乾燥肌な人におすすめのシャンプーランキング&原因と対策!

肌がカサカサしやすい乾燥肌タイプというのは実は頭皮にとっても同じことが言えます。

頭皮が乾燥肌タイプの人は、よりシャンプーを自分に合ったものを使う必要があるでしょう。

そこで、今回は乾燥肌な人におすすめのシャンプーをランキング形式で紹介していきたいと思います。

シャンプー執事

市販されているシャンプーは乾燥肌に合わないものばっかりだから注意が必要だよ!

乾燥肌な人におすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

乾燥しやすい頭皮というのはフケが発生しやすいだけでなくダメージを受けやすいタイプと言えるでしょう。

刺激に敏感になってしまうからこそシャンプーは品質がよく頭皮・髪に優しいものを選んでほしいです。

乾燥肌の方にとっておすすめのシャンプーのポイントは主に3つあります。

3つのポイント

  • 洗浄成分が頭皮に優しい
  • 保湿成分が多く含まれている
  • 無添加である

この3つのポイントを抑えることによって乾燥肌であったとしても頭皮・髪に潤いを保ち美髪へのサポートをすることができるでしょう。

では、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

1. 洗浄成分が頭皮に優しい

乾燥肌の方にとって刺激が強いものというのは使うことを避けなければいけません。

特に市販されているシャンプーの洗浄成分は刺激が強く乾燥肌の方に合わないことが多いです。

そのため、洗浄成分が頭皮に優しい「アミノ酸系シャンプー」をおすすめします。

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が穏やかで刺激も低いので、乾燥肌の方にうってつけの洗浄成分と言えるでしょう。

アミノ酸系成分
  • ココイル系
  • メチルアラニン系
  • ベタイン系

アミノ酸の洗浄成分が含有されているかどうかは、成分表示に以上の成分が含まれているかどうかを判断基準にしてください。

2. 保湿成分が多く含まれている

頭皮が乾燥しているということは保湿を怠ってはいけないということは誰しもが理解しているでしょう。

しかし、シャンプーに含まれている保湿成分にもこだわる人が少ないので、乾燥肌だと自覚しているのであればシャンプーにも保湿成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

保湿をすることによって洗浄成分によって洗い流された皮脂のカバーができ、潤いを保つことができます。

保湿成分としてはヒアルロン酸やコラーゲン、リピジュアなどをはじめ、アルガン・ツバキなどの植物オイルなどシャンプーによって様々です。

頭皮が乾燥肌タイプの人はできるだけ保湿成分が多く含有しているシャンプーを選ぶようにしましょう。

3. 無添加である

洗浄成分以外にも添加物は頭皮にとって刺激となってしまうので、できるだけ取り除かれたシャンプーのほうが頭皮に優しいシャンプーといえます。

シャンプーに含まれている添加物は以外にもたくさんあり、以下の添加物には気をつけなくてはいけません。

悪影響のある添加物例
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリン酸Na/DEA/DEA/MEA/TEA
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 合成防腐剤
  • 合成香料
  • 合成保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • カチオン界面活性剤
  • 鉱物油
  • 動物性油脂
  • エタノール
  • キレート剤
  • 安いからといって成分表示を見ないでシャンプーを選んでいると、以上の添加物が含まれていることも知らずに使用を続け、結果的に炎症や抜け毛の原因になってしまうので注意が必要です。

    シャンプー執事

    無添加シャンプーはなかなか見つけるのは難しいのが現状だね!

    乾燥肌な人におすすめのシャンプーを比較!

    乾燥肌の人にとってどのようなシャンプーを選べば良いのかポイントを理解すると、成分表示を見るのが一番だということがわかるはずです。

    しかし、だからといって数あるシャンプーの中から成分表示を1個ずつみるのは一筋縄ではいかないでしょう。

    そこで、当サイトの判断で品質と人気を評価して13種類のシャンプーに厳選させていただきましたので、先ほどのポイントを基に比較表をつくりました。

    洗浄力 保湿成分 無添加
    ハーブガーデン 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ラサーナ プレミオール 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 二重丸
    ルメント 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 三角
    クイーンズバスルーム 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    アスロング オーガニックシャンプー 強め
    (高級アルコール系)
    丸 三角
    わたしのきまり 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 二重丸
    守り髪 少し強め
    (アミノ酸系)
    丸 丸
    ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
    (アミノ酸系)
    三角 丸
    ボタニスト 少し弱め
    (アミノ酸系)
    三角 三角
    TSUBAKI 強め
    (高級アルコール系)
    三角 バツ
    ビオリス 強め
    (高級アルコール系)
    三角 バツ

