ハイダメージな髪におすすめのシャンプーランキング&ケアのコツ!

ブリーチのしすぎ、パーマやカラーを高頻度でいれてしまうことによって髪の毛はハイダメージを受けてしまい美髪とは程遠いコンディションになってしまいます。

ハイダメージの髪に市販のシャンプーを使うのはすごく危険で、場合によっては頭皮環境を悪化させてしまうことにもなりかねません。

では、ハイダメージな髪にはどのようなシャンプーを使えば良いのか、おすすめランキングをみていきましょう。

ハイダメージな髪におすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

髪の毛は一度傷んでしまうと新しく髪の毛を生やさなければ基本的に元には戻りません。

しかし、傷む前にしっかりとヘアケアをすることでダメージは最小限で済みますし、パーマやカラーも持続するようになります。

ヘアケアで見落としがちなシャンプー選びですが、3つのポイントを重視してみましょう。

3つのポイント

  1. 洗浄力が強すぎないシャンプー
  2. 添加物が少ないシャンプー
  3. 保湿成分で頭皮の潤いをキープしてくれるシャンプー

ハイダメージな人にとってこの3つのポイントは確実に抑えておきたいポイントです。

では、なぜこの3つのポイントが重要であるのかについて解説していきましょう。

1. 洗浄力が強すぎないシャンプー

ハイダメージな人にとって気をつけるべきこととして頭皮の乾燥があります。

度重なるブリーチやパーマによって薬剤による頭皮のダメージが計り知れないものになっていることでしょう。

このダメージは頭皮の乾燥を招き普段よりも敏感肌に近づけてしまうのです。

その状態で洗浄力の高いシャンプーを使ってしまうと乾燥やフケが起こりやすくなってしまい、頭皮や髪のコンディションに悪影響を及ぼしてしまいます。

注意
市販されているシャンプーは洗浄力が強く刺激も強いものが多いです。

そのため、知らないうちに頭皮環境を悪化させてしまっていることにも気づかない人が少なくありません。

洗浄力が強すぎないシャンプーとしてアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

ココイル○○・ラウロイル○○といった成分はアミノ酸を使用している証拠なので成分表示欄を見て確認してみましょう。

アミノ酸系は洗浄力が穏やかで刺激性も低いので、ハイダメージな髪にはうってつけの洗浄成分といえるでしょう。

2. 添加物が少ないシャンプー

ハイダメージな髪になっていると頭皮も相当なダメージを受けていることが予想できます。

そうすると、シャンプーに含まれている添加物が刺激となって頭皮が荒れてしまい、新しく生えてくる髪の毛にも影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。

悪影響のある添加物例
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリン酸Na/DEA/DEA/MEA/TEA
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 合成防腐剤
  • 合成香料
  • 合成保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • カチオン界面活性剤
  • 鉱物油
  • 動物性油脂
  • エタノール
  • キレート剤
  • 添加物は配合されているだけ良くないので、できれば無添加のシャンプーを選ぶようにしましょう。

    添加物が配合されていないシャンプーは現状生えているハイダメージな髪にとって必要なことでもありますが、新しく生えてくる髪の毛が正常に成長できる環境を整えてあげるために必要です。

    以上の添加物が配合されていないことを成分表示で見てみるか、無添加と記載されているシャンプーを目安に選んでみましょう。

    3. 保湿成分で頭皮の潤いをキープしてくれるシャンプー

    ハイダメージを受けていると髪も頭皮も乾燥しやすい敏感な状態といえます。

    そうすると大切なのは頭皮・髪に潤いを与えてくれる保湿成分です。

    シャンプーは特に頭皮や髪に付着した汚れを洗浄しますが、同時に必要な潤いも洗い流してしまうので保湿成分が配合されていることは必須項目と言えるでしょう。

    保湿成分一例
    • ヒアルロン酸
    • コラーゲン
    • リピジュア
    • 植物オイル(オリーブ・ツバキ・アルガンetc)
    • 天然由来エキス(大豆・海藻etc)

    保湿成分は髪の補修にも関わってくるので、できればハイダメージになる前からケアをして、ダメージを最小限に済むようにしておきたいところですね。

    ハイダメージな髪におすすめのシャンプーを比較!

