頭皮の保湿におすすめのシャンプーランキング&原因と対策!

スキンケアとして肌の保湿は怠っていないという方でも頭皮の保湿を怠ってしまっている方は多いです。

頭皮というのは肌と同じなので、しっかりと保湿しなければ湿疹や抜け毛の増加などトラブルが起こってしまいます。

そこで今回は頭皮の保湿におすすめのシャンプーをランキングで紹介していきましょう。

シャンプー執事

頭皮に合わないシャンプーは余計に保湿しなければいけないから効率が悪いよ!

頭皮の保湿におすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

頭皮を保湿におすすめのシャンプーは保湿成分以外の点についても見るべきです。

今回は3つのポイントにまとめてみました。

3つのポイント

  1. 保湿成分がたっぷり含まれている
  2. 髪の補修成分も含有されているかどうか
  3. 洗浄成分はアミノ酸系がメインのもの

頭皮の保湿だけではなく頭皮・髪に優しいという点も考慮した上でシャンプーを選ぶようにしましょう。

では、それぞれのポイントについて詳しく説明をしていきます。

1. 保湿成分がたっぷり含まれている

頭皮の保湿をするのであれば保湿成分がたっぷりと含まれているシャンプーを選ぶのは当然といえるでしょう。

では、具体的にどのような成分が保湿成分に含まれるのかということが問題です。

保湿成分は代表的なものであれば植物オイルやヒアルロン酸などが挙げられますが、それ以外にも植物由来のエキスから抽出成分など様々あります。

保湿成分例
  • アルガンオイル
  • ツバキオイル
  • ホホバオイル
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • リピジュア
  • 海藻エキス
  • 植物エキス
  • ダイズエキス

以上の保湿成分は一例で、基本的に天然由来の成分は頭皮にも優しいためおすすめです。

シャンプーは頭皮や髪に付着した汚れを洗い落とすことが目的ですが、保湿成分が配合されているシャンプーは最小限のダメージで済みますので選ぶポイントにしましょう。

2. 髪の補修成分も含有されているかどうか

頭皮の保湿も大切ですが髪の補修成分が含まれていると頭皮・髪ともにうるおいをキープすることができて一石二鳥です。

髪の補修成分はケラチン・ゼイン・ペリセア・ヒアルロン酸などがありますが、天然由来のエキスにも毛髪補修成分が含まれています。

保湿と補修は似ていますが、頭皮だけでなく髪にも潤いを与えられるシャンプーを選ぶようにしましょう。

3. 洗浄成分はアミノ酸系がメインのもの

シャンプーは頭皮・髪に付着した汚れを洗う洗浄成分がメインになってしまうため、どうしても潤いが不足しがちです。

特に洗浄力が強いシャンプーが多く出回っているため、必要以上に保湿が必要になってしまい乾燥やフケの原因にもなってしまいます。

そのため、洗浄力が穏やかで頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーをおすすめします。

アミノ酸系のシャンプーはココイル○○ラウロイル○○といった成分が該当するので参考にしてみてください。

MEMO
アミノ酸系シャンプーの中には洗浄力と刺激性が強い成分(ラウリル硫酸やラウレス硫酸系)が含有していることもあります。

アミノ酸の洗浄成分だけではなく、他の洗浄成分が頭皮に優しい成分であるかどうか確認するようにしましょう。

頭皮の保湿におすすめのシャンプーを比較!

頭皮の保湿におすすめなシャンプーを選ぶポイントは理解してもらえたかと思います。

しかし、実際にシャンプーを選ぼうとなると種類も多く厳選するだけで一苦労です。

そこで、当サイトで人気と品質を判断して13種類のシャンプーに絞って紹介しているので、先ほどのポイントを基に比較をしてみましょう。

保湿 補修 洗浄成分
ハーブガーデン 二重丸 二重丸 アミノ酸
ラサーナ プレミオール 二重丸 二重丸 アミノ酸
haru黒髪スカルプ・プロ 二重丸 丸 アミノ酸
ルメント 二重丸 丸 アミノ酸
クイーンズバスルーム 二重丸 二重丸 アミノ酸
アスロング オーガニックシャンプー 丸 丸 アミノ酸+高級アルコール
わたしのきまり 二重丸 二重丸 アミノ酸
守り髪 丸 丸 アミノ酸+高級アルコール
ボタニカル ベルタシャンプー 二重丸 二重丸 アミノ酸
ディアボーテ(ひまわり) 三角 バツ アミノ酸
ボタニスト 三角 三角 アミノ酸
TSUBAKI バツ バツ 高級アルコール
ビオリス 三角 バツ 高級アルコール