    品質が良く人気のあるものは洗浄力・保湿・無添加とすべてにおいて信頼できることが比較表からわかります。

    もし、数ある中からさらに自分にあったものを調べたいということであれば、この13種類の中から選ぶのが良いでしょう。

    乾燥肌な人におすすめのシャンプーランキング!

    厳選した13種類のシャンプーといえど、まだ種類は多く絞りきれないという方も少なくないかも知れません。

    そこで、13種類からさらに3つに絞ってシャンプーランキングを紹介しますので、どれが良いのかわからない、てっとり早くおすすめが知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

    ハーブガーデン

    ハーブガーデン
    ポイント
    1. アミノ酸とボタニカルの優しい洗浄力
    2. 高保湿成分が乾燥肌を守る
    3. 無添加で低刺激
    4. オーガニックハーブウォーター厳選使用
    5. 東大博士号取得の博士と開発
    CHECK
    ハーブが持つ洗浄成分や保湿成分をベースにして作られたシャンプーがハーブガーデンです。

    ボタニカル成分100%で無添加なので頭皮・髪に優しく乾燥肌な方にはこのシャンプーを使えば間違いありません。

    ハーブガーデンの評価
    安全性
    (5.0)
    保湿性
    (5.0)
    無添加
    (4.5)
    使い心地
    (5.0)
    総合評価
    (5.0)

    ボタニカル ベルタシャンプー

    ボタニカル ベルタシャンプー
    ポイント
    1. アミノ酸と酵素の力で汚れを優しく落とす
    2. 保湿・補修成分をたっぷり配合
    3. 13の無添加で安全安心
    4. 天然由来100%
    5. アンチエイジング成分も厳選含有
    CHECK
    業界最大級である78成分を含んだシャンプーがボタニカル ベルタシャンプーで、アミノ酸系とボタニカル、さらに酵素の力で頭皮を優しく丁寧に洗い落とします。

    保湿・補修・アンチエイジング成分をたっぷりと含んでいるので、乾燥肌で40代以降の女性に特におすすめです。

    ボタニカル ベルタシャンプーの評価
    安全性
    (4.5)
    保湿性
    (4.5)
    無添加
    (5.0)
    使い心地
    (4.5)
    総合評価
    (4.5)

    クイーンズバスルーム

    クイーンズバスルーム
    ポイント
    1. アミノ酸系で頭皮・髪に優しい
    2. 高保湿で頭皮・髪に潤いを与える
    3. 家族で使えるほどの安全性
    4. 5日間お試しセットあり
    5. くせ毛の方に特におすすめ
    CHECK
    美容液に用いられる高級保湿成分をふんだんに使用しているクイーンズバスルームは、頭皮に優しく乾燥肌の人におすすめできるシャンプーの1つです。

    特に年齢を重ねるに連れてくせ毛がひどくなってきたという方は、このクイーンズバスルームの持つ力を実感してほしいです。

    クイーンズバスルームの評価
    安全性
    (4.5)
    保湿性
    (5.0)
    無添加
    (4.5)
    使い心地
    (4.0)
    総合評価
    (4.5)

    シャンプーの種類別乾燥肌への効果!

