ナイトブラは1日中使える?昼間用のブラジャーとの違い!

バストの下垂や離れ乳を予防し、美乳・育乳の手助けをしてくれるのがナイトブラですよね。

美乳・育乳を目指せるなら、ナイトブラを1日中使いたいと考えてしまいます。

そこで今回は、ナイトブラは1日中使えるのか、昼間用ブラジャーとはどう違うのかについて解説をしていきましょう。

ナイトブラを1日中使うのは基本的にNG!昼間用ブラとの違い

結論から先にいうと、ナイトブラを昼間に使うのはあまりおすすめできません。

ナイトブラは夜に着けることを想定して作られており、昼につけるには少し不十分だからです。

では、昼間用ブラとは具体的にどこが違うのかについて、以下の3つのポイントがあげられます。

ナイトブラと昼間用ブラの違い
  1. バストをサポートする方向の違い
  2. 下から支える力の大きさの違い
  3. 快適さの違い

では、それぞれのポイントについてみていきましょう。

1. バストをサポートする方向の違い

ナイトブラと昼間用ブラの違いの1つ目は、バストをサポートする方向の違いです。

ナイトブラは寝る姿勢をサポートするためバストの左右を、昼間用ブラは立っている姿勢をサポートするためバストの下から支えてくれます。

そのため、ナイトブラを1日中使うことを考えると、下からのサポートが少し不足してしまうため、バストを支えきることができないのです。

2. 下から支える力の大きさの違い

ナイトブラと昼間用ブラの違いの2つ目は、バストを下から支える力の大きさの違いです。

昼間用のブラはアンダー部分にワイヤーをいれていることが多いため、重力によって下に引っ張られるバストを持ち上げてくれます。

昼間用ブラは下から支える力に特化しているため、1日を通して動いていてもズレることなく生活することができるのです。

一方のナイトブラも下から支える力はゼロではありません。

しかし、ワイヤーブラに比べると力は小さくなってしまい、カップにおさめていたワキ・背中のお肉も歩いたときの振動で徐々にズレてしまいます。

3. 快適さの違い

ナイトブラと昼間用ブラの違いの3つ目は、着用時の快適さの違いです。

昼間用のブラは下から支える力が強い分、締め付けが強いというデメリットがあります。

ナイトブラは眠りの妨げにならないよう、伸縮性の高く肌触りの良い素材でほどよい締め付けがあるので、快適さでいえばナイトブラのほうが上です。

ついつい快適さを選んでしまいがちですが、バストのことを考えるとシーンに合わせたブラ選びが重要ということになりますね。

1日中使えるナイトブラはある?3つのポイントを抑えた選び方!

中には1日中使えるナイトブラもあるため、絶対に昼間に使うべきではないということではありません。

しかし、1日中使えるナイトブラには条件もあり、以下の3つのポイントをおさえたものを選ぶ必要があります。

  1. サポート力・ホールド力が強い
  2. 吸水性が高いナイトブラ
  3. 1日中使えることを公表している

1日中使うためにはバストを支えるためのサポート力・ホールド力が強いものでなくてはいけません。

日中は汗もかくため吸水性の高いナイトブラを選ぶようにしましょう。

また、昼間も使えるかどうか知るためには公式サイトや販売ページで1日中あるいは昼間も使えることを公表しているかどうか確認するのがてっとり早いです。

それでも昼間用のブラにはサポート力は劣ってしまうので、動くことの多い日とそうではない日で、上手く使い分けるといいでしょう。

1日中・昼間も使えるナイトブラのおすすめを以下の記事で紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

ナイトブラを1日中着けた場合のメリット・デメリット

ナイトブラを1日中着けた場合、メリットもあればデメリットもあります。

先ほどのナイトブラと昼間用ブラの違いで説明したこととかぶってくる部分もあるかもしれませんが、メリット・デメリットについてまとめているのでみていきましょう。

ナイトブラを1日中着けた場合のメリット!肩の負担が軽減される!

ナイトブラは肩紐が広く太いタイプが多いので、肩の負担が軽減されるのが大きいメリットです。

昼間用のブラは肩紐が細いものが多く、肩こりしやすい人からすると悩みの1つともいえる肩の負担をやわらげるのは、かなり嬉しいメリットではないでしょうか。

それ以外のメリットについてもまとめてみました。

ナイトブラのメリット
  • 締め付けがゆるく快適
  • 苦しさがないのでストレスを感じにくい

締め付けの強さによって圧迫感がストレスという人からすると、締め付けがゆるいのは快適でストレスフリーです

ナイトブラは伸縮性の高さがあるので、締め付けが昼間用のブラよりゆるいとはいえ、ある程度バストを支えてくれるのでバランスが取れているブラともいえるでしょう。

ナイトブラを1日中着けた場合のデメリット!ブラがズレやすい!

ナイトブラの締め付けは昼の動きには対応しておらず、ズレてしまいやすいという点はデメリットです。

ナイトブラも動きに対応できるような設計ですが、20回程度の寝返りに対応できる程度なので、昼間の活発な動きには対応できずバストがズレてしまう可能性が高いでしょう。

ナイトブラはバストやワキ・背中のお肉を集めてキープすることで機能を発揮するので、このデメリットはかなり気になってしまいますね。

それ以外のデメリットについてもまとめてみました。

ナイトブラのデメリット
  • 下からのサポート力が足りないとバストが垂れてしまう
  • ワキやお腹に脂肪が流れやすくなる

サポート力が足りないと、バストを支えるクーパー靭帯が引っ張られて負担がかかるため、垂れの原因になってしまいます。

また、バストの脂肪がワキやお腹に流れてしまい、ボリュームダウンにもつながるので、1日中ナイトブラを使うのであればサポート力・ホールド力には十分注意しなくてはいけません。

ブラジャー別!1日中着けたときのおすすめ度を比較!

ブラジャーには種類があるので、1日中着けたときのおすすめ度を比較していきましょう。

比較する時間帯は昼・夜・1日中としていきます。

ブラの種類 1日中
ワイヤー 二重丸 三角 三角
ノンワイヤー 丸 三角 丸
カップ付きインナー 三角 三角 三角
スポーツブラ 三角 丸 丸
ナイトブラ 丸 二重丸 丸

1日中使えるナイトブラもある!ただし選び方は慎重に!

1日中使えるナイトブラもありますが、どのナイトブラも使えるというわけではありません。

一番良いのはシーンによってブラを使い分けることですが、1日中動きが少ないのであればどのナイトブラを使用しても問題ないでしょう。

ただし、ナイトブラの選び方は慎重にするようにして、特にサポート力やホールド力は強めのものを選ぶようにしてください。