比較をしてみると品質の良いシャンプーがほとんどなので保湿・補修成分は評価が高いものが多いです。

ただし、洗浄力に関しては少し注意が必要で、保湿・補修は良くても洗浄成分が高級アルコール系を使用しているものがあるため刺激が強くなってしまいます。

使用してみて肌に合えばいいですが、保湿のことを考えるのであればアミノ酸系シャンプーの中からどれが自分に合うか考えて選ぶほうが良いでしょう。

頭皮の保湿におすすめのシャンプーランキング!

先ほどの13種類の中から自分なりに比較をするのもいいですが、細かい部分にかんしては先ほどの比較表だけではわからない部分です。

そこで、「頭皮・髪に優しく安全」であることを基にしてさらに頭皮の保湿におすすめのシャンプーをランキングにしてみました。

ハーブガーデン

ハーブガーデン
ポイント
  1. ボタニカル成分が頭皮の保湿をサポート
  2. 髪の補修にも最適なシャンプー
  3. アミノ酸と天然由来の洗浄成分
  4. 安心の無添加
  5. オーガニックハーブウォーター使用
CHECK
高保湿成分を含有しながら天然由来のハーブを厳選使用したシャンプーのハーブガーデンは、使い勝手もよく保湿目的であればかなりおすすめです。

ベースをオーガニックハーブウォーターにしているため、より頭皮に優しく潤いをキープすることができるでしょう。

ハーブガーデンの評価
保湿性
(5.0)
補修性
(4.5)
安全性
(5.0)
無添加
(4.5)
総合評価
(4.5)

ボタニカル ベルタシャンプー

ボタニカル ベルタシャンプー
ポイント
  1. 業界最大の78成分配合
  2. 保湿成分たっぷりと配合
  3. 髪の補修とアンチエイジングにも期待
  4. 無添加なので肌に優しい
  5. 30日間の全額返金保証付き
CHECK
含有している成分数が78種類とかなりの配合数を誇るボタニカルベルタシャンプーは、保湿・補修ともにかなり優れたシャンプーといえるでしょう。

30日間であれば全額返金保証がついているので、実際に自分の髪に合うかどうかも試しやすいためおすすめです。

ボタニカル ベルタシャンプーの評価
保湿性
(4.5)
補修性
(4.5)
安全性
(5.0)
無添加
(5.0)
総合評価
(4.5)

ラサーナ プレミオール

ラサーナ プレミオール
ポイント
  1. 4つのオイルで髪の保湿と補修
  2. アミノ酸と海泥の力で優しく汚れを取り除く
  3. 7種のハーブが皮脂やニオイを抑える
  4. アロマティックフローラルの香り
  5. 毛髪浸透型コラーゲンで髪に潤いを与える
CHECK
4種のオイルが頭皮・髪に保湿と補修のサポートをするのが特徴のラサーナ プレミオールは洗浄成分もアミノ酸+ブルターニュ産の海泥で優しい洗い上がりを実現しています。

また気になる頭皮のニオイにも7種のハーブを厳選使用しているので、大人の魅力をより一層際立たせたいのであればこのシャンプーがおすすめです。

ラサーナ プレミオールの評価
保湿性
(4.5)
補修性
(4.5)
安全性
(4.5)
無添加
(4.5)
総合評価
(4.5)

シャンプーの種類別頭皮の保湿の効果!

シャンプーに含まれる保湿成分によって頭皮に潤いを維持しているのかどうか決まりますが、潤いを必要以上に不足させてしまうシャンプーがあるのもたしかです。

特にアミノ酸系以外の高級アルコール系・石鹸系は洗浄力が強いのであまりおすすめはできません。

洗浄力 刺激 安全性
アミノ酸系
高級アルコール系
石鹸系

では、保湿について考えた場合、アミノ酸系・高級アルコール系・石鹸系はどのような状態になるのでしょうか。

アミノ酸シャンプー

アミノ酸を洗浄成分にしているシャンプーは洗浄力が穏やかなので、必要以上に頭皮のバリア機能を低下させるということはありません。

逆に洗浄力が少し足りないかなというぐらいなので、品質の良いシャンプーは天然由来の成分で洗浄力をカバーしているのが特徴的です。

シャンプー執事

3つのポイントでも紹介したけどアミノ酸+高級アルコール系は避けておきたいところだね!!

