海外のまつげ美容液で人気があるのはどれ?注目の5つをご紹介!

日本のメーカーが用意しているまつげ美容液もたくさん販売されていますが、実は海外製も注目を集めているんです。
セレブたちも愛用している海外のまつげ美容液は、日本のものより効果が高いと言われることも。
今回は、その中でも特に日本人から人気があるものを5つ選びました。
どれも個性的なものばかりなので、メリットとデメリットをしっかりチェックしてから手に入れてくださいね。

1.ディオールショウマキシマイザー3D

ディオールショウマキシマイザー3D
化粧品でもおなじみの、ディオールから発売されているディオールショウマキシマイザー3D。
フランス製で、値段は税込で4428円です。
他のまつげ美容液と違って、マスカラの前に使うベースとしても使えます
これを塗ってからマスカラをつけると、ふさふさのまつげになれますよ。
まつげのボリュームをアップさせたい人から人気がありますね。
マスカラベースに美容液をプラスしたものなので、いつものメイクをしながらまつげもケアできるという手軽さも良いところです。

    メリット

  • マスカラベースとしても優秀
  • まつげが増えたと実感できた人が多い
    デメリット

  • 美容液としての効果を感じにくかった人も
  • 白っぽく残りやすい

2.リバイタラッシュアドバンス

リバイタラッシュアドバンス
アメリカのリバイタラッシュが販売している、筆タイプのまつげ美容液です。
リバイタラッシュは、30年以上眼科医として働いていた夫が、妻のために作ったことが始まりでした。
眼科医の妻はガンに侵されていて、治療を続けていました。しかし、副作用のせいかまつげが弱ってしまい、チャームポイントだった目元の印象が変わってしまったのです。
それを夫がかわいそうに思ったことがきっかけとなって、リバタイラッシュのまつげ美容液が生まれました。
2mlで税込10584円と高額なのですが、それでも愛用し続けている人も多いですよ。
まつげが増える、濃くなるという声が多いですね。

    メリット

  • まつげが増える、濃くなる効果が高い
  • マツエクと間違えられるほどのボリューム感
  • 抗菌成分が配合されていて美容液内で雑菌が増えにくい
    デメリット

  • 色素沈着したと感じる人が多い
  • 液だれすると目にしみることも
  • 値段が高い

3.ラピッドラッシュ

ラピッドラッシュ
アメリカのベリタスが作っているのは、筆タイプのまつげ美容液。
1.5mlで税込5940円です。
着色料・香料・シリコン・パラベン・界面活性剤の5つが入っていないので、肌が弱い人でも使いやすいつくりです。
実はこのラピッドラッシュ、過去には日本で禁止されている防腐剤が入っていました。
現在では改良されて、日本向けに販売されるものは低刺激になっているので安心ですね。
まつげを濃く長くしつつも、かゆみや刺激が少ないことが特徴です。

    メリット

  • かゆみや充血などが少なめ
  • まつげの密度と長さがアップ
  • 着色料や香料など5つのフリーで肌に優しい
    デメリット

  • 海外製を使うと、やや刺激を感じることもある
  • 色素沈着したと感じる人も少しいる

4.ルミガン

ルミガン
アメリカのアラガンが販売している緑内障治療用の目薬です。
治療薬の副作用として、まつげが伸びる、太くなる、濃くなるという効果があるので、まつげ美容液として使われることも。
購入するためには、病院やクリニックに頼むか自分で探して取り寄せるしかありません。
とにかく成分が強力なことで有名です。その反面、色素沈着したり目がかゆくなったりしやすい傾向に。

    メリット

  • とにかくまつげが伸びる
  • 長さが出てフサフサになれる
    デメリット

  • まつげのボリュームは増えない
  • 色素沈着しやすい
  • 目が赤くなったり痒くなったりすることも

5.ケアプロスト

ケアプロスト
インドのサン・ファーマシューティカルという会社が作っている、ルミガンの後発薬です。
ルミガンと同じ成分が使われているので、まつ育効果は高め。しかし、色素沈着や充血などの副作用もあると言われます。
欧米の商品ではないところをどう考えるかもポイントですが、その分かなり安く手に入れることができます。
こちらは個人輸入するしか手に入れる方法がありません。
そしてネット上には、よく似たニセモノも多く出回っているようです。安すぎると感じる場合、一度疑ったほうが良いでしょう。
信頼できる輸入の業者を探して、くれぐれもニセモノをつかまないように注意してください。

    メリット

  • まつげが伸びる
  • まつげが太く長くなるから、濃く見える
    デメリット

  • まつげのボリュームは変わらない
  • 色素沈着しやすい
  • 充血や目のくぼみを感じる人も

海外のまつげ美容液はメリットとデメリットを考えて購入を!

海外のまつげ美容液は成分が強力なものも多いですが、そのぶんデメリットもあります
良いところだけでなく、悪いところもチェックした上でどれを購入するか考えてくださいね。
そしてそれぞれ、コスメとしても使えるものや、肌への刺激を抑えたもの、多少の副作用には目をつぶってまつ育効果を高めたものなど、その特徴もさまざまです。
どういう効果を重視するかによっても、ぴったりなまつげ美容液は違います。
口コミなども参考にして、あなたにとって最高のものを手に入れてくださいね。