ハリ・コシにおすすめのシャンプーランキング&原因と対策!

ツヤのある髪というのはそれだけで魅力的に見えるので、誰しもがハリ・コシのある髪をめざしますよね。

そこで今回は髪の毛にハリ・コシが無くなってしまう原因に触れながら、おすすめのシャンプーをランキング形式で紹介していきましょう。

シャンプー執事

女性は美髪であることが魅力の1つ!ハリ・コシのある髪の毛で女性力をアップさせよう!

ハリ・コシにおすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

ハリやコシというのは様々な要因によって失ってしまい、ぱさついた髪や枝毛が多くなってしまうなど、美髪とは程遠い状態となってしまいます。

では、どのようなハリ・コシを取り戻すためにはどのようなシャンプーを使えば良いのかということになりますが、3つのポイントを基に選ぶと良いでしょう。

3つのポイント
  1. 刺激性の低いシャンプーであること
  2. 無添加である
  3. 補修成分が豊富に含まれている

これらのポイントは頭皮・髪に優しいということを前提としており、同時にハリ・コシを取り戻すためには最低限必要な要素です。

では、それぞれどのように影響するのかをみていきましょう。

1. 刺激性の低いシャンプーであること

頭皮や髪というのは1日生活をしている中で皮脂などの汚れが付着してしまいますが、適度な洗浄力というのが必要になります。

洗浄力が強いシャンプーというのは刺激が強く頭皮や髪にとってダメージが蓄積してしまうのです。

注意

実は市販されているシャンプーの多くは洗浄力が強く刺激性が強いシャンプーです。

そのため、知らず知らずに使っているシャンプーがハリ・コシをなくしてしまっている可能性があることを意識しなくてはいけません。

洗浄力は穏やかにはなりますが、刺激性が低く頭皮や髪に優しい「アミノ酸系シャンプー」がおすすめです。

2. 無添加である

添加物というのはシャンプーの成分を安定させる、長持ちさせる、匂いを際立たせるなどの用途で用いられますが、それは決して頭皮や髪に良いかと言われるとそうではありません。

ハリ・コシを整えるためには添加物によって頭皮にダメージを蓄積させてしまうことを避ける必要があります。

悪影響のある添加物例
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリン酸Na/DEA/DEA/MEA/TEA
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 合成防腐剤
  • 合成香料
  • 合成保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • カチオン界面活性剤
  • 鉱物油
  • 動物性油脂
  • エタノール
  • キレート剤
  • これらの添加物が含まれていると、ときにはアレルギーを引き起こして髪の毛に悪影響を与えてしまいます。

    これらの頭皮・髪に悪影響のある成分が含まれていない無添加のシャンプーを選ぶようにしましょう。

    3. 補修成分が豊富に含まれている

    髪の毛のハリやコシを取り戻すためには髪の栄養となる成分が含まれていることが必須です。

    スポーツで筋肉を疲労させてしまったのであれば、しっかりと休むことと栄養を補給することが必要なように、ハリ・コシを取り戻すには補修成分で補ってあげましょう。

    MEMO
    シャンプーは洗浄が目的なのであまり補修成分は必要ないのではと感じるかもしれません。

    しかし、補修成分が含まれているものとそうでないものでは前者の方が髪の毛のハリ・コシには効果的です。

    補修成分としては植物性由来のオイルや加水分解ケラチン、コラーゲンといったものが配合されているのが良いでしょう。

    シャンプー執事

    アミノ酸も髪の毛の補修になるのでアミノ酸系シャンプー自体もおすすめ!

    ハリ・コシにおすすめのシャンプーを比較!

    ハリ・コシを取り戻すために必要なシャンプーの選び方は理解してもらえたでしょう。

    では、それを踏まえて今度は実際にどのシャンプーが良いのか選ばなくてはいけない作業が待っています。

    そこで、品質や知名度のあるシャンプーをいくつかピックアップしましたので、先ほどのポイントと比較をしていきましょう。

    刺激性 無添加 補修成分
    ハーブガーデン 弱め 二重丸 二重丸
    ラサーナ プレミオール 弱め 丸 二重丸
    haru黒髪スカルプ・プロ 弱め 二重丸 二重丸
    ルメント 強め 三角 丸
    クイーンズバスルーム 弱め 丸 二重丸
    アスロング オーガニックシャンプー 弱め 二重丸 丸
    わたしのきまり 弱め 丸 二重丸
    守り髪 少し強め 三角 二重丸
    ボタニカル ベルタシャンプー 弱め 二重丸 二重丸
    ディアボーテ(ひまわり) 弱め 丸 バツ
    ボタニスト 弱め 三角 三角
    TSUBAKI 強め バツ バツ
    ビオリス 強め バツ バツ

