくる髪の毛に影響してしまうので、髪の毛を結ぶ際はある程度ゆるく結んで頭皮に負荷がかからないようにしましょう。

3. 濡れた髪でブラッシングや摩擦を与えない

髪が濡れた状態になると髪の毛の表面を保護する役割のキューティクルが開きダメージを受けやすい状態になってしまいます。

その状態でブラッシングやタオルでごしごしと拭いてしまうと、髪が傷む原因になるので気をつけなくてはいけません。

できるだけ濡れた状態でいることを少なくするため、シャワーをした後はタオルドライをしてドライヤーで髪を乾かすようにしましょう。

シャンプー執事

ドライヤーの噴出口は100℃近くになるのでできるだけドライヤーは離して使おう!!

4. 洗い流さないトリートメントで髪をコーティング

シャンプーに含まれる成分だけではサラツヤのロングになることは正直のところ難しいです。

そのため、洗い流さないトリートメントを使用して髪の乾燥対策をするのが良いでしょう。

洗い流さないトリートメントであれば髪を乾かした後や外出時、乾燥を感じたときにサッと使うことができるのでおすすめです。

ロングの髪型の特徴!大人っぽい雰囲気で女性らしさを演出!

ロングヘアは女性らしさを引き出すために向いている髪型といえます。

それ以外にもロングヘアの特徴があるのでまとめてみましょう。

ロングの特徴
  • 髪がキレイだとそれだけで魅力的に見える
  • 髪を降ろすとサイドのフェイスラインが隠れて小顔効果
  • 毛先カールやふんわり仕上げるとエレガントさを演出できる

髪が長い分サラツヤでハリコシのある髪の毛をキープできていると、それだけで魅力的に見えてしまうのはロングならではの特徴です。

また、髪を降ろすことでサイドのフェイスラインを隠すことができるので小顔効果を狙うこともできます。

ロングの髪型が似合うタイプの顔・体型はある?長身の方はおすすめ!

ロングの髪は全体のバランスにもなりうるので、体型によっては似合いやすいのが左右されてしまいます。

基本的にロングに似合わない顔のタイプというのはありませんので、体型や首の長さによって決めるのも方法の一つです。

ロングの髪型が似合う体型
  • 長身でスリムな人
  • 首が短い人
  • 髪の毛が細めの人

長身モデルの方を見てみるとロングヘアをしている人も多く、ばっちり似合っていると感じることも多いでしょう。

また、髪が長いと縦の線が強調されるので、ぽっちゃりした体型だと少しシルエットバランスが崩れてしまうのでスリムな人の方がロングは似合います。

首が長い人はシルエットが縦長な印象を与えてしまうので、首が短い人の方がロングには優れているでしょう。

それ以外にも髪の毛が細く柔らかいほうがロングにしても重たいイメージを与えずふんわりと仕上がるのでおすすめです。

ロングの髪型は男性からの人気はある?王道スタイルだからこそ人気!

女性というと髪が長いイメージがあるからこそ、ロングの髪型は男性からの人気が絶大的にあります。

サラサラでツヤのあるストレートロングであったり、ふんわりとカールしたかわいさを強調できるロングであったりと、ただロングなだけではなく美しさがあるから人気なのでしょう。

男性から人気な美しいロングヘアを保つためにはロングヘアに合ったシャンプーの使用や日々のケアが大切なので、しっかりと髪のことを考えた生活をしていきましょう。