【Cカップ女子必読!】おすすめのナイトブラ人気ランキング!

Cカップなのに谷間ができなくて彼氏に笑われた・・・

バストは大きくならなくていいからこのまま美乳をキープしたい!

Cカップの女性はCカップならではの悩みを持っていますよね。

その悩みを解決するために有効的なアイテムがナイトブラです。

今回はCカップ女子におすすめできるナイトブラをランキングにして紹介していきましょう。

Cカップの女性に合うナイトブラを選ぶときの3つのポイント!

ただ闇雲に色々な種類のナイトブラを着け続けて、自分に合っているかどうか試しているのは気が遠くなる作業ですよね。

自分に合ったナイトブラを見つけるためには正しい選び方をしなくてはいけません。

Cカップの女性に合うナイトブラを探すときは、以下の3つのポイントを意識してみてください。

  1. バストを左右からサポートしてくれる
  2. ワキ・背中からお肉を寄せてくれる
  3. 寝心地が良い伸縮性素材

では、この3つのポイントについてそれぞれ詳しく解説していきましょう。

1. バストを左右からサポートしてくれる

ナイトブラは普段のブラとは違い、バストを下からだけではなく左右からサポートしてくれるので、就寝中にバストが流れてしまうのを防いでくれます。

この左右からのサポートが強いナイトブラの方が、バストが流れにくくなるので、美乳やバストラインのキープをすることができるのです。

ナイトブラの種類としては、左右のサポートを重視するか、着け心地を重視するかで分かれています。

しかし、着け心地がよくても左右からのサポートが弱ければ、それはナイトブラとしての機能は果たしていないので、サポート力に関してはよくみて決めるようにしましょう。

MEMO
サポート力が強いかどうかは、下厚パッドやこれから解説する幅広設計、伸縮性も関わってきます。

だからこそ見ただけでは判断しにくい部分になるので、難しい方はランキングを参考にしてみてください。

2. ワキ・背中からお肉を寄せてくれる

ナイトブラの中には、ワキ・背中からお肉をバストへ寄せてくれるものがあるので、「Cカップだけど谷間ができない!」と悩んでいる方におすすめです。

お肉を寄せてくれるナイトブラは、お肉をワキのほうに流れにくい設計にもなっているため、バストメイクをする上ではかなり嬉しい構造となっています。

脂肪は流れやすい性質を持っているので、うまくワキ・背中のお肉をバストへ定着させてナイトブラで保護してあげれば、バストアップにも期待ができるでしょう。

ワキ・背中へお肉を寄せられるかどうかは、脇高で幅広のナイトブラかどうかで判断できます。

3. 寝心地が良い伸縮性素材

いくら効果が期待できるナイトブラだったとしても、締め付けが強い・さわり心地が悪く寝るときに気になってしまうのであればおすすめできません。

睡眠が浅くなってしまうと、健康にも悪影響を与えてしまう可能性があるからです。

そこで、寝心地が良いように伸縮性が良い素材と、欲をいえば吸湿性の良い素材を使用しているナイトブラがいいでしょう。

伸縮性はポリエステル・ナイロン・スパンデックスなどがあげられ、吸湿性は綿(コットン)・シルクといった素材があります。

MEMO
伸縮性がいいと動きに合わせてフィットしてくれるので、ズレもなくなり、よりバストの保護をしてくれるため、見逃してはいけないポイントです。

ナイトブラがカップではなくS・M・Lといった大まかなサイズで分かれていることが多いのは、普段のブラよりも伸縮性がある証拠といえます。

人気のナイトブラを比較!

ナイトブラはたくさんの種類が販売されているので、当サイトでは人気を基準に10種類に絞っています。

では、次に先ほどの3つのポイントをもとにして、10種類のナイトブラを比較していきましょう。

補正力 寄せ力 伸縮性
Viage 二重丸 二重丸 二重丸
モテフィット 二重丸 二重丸 二重丸
ふんわりルームブラ 丸 二重丸 二重丸
導ナイトブラ 丸 二重丸 丸
ユニクロ バツ 三角 三角
GU バツ 三角 三角
無印良品 三角 丸 丸
トリンプ 三角 丸 丸
ピーチジョン 丸 三角 丸
ワコール 三角 丸 丸

人気のナイトブラだとしてもサポート力よりも着心地を重視している場合があるので、しっかりと判断する必要があるということがわかるのではないでしょうか。

こうなると、一体どのナイトブラがいいのかわからなくなってしまう方も多いので、次に紹介するランキングを参考にしてみてください。

Cカップの女性におすすめのナイトブラ人気ランキング!

Cカップの女性にとってぴったりのナイトブラはどれなのか、その点について調査と比較を重ねたランキングとなっています。

わかりやすく特徴もしっかりと紹介していくので、ぜひ気になるナイトブラがあれば検討してみてください。

1位:Viageビューティーアップナイトブラ


ポイント
  1. バストを中央に寄せるサポート力!
  2. 3D構造でお肉をギュッと寄せる!
  3. 着け心地・寝心地Good!
  4. 1枚2,980円!
  5. コスパ重視の方におすすめ!
CHECK
1枚2,980円とは思えないほどのサポート力・寄せ力・伸縮性を持っているので、Cカップの悩みすべてに対応できるコスパ最強のナイトブラがViageビューティーアップナイトブラです。

カラーバリエーションは5種類あり、シンプルでかわいいデザインなのでショーツも合わせやすくなっています。

Viageビューティーアップナイトブラの評価
サポート力
(4.5)
寄せ力
(4.5)
伸縮性
(4.5)
価格
(4.5)
総合評価
(4.5)