    市販されているシャンプーとネットでのみ購入可能なシャンプーとをピックアップしましたが、市販されているシャンプーは添加物や補修成分が目立ってしまいます。

    市販されるシャンプーは流通費や宣伝費によってコストがかかってしまいますので、安価に抑えるためにこだわりが少なくあまりおすすめはできません。

    シャンプー執事

    結局一体どれが良いのかわからないという人は、次のシャンプーランキングを見てみよう!

    ハリ・コシにおすすめのシャンプーランキング!

    ハリ・コシにおすすめのシャンプーは、「低刺激・無添加・補修成分」が含まれているものがおすすめだと説明してきました。

    では、一体どのシャンプーを使えば良いのかわからないという人も多いかと思いますので、次に紹介するシャンプーランキングをぜひ参考にしてみてください。

    ボタニカル ベルタシャンプー

    ボタニカル ベルタシャンプー
    ポイント
    1. 刺激性の少ないアミノ酸系シャンプー
    2. 13の無添加で頭皮に優しい
    3. 37種類のボタニカル成分で頭皮に潤いを与える
    4. 業界最大級の78成分配合
    5. パパイン酵素で優しく洗浄
    CHECK
    13の無添加だけでなくアミノ酸と植物由来のボタニカル成分で頭皮・髪に優しくハリ・コシを取り戻すのにうってつけのシャンプーがボタニカル ベルタシャンプーです。

    業界でも最大級である78種類の成分配合数でアンチエイジングにも期待することができるので30代や40代の女性におすすめといえるでしょう。

    ボタニカル ベルタシャンプーの評価
    低刺激
    (4.5)
    無添加
    (5.0)
    補修性
    (5.0)
    保湿性
    (5.0)
    総合評価
    (5.0)

    haru黒髪スカルプ・プロ

    haru黒髪スカルプ・プロ
    ポイント
    1. アミノ酸系シャンプーで頭皮にやさしい
    2. 10の無添加で安全性にも信頼できる
    3. 育毛成分キャピキシル配合
    4. 33種類のエイジングケア成分含有
    5. リンス&コンディショナー不要
    CHECK
    アミノ酸系シャンプーで無添加・補修成分も豊富に含まれているのでハリ・コシを取り戻すためにはおすすめなのがharu黒髪スカルプ・プロの特徴です。

    育毛剤として採用されることの多い成分であるキャピキシルを筆頭に33種類のエイジングケア成分が含有されているのもこのシャンプーならではといえるでしょう。

    haru黒髪スカルプ・プロの評価
    低刺激
    (4.5)
    無添加
    (4.0)
    補修性
    (5.0)
    保湿性
    (4.5)
    総合評価
    (4.5)

    ハーブガーデン

    ハーブガーデン
    ポイント
    1. 低刺激のアミノ酸系シャンプー
    2. 化学成分不使用の無添加
    3. 15種類のオーガニック成分が髪の毛をしっかり補修
    4. 精製水にハーブウォーターを採用
    5. 3つの高保湿成分含有
    CHECK
    オーガニックハーブをふんだんに使用したシャンプーであるハーブガーデンは、天然由来のやさしい成分で頭皮・髪にハリ・コシを取り戻してくれます。

    精製水に阿蘇のオーガニックハーブウォーターを使用しているため、より効果的なシャンプーとなっているのが特徴です。

    ハーブガーデンの評価
    低刺激
    (4.5)
    無添加
    (4.0)
    補修性
    (4.5)
    保湿性
    (4.5)
    総合評価
    (4.5)

    シャンプーの種類別ハリ・コシへの効果!

