枝毛が気になる人におすすめのシャンプーランキング&原因と対策!

髪の毛先を見ると2つに分かれて枝毛ができてしまっている、最近なんだか髪が傷んでいるような気がしている、という方も多いのではないでしょうか。

枝毛ができてしまう原因の1つに、頭皮・髪に合わないシャンプーを行っているを使っていることがあげられます。

そこで今回は枝毛が気になる人のためにおすすめのシャンプーランキングを紹介していきましょう。

シャンプー執事

枝毛は髪の毛がダメージを受けている証拠!美髪を目指すなら枝毛は気にしていこう!

枝毛が気になる人におすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

枝毛というのは髪の毛がダメージを受け、髪内部がしっかりと詰まっている状態ではない場合が多いです。

そのため、しっかりとカバーをすることができるシャンプーを選ぶ必要があります。

枝毛が気になる人のためのシャンプーは3つのポイントを意識しましょう。

3つのポイント
  1. アミノ酸系シャンプー
  2. 保湿成分がたっぷり
  3. 髪の補修成分が豊富に含まれている

この3つのポイントを抑えたシャンプーというのはしっかりと見極めなければ選ぶことができず、自然と頭皮や髪に負担をかけてしまうシャンプーを選んでしまうことになります。

では、それぞれのポイントが枝毛にどう影響するのかについて解説していきましょう。

1. アミノ酸系シャンプー

シャンプーは頭皮や髪に付着した皮脂や汚れを洗い流すために使うものですが、洗浄力が強力なものを使っている人が非常に多いのが現状です。

洗浄成分に使われることが多い高級アルコール系は洗浄力が強い分、刺激性が強くダメージが蓄積してしまいます。

また、必要以上の皮脂を洗い落としてしまうことによって乾燥やフケを多くしてしまうのもデメリットです。

そのため、洗浄力が穏やかで頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを選ぶのが枝毛改善のポイントといえます。

MEMO
アミノ酸系シャンプーと記載されていても成分表示を見ると高級アルコール系のシャンプーを使っているものも多く見受けられます。

頭皮に優しい洗浄成分だけで作られたシャンプーを選ぶようにしましょう。

2. 保湿・補修成分がたっぷり

枝毛は髪の毛が傷んでいる証拠ですが、頭皮や髪にうるおいが足りないと枝毛になりやすいです。

シャンプーは洗浄が目的ということをお話しましたが、それでも保湿成分がたっぷりと含まれているシャンプーは頭皮にダメージが少なくて済むのでおすすめといえます。

また、髪の毛の内部をリペアしてくれる成分は、枝毛になりにくい髪質を取り戻してくれるために必須です。

ヒアルロン酸やコラーゲンを始め、天然植物由来の成分など保湿・補修成分がたっぷり含有されているシャンプーは枝毛改善には最適でしょう。

3. 添加物が含まれていない

頭皮にダメージを与えてしまうものに添加物が挙げられます。

添加物はシャンプーに含まれる成分を安定させるものや髪の毛をコーティングするものなど様々ですが、決して頭皮にいいものとはいえません。

悪影響のある添加物例
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリン酸Na/DEA/DEA/MEA/TEA
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 合成防腐剤
  • 合成香料
  • 合成保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • カチオン界面活性剤
  • 鉱物油
  • 動物性油脂
  • エタノール
  • キレート剤
  • これらの成分が含まれているシャンプーは頭皮に優しいとは言えないので、添加物が配合されていない無添加のシャンプーがおすすめです。

    枝毛が気になる人におすすめのシャンプーを比較!

    枝毛が気になる人のシャンプーの選び方のポイントがわかってもらえたかと思いますが、実際にどのシャンプーを選べば良いのかわからない人も多いかと思います。

    そこで、品質に信頼がある・人気であるという部分を加味してシャンプーを13種類に厳選しましたので、先ほどのポイントを比較していきましょう。

    刺激性 保湿・補修 無添加
    ハーブガーデン 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ラサーナ プレミオール 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ルメント 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 三角
    クイーンズバスルーム 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    アスロング オーガニックシャンプー 強め
    (高級アルコール系)
    丸 二重丸
    わたしのきまり 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    守り髪 少し強め
    (アミノ酸系)
    丸 三角
    ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
    (アミノ酸系)
    三角 丸
    ボタニスト 少し弱め
    (アミノ酸系)
    三角 三角
    TSUBAKI 強め
    (高級アルコール系)
    バツ バツ
    ビオリス 強め
    (高級アルコール系)
    バツ バツ