    ハイダメージな髪におすすめのシャンプーの選び方を理解してもらえたかと思いますが、成分表示を見ることが多くなると思うので選ぶ時間がかかります。

    そこで、当サイトでは人気と品質に定評のあるシャンプーを13種類紹介しているので、先ほどの3つのポイントを基に比較をしていきましょう。

    洗浄力 無添加 保湿成分
    ハーブガーデン 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ラサーナ プレミオール 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    ルメント 穏やか
    (アミノ酸系)
    三角 丸
    クイーンズバスルーム 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    アスロング オーガニックシャンプー 強め
    (高級アルコール系)
    三角 丸
    わたしのきまり 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    守り髪 少し強め
    (アミノ酸系)
    丸 丸
    ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 丸
    ボタニスト 少し弱め
    (アミノ酸系)
    三角 三角
    TSUBAKI 強め
    (高級アルコール系)
    バツ 三角
    ビオリス 強め
    (高級アルコール系)
    バツ 三角

    市販されているシャンプーは人気がありますが、ハイダメージにおすすめのポイントを抑えているかどうかと言われるとそうではありません。

    やはり選ぶ際には品質を重視して選ぶべきで、さきほどの3つのポイントを基にした中で厳選してほしいところです。

    シャンプー執事

    次はおすすめシャンプーランキングを紹介していくよ!

    ハイダメージな髪におすすめのシャンプーランキング!

    ハイダメージな髪にとっておすすめのシャンプーは洗浄成分・無添加・保湿成分を重視したものです。

    では、どのようなシャンプーがおすすめなのかランキングを見てみましょう。

    ハーブガーデン

    ハーブガーデン
    ポイント
    1. アミノ酸とハーブの優しい洗浄成分
    2. 無添加なので刺激が少ない
    3. 天然植物エキスで高保湿
    4. オーガニックハーブウォーター厳選使用
    5. 東大博士号取得の博士と開発
    CHECK
    ハーブの力を最大限に引き出したシャンプーで頭皮に優しくハイダメージな髪にも潤いをキープしてくれるのがハーブガーデンの特徴です。

    本来精製水を使用するところを厳選したオーガニックハーブウォーターを導入することで、より含有成分の効果を引き出してくれます。

    ハーブガーデンの評価
    安全性
    (5.0)
    無添加
    (5.0)
    保湿
    (4.5)
    補修
    (4.5)
    総合評価
    (4.5)

    クイーンズバスルーム

    クイーンズバスルーム
    ポイント
    1. 洗浄力が穏やかなアミノ酸シャンプー
    2. 無添加でダメージリスク軽減
    3. 高保湿美容成分含有
    4. くせ毛の方におすすめ
    5. 5日間のおためしセットあり
    CHECK
    くせ毛の方のために作られたシャンプーですが、高保湿美容成分と無添加、アミノ酸洗浄成分とハイダメージの方にもおすすめできるのがクイーンズバスルームです。

    5日間のお試しセットも販売されているので、まずは一度自分に合っているかどうか確かめてみるのも良いでしょう。

    クイーンズバスルームの評価
    安全性
    (4.5)
    無添加
    (5.0)
    保湿
    (4.5)
    補修
    (4.5)
    総合評価
    (4.5)

    ラサーナ プレミオール

    ラサーナ プレミオール
    ポイント
    1. 頭皮に優しいアミノ酸系
    2. 4つのオイルが髪の保湿・補修をサポート
    3. 7種のハーブエキスがニオイを予防
    4. ブルターニュ産の海泥で汚れの吸着力向上
    5. 補修成分配合でハイダメージな髪におすすめ
    CHECK
    アミノ酸だけでなくブルターニュ産の海泥である「シルト」を使用しているので、低刺激ながらしっかりと汚れを洗い落としてくれるのがラサーナ プレミオールです。

    毛髪浸透型コラーゲンや4つのオイルをはじめとする保湿・補修成分がハイダメージな髪のリペアサポートをしてくれます。

    ラサーナ プレミオールの評価
    安全性
    (4.5)
    無添加
    (4.5)
    保湿
    (4.5)
    補修
    (4.5)
    総合評価
    (4.5)

    シャンプーの種類別ハイダメージな髪への影響!