    乾燥肌タイプの頭皮にはアミノ酸系シャンプーがおすすめという話をしましたが、それ以外にどのような種類のシャンプーがあるのか気になる人もいるでしょう。

    現在シャンプーには「アミノ酸系・高級アルコール系・石鹸系」の3種類あり、それぞれで洗浄力や刺激の強さなど違いがあります。

    洗浄力 刺激 安全性
    アミノ酸系
    高級アルコール系
    石鹸系

    この表からもわかるようにアミノ酸系シャンプーは刺激性が少なく安全性も高いので乾燥肌タイプにはおすすめです。

    では、アミノ酸系も含めてそれぞれのシャンプーが乾燥肌の人にどのような影響を及ぼすのかについて見ていきましょう。

    アミノ酸シャンプー

    乾燥肌の方というのは洗浄成分が強いことによって頭皮をさらに乾燥させてしまいがちなので、洗浄力の穏やかなアミノ酸系シャンプーはまさにうってつけといえます。

    ただし、洗浄力が穏やかな分汚れをとりきれない部分もあるので、アミノ酸+ボタニカル成分で洗浄力をカバーするシャンプーがおすすめです。

    注意
    アミノ酸系シャンプーと表記がされていても高級アルコール系や石鹸系の成分が含まれている可能性があります。

    高級アルコール系や石鹸系は乾燥肌の人にはおすすめできないので成分表示をしっかりみて選ばないようにしてください。

    高級アルコールシャンプー

    高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強く刺激性も高いので乾燥肌の人が使うとダメージを受けやすく一番選ぶべきではないシャンプーと言えるでしょう。

    市販されているシャンプーの多くはこの高級アルコールが含まれているのですが、選ばれる理由として洗浄力が高い割に非常に安価で入手することができるからです。

    これは乾燥肌の人にとってメリットでもなんでもないので、高級アルコールシャンプーは選ばないことをおすすめします。

    MEMO

    高級アルコールは高級という名前がついていますが、分子の大きさという意味なので品質が高いというわけではありません。

    高級だからといって頭皮に良いというわけではないので勘違いしないようにしましょう。

    石鹸シャンプー

    石鹸シャンプーは高級アルコール系に比べると洗浄力は抑えめで、刺激も少ないのが特徴です。

    ただし、乾燥肌の人にとっておすすめできるのかというと疑問が残るところなので、やはりアミノ酸系シャンプーを選ぶべきでしょう。

    高級アルコール < 石鹸 < アミノ酸 という順番で乾燥肌の人におすすめなので覚えておいてください。

    乾燥肌になってしまう原因と対策!

    生まれつき乾燥しやすいタイプの方もたくさんいますが、生活習慣によって乾燥しやすくなってしまう方も多いです。

    そのため、乾燥肌になってしまう原因をしっかりと見つめ直してシャンプー以外にできる対策を行っていきましょう。

    乾燥肌になってしまう原因

    乾燥肌になってしまう原因というのは頭皮にダメージを与えてしまい蓄積されてしまうことによります。

    では生活習慣の中で頭皮にダメージを与えてしまうのはどういったものがあるのでしょうか。

    乾燥肌の原因
    • 度重なるカラーやパーマ
    • シャンプーのしすぎ
    • 熱い温度で髪を洗っている
    • 紫外線によるダメージ
    • 暖房・冷房の風による乾燥

    頭皮にダメージを与える原因で有名なのがパーマやカラーのしすぎです。

    しかし、それ以外にもシャンプーの頻度が多い、髪を洗う温度が高いなど直接的にシャンプーに関わることが原因の場合もあります。

    また、暑いから・寒いからといってエアコンを使うことで、送風が頭皮の潤いを不足させてしまうのも乾燥を促してしまう落とし穴です。

    乾燥肌の対策

    先ほどの原因によって起こる乾燥肌であれば、生活習慣を見直すことで対策をすることができます。

    乾燥肌の対策
    • パーマ・カラーは数ヶ月に一度に抑える
    • シャワーは1日1回
    • シャワーの温度は37~40℃
    • 外出するときは帽子をかぶる
    • 暖房・冷房は適切な温度で直接風に当たらない

    女性にとってパーマやカラーはアクセントになるため1ヶ月に1度は行う人も多いですが、頭皮にダメージが蓄積されやすいので数ヶ月に1度抑えるようにしましょう。

    また、シャワーは1日1回に抑え、温度は37~40℃のぬるま湯で洗うことで乾燥を予防することができます。

    暖房や冷房は直接風にあたってしまうことで乾燥を加速させてしまうので、なるべく当たらないようなところで厚着をするなどの対策がおすすめです。

    シャンプー執事

    頭皮に潤いが保てれば髪の健康も保てるから実践してみてね!