2位:モテフィット


ポイント
  1. サポート力は抜群!
  2. 寄せ力強めでお肉を逃さない!
  3. 伸縮性もよく着け心地◎!
  4. 肩紐調整でバストにフィット
  5. 1枚5,980円
CHECK
抜群のサポート力と寄せ力でバストをギュッと盛ってくれるますが、1枚5,980円なので品質を重視したい方にモテフィットはおすすめです。

伸縮性が高いスパンデックスを採用し、肩紐調整ができるので、より個人に合わせたバストフィットが可能となっています。

モテフィットの評価
サポート力
(5.0)
寄せ力
(4.5)
伸縮性
(4.5)
価格
(3.5)
総合評価
(4.5)

3位:ふんわりルームブラ


ポイント
  1. バランスのとれたサポート力!
  2. 幅広設計でお肉を寄せる!
  3. 着心地がよく眠りやすい!
  4. 1枚3,980円
  5. かわいいデザインのナイトブラ!
CHECK
サポート力・寄せ力をほどほどに抑えて寝心地の良さを向上させて、何よりデザイン性が良いので、おしゃれでかわいいナイトブラが欲しい方にふんわりルームブラはおすすめです。

12種類のカラーバリエーションとショーツもセットで購入することができます。

ふんわりルームブラの評価
サポート力
(4.0)
寄せ力
(4.0)
伸縮性
(4.5)
価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

Cカップの女性が知っておきたいナイトブラのメリット・デメリット!

Cカップの女性がナイトブラを着用するメリットについて詳しく解説していきます。

しかし、メリットだけでは見えてこない部分もあるので、あわせてデメリットについても触れて、ナイトブラの知識を深めていきましょう。

Cカップでナイトブラを着用するメリット!谷間が作れる!

Cカップといっても谷間ができないと悩んでいる方からすれば、ナイトブラの寄せ力で谷間を作ることができるのでメリットを感じることができるはずです。

特にアンダーサイズがC65だと、谷間ができにくいので胸を小さく見られがちな方はナイトブラでバストを盛り上げていきましょう。

その他のメリットについてもまとめてみました。

ナイトブラのメリット
  • バストラインをキープできる
  • 離れ乳を中央に寄せられる
  • 昼間も使える

美乳を目指すのであれば、バストの垂れは回避するべきなので、ナイトブラによってバストラインをキープできるのは非常に嬉しいメリットといえます。

また、左右からのサポートによって、離れ乳の方でもギュッとバストを中央に寄せることができるので、継続していくことで美バストに近づくことができるでしょう。

Cカップでナイトブラを着用するデメリット!バストアップの効果△!

「ナイトブラを着用してバストサイズがアップしました!」というクチコミを見かけることがありますよね。

残念ながらワキ・背中のお肉を集めてバストに固定させることができれば、バストアップはできるかもしれませんが、直接的にバストアップの効果はありません。

直接的なバストアップというのは乳腺の発達や筋肉を鍛えることで起こるものなので、しっかりとそこは理解しておきましょう。

それ以外のデメリットについては以下のとおりです。

ナイトブラのデメリット
  • おしゃれなデザインが少ない
  • コストがかかる

どうせなら夜でもおしゃれな下着をつけたいという方も多いでしょう。

ただ、現状ナイトブラでおしゃれなデザインを採用しているところはまだ少ないです。

また、毎日の使用が前提なので1枚で運用するのは少し厳しく、何枚かストックシておく必要があることを考えると、コストがかかるというのもデメリットといえます。

Cカップで谷間ができる人とできない人の違いは?

そもそも、Cカップでなぜ谷間ができる人とできない人がいるのか知っていますでしょうか。

実は、Cカップ女子の中でも知らないという意見が多く、特に男性はCカップという言葉だけで判断することが多いので気をつけなくてはいけません。

簡単に説明すると谷間ができる人・できない人の違いは以下の2つです。

  • アンダーが大きいとバストも大きくなる
  • 離れ乳の人は谷間ができにくい

では、どういうことか詳しく解説していきましょう。

アンダーが大きいとバストも大きくなる

CカップでもC65やC75といったように、アンダーバストによってブラを選び分けることになりますよね。

そもそもカップ数というのはアンダーとトップの差なので、アンダーが大きくなればなるほどCカップだとしてもバストのボリュームが大きくなるのです。

C65はB70とA75と、C75はE65・D70と、C90はG70・F75・D85とカップの容量が同じになります。

そう考えると、Cカップだとしても、ブラで寄せた際にボリュームがあるかどうか、つまりアンダーがあるかによって谷間ができるかできないか分かれる、ということが理解できるのではないでしょうか。

離れ乳の人は谷間ができにくい

もう一点、離れ乳の人は谷間ができにくいというのがあります。

谷間というのはバストが中央に寄っていればいるほどできやすいので、離れ乳のように中央に寄っていないタイプのバストは単純に谷間ができにくいことがわかるでしょう。

谷間を作ろうと寄せたとしても、お肉が中央に寄っていないためうまく谷間ができない状態です。

ただし、ナイトブラを使用することで脂肪を中央に寄せることに成功すれば、離れ乳を改善することだけではなく谷間を作って美バストをキープすることに期待ができます。

谷間ができないからといって諦めるのではなく、ナイトブラで自分のバストをきれいな形に近づけていきましょう。