    シャンプーは主に「アミノ酸系・高級アルコール系・石鹸系」の3種類がメインの洗浄成分となっており、それぞれで洗浄力の強さが違います。

    洗浄力 刺激 安全性
    アミノ酸系
    高級アルコール系
    石鹸系

    では、ハイダメージな髪にこれらの3種類のシャンプーはどのように影響してしまうのか見ていきましょう。

    アミノ酸シャンプー

    ハイダメージな髪にアミノ酸系シャンプーが一番おすすめということを今回解説しています。

    理由は簡単で、髪を構成しているタンパク質はアミノ酸が基になっているからです。

    アミノ酸系の特徴として洗浄力が穏やかで刺激も少ないことが挙げられますが、汚れを取り除くためには少し洗浄力が劣る部分があります。

    そのため、天然由来の洗浄成分を加えて頭皮・髪に優しく洗い落とすシャンプーがおすすめです。

    高級アルコールシャンプー

    市販されているシャンプーの大半はこの高級アルコール系の成分が配合されています。

    ラウリル硫酸やラウレス硫酸といった成分が高級アルコールに該当し、泡立ちがよく洗浄力も高いでのが特徴です。

    しかし、刺激も強く洗浄力が高すぎてしまうので頭皮が乾燥しやすくなりますし、ハイダメージな髪にさらにダメージを蓄積させてしまうのでおすすめできません。

    石鹸シャンプー

    石鹸は肌に優しい成分と言われているのは高級アルコール系と比べてしまうからではないでしょうか。

    たしかに高級アルコールシャンプーよりは石鹸系のシャンプーを使用したほうが頭皮や髪には優しいです。

    しかし、ハイダメージな髪は非常に刺激に敏感な状態なので石鹸シャンプーでも刺激が強い状態でおすすめできません。

    高級アルコール系を使うよりはマシという程度なので、できるだけアミノ酸系シャンプーを使うようにしましょう。

    ハイダメージな髪を簡単にケアする3つの方法!

    ハイダメージな髪になってしまった場合、現状の髪の毛をそれ以上ダメージを与えないということを考えなくてはいけません。

    では、シャンプー以外にできる簡単なハイダメージのケア方法について紹介していきましょう。

    ハイダメージのケア方法
    1. ヘアオイル・洗い流さないトリートメントを使う
    2. 髪を濡れたまま長時間放置しない
    3. パーマ・カラー・縮毛矯正はしない

    シャンプーに含まれている成分だけでは完璧に髪の毛の保湿や補修をするということは不可能に近いです。

    そのため、シャワー後や外出時にヘアオイルや洗い流さないトリートメントで髪の毛の保湿・補修をしっかりと行いましょう。

    また、髪というのは濡れることによってキューティクルと呼ばれる髪を保護する層が開き、摩擦やダメージによって傷みやすくなってしまいます。

    それを防ぐためには髪を濡れたまま長時間放置せず、ドライヤーを使って8割程度乾かすようにしましょう。

    MEMO
    髪が濡れた状態で寝てしまうと枕と髪がこすれることによってかなりのダメージを受けてしまいます。

    また、髪を乾かす際にタオルでごしごしと拭くのも傷みの原因なので、髪に摩擦を与えないような乾かし方・過ごし方をするのが大切です。

    ハイダメージな髪をさらさらのストレートにしようと考えていても縮毛矯正はしてはおすすめできません。

    髪の毛に負担をかけてしまい、よりダメージを受けてしまうのでハイダメージな髪になってしまっているのであればなるべくパーマ・カラー・縮毛矯正はしないようにしましょう。

    シャンプー執事

    ハイダメージな髪を卒業してきれいなさらさら髪を目指そう!