まつ毛を増やす方法ってどんなもの?具体的な5つの方法とは!

ぱっちりした目になりたいと思うと、避けて通れないのがまつ毛のボリューム問題。
まつ毛が少ないと目力が出ませんし、目が小さく見えてしまうこともあってコンプレックスになってしまうことも。
どうやってまつ毛を増やせばいいのかわからなくて、とりあえずメイクで隠しているなんて人も多いのでは。
そんな方のために、自まつ毛を増やす具体的な方法を5つご紹介します。

まつ毛を増やす方法5つとは?

まつ毛を増やしたいなら、まず自まつ毛を育てることを考えましょう。
すぐにまつ毛が増えるわけではありませんが、まつ毛が育つ土台を整えるような気持ちで取り組んでくださいね。

1.まつ毛の負担を減らす

まつげの負担になることを減らしましょう。具体的には、こんな感じです。

注意
  • ホットビューラー
  • まつげパーマ
  • ビューラー
  • つけまつげ
  • マツエク
  • ウォータープルーフのマスカラ
これを見て「じゃあアイメイクはできないってこと?」と思われたかもしれません。確かに、アイメイクに欠かせないものも多いですよね。
なので、すべてをやめる必要はありません。
「これはいらないけど、これはないとダメ!」という基準を自分の中で決めて、ちょっとだけ減らしてみませんか。
土日だけおやすみするとか、たまにはばっちりメイクをやめてナチュラルメイクにする程度から始めるのも良いでしょう。

2.コスメが汚れていないか気をつける

コスメに汚れがたまっていないか、時々チェックしましょう。
ビューラーのゴムやマスカラは使い続けるうちに、どうしても汚れて雑菌がたまります。
ちなみにマスカラの寿命は3ヶ月程度と言われます。それ以上使っていると、雑菌が増えている可能性も。
消耗品と割り切って、いさぎよく買い換える勇気も必要なんですね。

3.クレンジングの方法を変える

ついうっかりクレンジングを忘れて寝てしまう、というのはもちろんアウトです。
メイク落としでのクレンジングは黄色信号ですね。アイメイクを落とすときにゴシゴシこすりがちなので、まつげにとっては負担が大きいのです。
面倒ですがまつ育中だけでも、アイメイク用のクレンジングを使いましょう。
コットンに含ませてアイメイクを浮かせて、優しくふき取るのがベストです。

4.生活習慣を見直しする

睡眠時間が不足すると、成長ホルモンが出にくくなるのでまつげにも悪影響です。
食事がファストフードやカップ麺ばかりに偏ると、まつげに必要なアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどの栄養が不足する可能性も。
生活習慣が乱れているとまつげだけでなく、健康にも良くありません。これをきっかけに、見直してみましょう。

5.まつげ美容液を使う

それでもダメなら、まつげ美容液を使ってみると良いでしょう。
まつげ美容液には、まつげの新陳代謝を促したり血行を促進したり、栄養を補給したりするための成分がたっぷり含まれています。
健康なまつげが育つのをサポートしてくれますよ。

なぜそれでまつ毛が増えるのか

今回紹介した方法で、なぜまつげが増えるのでしょうか。
まつげを増やすためには、次の効果が必要です。

  • 新陳代謝をうながす
  • 栄養を補給する
  • 血行を促進する

まつげを増やすためには、新陳代謝をおこなってどんどん新しいまつげを作る必要があります。
生活習慣の改善は、新陳代謝のためにも必要なのです。
栄養がなければ、そもそもまつげが育ちません。
ちなみに、まつげに栄養を運んでいるのはとても細くて繊細な、毛細血管です。ちょっと血行が悪くなるだけでも、必要な栄養が届かなくなりやすいのです。
自まつ毛が弱っていると感じるなら、まつげの栄養が不足しているか、血行が悪いのかもしれません。
特に無理なダイエットをしている場合は、栄養が不足しがちなので要注意ですよ。

今すぐにでもまつ毛を増やしたい場合は

しかし今回紹介したまつ毛を増やす方法は、残念ですがどれも長期的にまつ毛を増やすもの。
「明日までにまつ毛を増やさないといけないんだけど! 待ってられない!」というなら、つけまつげやマツエクに頼るしかありません。どちらも即効性はあります。
つけまつげはコツを掴むのに時間がかかりますし、マツエクは予約が必要なことも。どうしてもこの日までにしたいという希望があるなら、早めに動くようにしましょう。
ただし、つけまつげやマツエクは、まつ育にとっては逆効果です。
あくまで応急措置のようなものと考えて、普段はまつげの負担を減らすようなまつ育をするようにしてくださいね。

まつ毛を増やす方法を知って効果的なまつ育を!

自分のまつ毛を増やしたいなら、次の5つが効果的です。

  1. まつ毛の負担になるアイメイクなどを減らす
  2. コスメの汚れや寿命をチェックする
  3. アイメイク用のクレンジングを使う
  4. 生活習慣を改善する
  5. まつ毛美容液を使う

どれもじっくりとまつ毛が育つ土台を整えて、増やすというもの。
すぐにまつげが生えるみたいな即効性はありませんが、こうした生活を続けていれば徐々にまつげが増えていくでしょう。
待ちきれないならつけまつげやまつエクに頼ることになりますが、まつげにとっては負担で逆効果。
どうしてもという時だけにとどめておくのがベストですよ。