    刺激性の低いアミノ酸系シャンプーは髪の毛にハリ・コシを取り戻すためにはおすすめだということを説明しました。

    アミノ酸系シャンプー自体最近注目を浴びてきてはいますが、まだまだピンときていない方も多いでしょう。

    実はシャンプーには「アミノ酸・高級アルコール・石鹸」の3種類あり、それぞれ特徴が違います。

    洗浄力 刺激 安全性
    アミノ酸系
    高級アルコール系
    石鹸系

    では、この3種類のシャンプーがそれぞれハリ・コシにどのように影響するのかをみていきましょう。

    アミノ酸シャンプー

    アミノ酸シャンプーは洗浄成分がアミノ酸由来なので頭皮・髪に優しく、成分自体が髪の栄養となるのでハリ・コシを取り戻すのに一番おすすめできる洗浄成分です。

    ただし、デメリットとしては洗浄力が穏やかなので、アミノ酸成分単一では洗いきれない部分も出てくる可能性があります。

    MEMO
    アミノ酸系シャンプーを使うのであれば予洗いをしっかりとすることによって洗浄力をカバーすることができます。

    また、アミノ酸以外にも天然植物由来の成分で洗浄力をカバーするシャンプーも多いです。

    高級アルコールシャンプー

    洗浄力が群を抜いて高いのが高級アルコールシャンプーで、その分刺激性も高くなってしまうので頭皮にダメージが蓄積しやすくなっています。

    しかし、安価で使用することができるため市販されているシャンプーにはほとんど含有されており、ハリ・コシをキープすることにおいては高級アルコールはおすすめできない洗浄成分です。

    石鹸シャンプー

    石鹸は古くから家庭に馴染みがあり、シャンプーにおいても石鹸を使用している方も少なくありません。

    石鹸シャンプーは高級アルコール系よりも洗浄力は劣りますが、その分刺激は抑えられるのでどちらが良いかと言われると石鹸シャンプーが良いといえます。

    しかし、だからといって頭皮や髪に良いかといわれるとそうではなく、洗浄力が高いことによってダメージが残ることもハリ・コシを取り戻すことにおいてはデメリットです。

    ハリ・コシが無くなってしまう原因と対策!

    ハリ・コシが無くなってしまうのはなぜか、その原因を知ることはとても大切といえます。

    その原因を知ることによってシャンプー以外にも効果的な対策を取ることができるからです。

    では、ハリ・コシが無くなってしまう原因はどのようなものがあるのでしょうか。

    ハリ・コシが無くなってしまう原因

    ハリ・コシが無くなってしまう原因の大きな要因は「加齢による毛髪細胞の機能低下」です。

    年齢を重ねるに連れて髪の毛を作る毛母細胞の活性化が抑えられてくるため、その分健康的な髪の毛が作られなくなってしまいます。

    加齢によるハリやコシの低下はどうしても免れない部分はありますが、それ以外にも原因は潜んでいるので注意が必要です。

    ハリ・コシがなくなる原因
    • パーマやカラーのしすぎ
    • ストレス
    • ホルモンバランスの乱れ
    • 生活習慣の乱れ

    髪の毛を傷めつけてしまうパーマやカラーというのはすればするほどハリ・コシが低下してしまうのは当たり前です。

    それ以外にも髪の毛に栄養が行き届きにくくなるときにハリ・コシというのはなくなってしまいますので、上記の原因を踏まえた適切な対策が必要となります。

    ハリ・コシを取り戻すための対策

    加齢によるハリ・コシの低下というのは細胞機能の低下といえるため、どれだけ栄養を補給してアンチエイジングできるかにかかってきます。

    そのため、シャンプーも刺激性が少なく髪の栄養となる補修成分を多く含んでいるものを選ぶ必要があるのです。

    また、洗い流さないトリートメントを活用するのも良いでしょう。

    髪の毛の保湿というのはハリ・コシを取り戻す上で補修することと同様に重要なので、洗い流さずに使えるトリートメントで内側からサポートするのも効果的です。

    それ以外にもできる対策を紹介しておきましょう。

    ハリ・コシの対策
  • パーマやカラーを控える・間隔を空ける
  • 適度にストレスを発散する習慣を身につける
  • 食事でバランス良く栄養を補給する
  • 睡眠時間の確保・適度な運動習慣
  • 濡れた髪は放置せずドライヤーで乾かす
  • 髪というのは濡れることによって保護の役割を持つキューティクルが開き、傷みやすい状態になってしまいます。

    そのため、濡れた髪の毛をそのまま放置せずにドライヤーでしっかりと乾かしてあげるようにしましょう。

    その際にはドライヤーをあまり近づけず、低温で乾かしてあげると頭皮の乾燥予防にもつながるので覚えておいてください。