    アミノ酸系シャンプーと表記はしているものの、洗浄成分にアミノ酸系と高級アルコール系の両方使用しているものもあり、頭皮に優しいかどうかは悩ましいシャンプーもあることがわかります。

    また、市販されているシャンプーは知名度はあるものの補修・保湿成分に期待ができないものや添加物が含まれていることも多いのもわかるでしょう。

    シャンプー執事

    しっかりとしたシャンプーを選ぶのであれば、知名度や人気というだけではなく成分表示を見るようにしよう!

    枝毛が気になる人におすすめのシャンプーランキング!

    シャンプー自体かなりの種類があるので、枝毛を改善するためのポイントを抑えたものに絞るだけでも手間になってしまいます。

    そこで、てっとり早くおすすめが知りたいという方のためにおすすめのシャンプーをランキングにしてみましたので参考にしてみてください。

    ハーブガーデン

    ハーブガーデン
    ポイント
    1. 頭皮に優しいアミノ酸系
    2. 精製水をオーガニックハーブウォーター
    3. 無添加で安心
    4. オーガニック成分が髪の保湿と補修を与える
    5. フルボ酸配合で天然成分の効果をパワーアップ
    CHECK
    アミノ酸系シャンプーと天然ハーブの力で頭皮に優しい洗浄成分を実現したのがハーブガーデンシャンプーです。

    精製水にこだわりオーガニックハーブウォーターを採用し、高保湿と補修成分を厳選した無添加シャンプーとなっています。

    ハーブガーデンの評価
    洗浄成分
    (5.0)
    無添加
    (5.0)
    保湿・補修
    (4.5)
    コスパ
    (5.0)
    総合評価
    (5.0)

    ボタニカル ベルタシャンプー

    ボタニカル ベルタシャンプー
    ポイント
    1. アミノ酸系と酵素のちからで優しい洗浄力を実現
    2. 業界最大級の78種類の成分配合数
    3. 13の無添加
    4. 3種の高保湿オイル配合
    5. 29種類の補修成分配合
    CHECK
    業界最大の78種類の成分配合数を誇るベルタシャンプーは、アミノ酸とパパイン酵素のちからで優しい洗浄力を生み出しているのが特徴です。

    無添加にこだわりながら高保湿オイルと29種類の補修成分によって優しく枝毛改善のサポートをしてくれます。

    ボタニカル ベルタシャンプーの評価
    洗浄成分
    (5.0)
    無添加
    (5.0)
    保湿・補修
    (4.5)
    コスパ
    (4.0)
    総合評価
    (4.5)

    haru黒髪スカルプ・プロ

    haru黒髪スカルプ・プロ
    ポイント
    1. アミノ酸と植物エキスの洗浄成分
    2. 育毛に期待できるキャピキシル配合
    3. 33種類のエイジングケア成分配合
    4. 10の無添加
    5. 100%天然由来
    CHECK
    アミノ酸と植物エキスで優しく洗うことができるharu黒髪 スカルプは、育毛剤で使用されることのあるキャピキシルを配合したシャンプーです。

    無添加で天然由来100%なので安心して使えるという点と、エイジングケア成分も含有しているので枝毛が気になる人にはかなりおすすめできるシャンプーといえます。

    haru黒髪スカルプ・プロの評価
    洗浄成分
    (4.5)
    無添加
    (4.5)
    保湿・補修
    (4.5)
    コスパ
    (4.0)
    総合評価
    (4.5)

    シャンプーの種類別頭皮の枝毛への効果!