高級アルコールシャンプー

ラウリル硫酸やラウレス硫酸といった成分は高級アルコール系に分類され、市販されているシャンプーの大半はこの高級アルコール系なのでしっかりと選ばなければいけません。

保湿成分が含まれているシャンプーでも洗浄力が強ければ意味が無くなってしまうので、高級アルコール系はまず避けるべき成分といえるでしょう。

MEMO
高級アルコールといっても成分の品質が高いというわけではなく、構成されている分子が大きいために高級という呼び方がつけられているのです。

品質的には安価で入手しやすいものなので勘違いしないようにしましょう。

石鹸シャンプー

今でも家庭で使われている石鹸ですが、洗浄力は高級アルコールよりは低いものの頭皮に優しいかと言われるとそうではありません。

特に敏感肌や乾燥肌、アトピー肌の人は石鹸系のシャンプーでも潤い不足してしまい炎症を起こしやすくなってしまうので注意をしましょう。

シャンプー執事

高級アルコール < 石鹸 < アミノ酸 の順でおすすめだから覚えておこう!

シャンプー以外に頭皮の保湿が不足してしまう原因と対策!

保湿成分が配合されたものや洗浄力が穏やかなもので保湿をキープすることをお話しましたが、保湿が不足してしまう原因はシャンプー以外にもあります。

最後にシャンプー以外に起こる保湿不足の原因と対策を解説していきましょう。

頭皮の保湿不足の原因

頭皮の保湿が不足してしまう原因というのは様々で、頭皮に合わないシャンプーを使用しているのもその中の1つです。

ただ、それ以外にも保湿が不足してしまう原因はあります。

保湿不足の原因
  • パーマ・カラー
  • 髪を濡れたまま自然乾燥させる
  • ドライヤーの温度が高すぎる
  • 紫外線
  • 空気の乾燥

頭皮の保湿が不足してしまう原因は以上の点が挙げられます。

パーマやカラーをする際の薬剤は頭皮にとってかなりダメージを受けてしまうので、月日をあけずにパーマやカラーリングをしている方は頭皮が保湿不足になりやすいです。

それ以外にも濡れたままの髪を自然乾燥させることや早く乾かしたいからと言ってドライヤーを高温で当ててしまうと頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。

季節的には乾燥しやすい冬が頭皮に潤いが足りなくなる季節と言えるでしょう。

生活の中でできる頭皮の保湿対策

シャンプー以外にも保湿不足になる原因はありますが、生活の中でできる保湿対策をしっかりと取り入れていくことで乾燥を防ぐことができるようになります。

では、どのような対策ができるのかをみてみましょう。

保湿対策
  • パーマやカラーを期間を空けてする
  • 髪は濡れたまま放置しない
  • ドライヤーはできるだけ離して使う
  • ヘアオイルや保湿ローションを使用する
  • 外出時は帽子を着用する

シャンプー関連でいえばシャワーをしたあとの濡れた髪をどうするかが関与しているかと思います。

濡れた直後にドライヤーを使うと髪を乾かすために時間がかかるのと髪を傷める可能性があるので、シャワー後はある程度時間を空けてから髪を乾かすようにしましょう。

また、ドライヤーを使うときはできれば冷風のほうが安全ではありますが、熱風を使う場合はできる限り頭皮から離して使うようにしてください。

MEMO
ドライヤーの噴出口は温度が100℃近くにもなってしまうので、ドライヤーを近づけて乾かしてしまうと髪や頭皮を傷めてしまう恐れがあります。

特に髪の長い女性であれば乾かす時間が面倒に感じてしまうかと思いますが、頭皮の保湿を考えた上で頭皮から離してドライヤーを使うようにしましょう。

また、ヘアオイルや保湿用ローションなどを駆使することで、より頭皮や髪の保湿をすることができるので、今回の頭皮の保湿におすすめのシャンプーと一緒に使ってみることをおすすめします。