海外旅行での注意点!シャンプーには機内持ち込みの基準がある!

海外旅行に行く時に、知らないと困るのが機内持ち込みの基準です。

比較的ルールがゆるい国内線とは違って、国際線は手荷物として持ち込むのに制限されるものがあります。

そのうちのひとつがシャンプー。

基準を守らずそのまま手荷物へ入れてしまった場合、出発前に没収されてしまう可能性も。

そこで今回はシャンプーを機内持ち込みする方法や、基準の内容についてご説明しますね。

シャンプーを機内持ち込みする方法

シャンプーはどうやって機内持ち込みすれば良いのでしょうか。

  • 国際線
  • 国内線
  • お土産として免税店で購入する場合

以上3つのパターンについてご説明しましょう。

国際線の場合

シャンプーなどの液体を手荷物として機内持ち込みする場合、国際的な基準が2つあります。

シャンプー持ち込みの基準
  1. 100ml(100g)を超える量は手荷物に入れられない。
  2. 縦20cm×横20cm以下の、透明プラスチックでチャック付きの袋に入れる必要がある。

大きいボトルのシャンプーは、100ml以下のボトルに詰め替えましょう。

そして詰め替えたボトルはチャックのついた透明な袋に入れます。袋は一人一袋まで持ち込みできます。

もし袋に入っていなければ、ボトルの容量を守っていたとしても没収です。

マチ付きの袋は容量オーバーになるので、使用できません。

このような詰め替え用ボトルやチャック付きの透明な袋は、100円均一で手に入ります。

コンビニなどにも置いてあるので、旅行前に用意しておきましょう。

国内線の場合

日本の場合、国内線の基準はそれほど厳しくありません。

500ml以下、0.5kg以下なら飛行機の中へ持ち込みできます。

500mlを超える大きなボトルを使っている場合、前もって詰め替えしておきましょう。

アメリカなど一部海外では、国内線でも国際線と同じ機内持ち込みの基準があります。

海外で国内線を使う場合は取り扱いを確認しておきましょう。

免税店で購入した場合

出国手続きが終わったあとに、お土産として空港の免税店で買ったシャンプーなどの液体類は機内に持ち込めます。

ただし途中で乗り継ぎする場合は注意が必要です。

飛行機に乗るタイミングで、機内持ち込みの基準がもう一度適用されます。

つまり100ml以下で20×20cm以下の袋に入っていなければ没収されます。

ヨーロッパなど一部の国ではSTEBsという制度を取り入れており、次の3つに当てはまれば空港内の免税店で買ったお土産のみ許可する場合も。

一部の国で適用される乗り換え時の機内持ち込み基準
  1. 密封式のビニール袋に入っている。
  2. 開封されていない。
  3. レシートが中に入っている。

STEBsが適用された国なら、空港内の免税店でシャンプーをはじめとした液体類を買っても問題ありません。

しかし、これはあくまで一部の国での取り扱いです。適用されるかどうかは、乗り継ぎの際に免税店のスタッフに確認しましょう。

機内持ち込みせずにシャンプーを海外へ持って行く方法

シャンプーを飛行機の中で使うことはありません。

もしスーツケースをチェックインカウンターで預ける予定なら、その中に入れましょう。

500ml、0.5kgまでのサイズなら、ボトルのままでも持っていけます。

スーツケースの中でこぼれると処理が大変なので、ボトルのキャップを閉めてビニール袋へ入れておくと良いでしょう。

機内持ち込みできないものとは?

飛行機に乗るときには、液体の持ち込みに制限があります。

お茶など飲み物はもちろん、意外なものも制限に引っかかります。

  • 醤油、味噌、ソース
  • ピーナッツバター、ジャム、チョコクリーム
  • フルーツの缶詰
  • プリン、ヨーグルト、ゼリー
  • はちみつ、マーガリン
  • シャンプー、リンス、トリートメント
  • 歯磨き粉
  • ヘアクリーム、ハンドクリーム
  • ローション、オイル
  • 化粧水、乳液、美容液
  • ジェル状のリップ
  • 香水
  • 洗顔フォーム、メイク落とし

ここに挙げたものは一部です。これら以外にも、何かの容器に入れないと形を保てないものは液体として扱われます。

意外に感じるかもしれませんが、水分量の多いプリンなどの食べ物も液体扱いです。

必要なものを厳選して、100ml以下のボトルに詰めてチャックのついた袋に入れましょう。

なぜ機内持ち込みの基準があるの?

機内持ち込みの基準があるのはテロ対策のためです。

万が一狭い飛行機の中でテロが起きた場合、どこにも逃げ場がありませんよね。

そのため当然、見るからに危険な火薬などの爆発物は持ち込めません。

しかし一見すると無害な液体でも、混ぜると化学反応を起こす危険性も。

実際に過去イギリスで液体を使った爆破テロ未遂が起きたため、国際的な基準として機内持ち込みのルールが定められました。

まとめ:シャンプーを機内持ち込みするなら基準を守ればOK

シャンプーを国際線で機内持ち込みするなら、次の基準を守りましょう。

シャンプーを機内持ち込みするためのルール
  • 100ml以下の容器に入れる。
  • その容器を、縦20cm×横20cm以下の透明でチャック付きの袋に入れる。
容器も袋も100円均一などで購入できます。

シャンプーは機内で使うタイミングはありません。大きなスーツケースを預ける予定があるなら、そちらに入れてしまうのも良いでしょう。

日本の国内旅行なら特に気にする必要はありません。

海外の国内線を使ったり乗り継ぎしたりする場合は、それぞれの国で基準が違います。前もってチェックしておきましょう。