    枝毛が気になる人におすすめはアミノ酸系シャンプーと言いましたが、アミノ酸系を含めて3種類のシャンプーがあるのはご存知でしょうか。

    「アミノ酸系・高級アルコール系・石鹸系」と3種類あり、それぞれで特徴が変わってきます。

    洗浄力 刺激 安全性
    アミノ酸系
    高級アルコール系
    石鹸系

    簡単に比較をすると以上の部分でも大きく違いが出てきますが、枝毛を改善するにあたってこのポイントが大きくなってくるのです。

    では、この3種類のシャンプーが枝毛にどう影響するのか解説していきましょう。

    アミノ酸シャンプー

    最近アミノ酸系シャンプーというフレーズを耳にすることが多くなってきましたが、その理由は他のシャンプーよりも頭皮に優しく刺激性が低いという点で優れているためです。

    他の洗浄成分は洗浄力が強く刺激性も高いため、髪の毛がダメージを受けて枝毛になってしまう可能性が高くなってしまいます。

    一方、アミノ酸系シャンプーは髪の毛を構成しているタンパク質の基になっているため、刺激性も低くダメージが蓄積しにくいという特徴をもっているのです。

    高級アルコールシャンプー

    市販されているシャンプーで最も多く配合されている洗浄成分がこの高級アルコール系のシャンプーです。

    高級アルコールは洗浄力が高いという点ではメリットですが、その分刺激も強く頭皮や髪に対して優しい成分とはいえません。

    注意
    洗浄成分が高いという点をウリにしているため、皮脂は無い方がいいとされていますが必要以上に皮脂を洗い落としてしまうのは逆効果です。

    適度に皮脂を洗い落とす洗浄力であるアミノ酸系シャンプーが頭皮に優しいといえます。

    石鹸シャンプー

    高級アルコール系シャンプーよりも洗浄力は抑えられていますが、乾燥肌やアトピー肌など皮膚が弱い方の使用は注意してほしいのが石鹸シャンプーです。

    石鹸シャンプーは古くから家庭で使われており、高級アルコール系シャンプーがメジャーになった今も販売はされています。

    高級アルコール系シャンプーを使うのであれば石鹸シャンプーを使ったほうが良いですが、やはり一番頭皮に優しいのはどれかと言われるとやはりアミノ酸系シャンプーです。

    高級アルコール<石鹸<アミノ酸 といった順で枝毛改善におすすめなので覚えておきましょう。

    枝毛ができてしまう原因と対策!

    枝毛というのは何が原因で起きてしまうのか理解しておくことで、どのような対策をすることが改善の近道であるのかわかると思います。

    最後に枝毛ができてしまう原因と対策について触れていきましょう。

    枝毛ができてしまう原因

    枝毛というのは髪の表面をコーティングしているキューティクルがダメージを受けて剥がれ落ちることによって起こります。

    では、キューティクルがダメージを受ける原因というのはどういうものがあるのでしょうか。

    枝毛の原因
  • パーマやカラーリングのしすぎ
  • 摩擦によるダメージ
  • ドライヤーの熱によるダメージ
  • 紫外線
  • ストレス
  • 髪の毛のキューティクルが剥がれてしまう原因の多くは度重なるパーマやカラーリング、あるいは摩擦やドライヤーの熱によるところが大きいです。

    特に髪を濡れたままで自然乾燥させている人は、キューティクルが開いたままの状態でいる時間が多く摩擦によるダメージが起こりやすくなります。

    ドライヤーの熱も噴出孔近くは100℃にもなり髪の毛のタンパク質が変性してしまうので、早く乾かしたいからといってドライヤーを近くで当て続けるのも注意が必要です。

    枝毛にならないような対策

    枝毛は一度なってしまったら二度とは元に戻らないので、枝毛にならないような対策をしていくことが大切となります。

    では、どのような対策法があるのかみていきましょう。

    枝毛の対策法
  • 枝毛の部分をカットしていく
  • トリートメントやヘアオイルをする
  • 規則正しい生活
  • ストレス発散をする
  • 枝毛ができてしまった部分というのはどうやっても元通りに戻ることはありませんので、枝毛の部分をカットしてしまうのも良いでしょう。

    ただ、新しく生えてくる髪が枝毛にならないためにはしっかりとしたシャンプー選びは前提として、トリートメントやヘアオイルで髪の保湿と補修をするようにしてください。

    また、偏食や寝不足からくる栄養不足やホルモンバランスの乱れは避け、規則正しい生活と適度にストレス発散する場を設けてきれいな髪を手に入れていきましょう。