敏感肌な人におすすめのシャンプーランキング&原因と対策!

頭皮が敏感肌タイプの方は、普通の人と比べると刺激成分に過敏に反応してしまうため注意してシャンプーを選ばなくてはいけません。

では、敏感肌の人はどのような成分が含まれているシャンプーを選べば良いのか、おすすめのシャンプーをランキングとともに紹介していきます。

シャンプー執事

市販されているシャンプーは敏感肌タイプの人に合わないことが多いよ!!

敏感肌な人におすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

1日の終わりや朝にシャワーを浴びると思いますが、それだけに敏感肌の人はシャンプーを自分の肌質に合ったものを選ばなくてはいけません。

では、どのようなシャンプーを選べば良いのかという点ですが、3つのポイントを抑えることをおすすめします。

3つのポイント

  1. 刺激性の低い洗浄成分を使用している
  2. 無添加のシャンプー
  3. 保湿成分を多く配合している

この3つのポイントは敏感肌の人にとって重要なポイントとなるので、シャンプー選びの参考にしてみてください。

ではこの3つのポイントがそれぞれどのように敏感肌のサポートをしてくれるのかについて解説していきましょう。

1. 刺激性の低い洗浄成分を使用している

敏感肌の人にとって普通の人がなんともない成分でも刺激が強く頭皮が荒れてしまう、あるいは乾燥やフケが出てきてしまうことがあります。

シャンプーにおいて洗浄成分が該当し、市販されているシャンプーには高級アルコール系の刺激性の強い洗浄成分を使用していることがほとんどです。

高級アルコール系は安価で洗浄力が高いので用いられることが多いですが、敏感肌の人にとってはおすすめできないので選ばないようにしましょう。

刺激性の低い洗浄成分としてアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が穏やかではありますが、その分刺激性が低く敏感肌の人にぴったりのシャンプーといえます。

注意

皮脂は悪いものと昔から言われてきているため洗浄力が高いシャンプーを使うように促されてきていましたが、実際は頭皮にはある程度皮脂が必要です。

キャッチコピーや商品戦略に騙されず、頭皮に優しく安全なシャンプーを選ぶようにしましょう。

2. 無添加のシャンプー

シャンプーの中には添加物が含有されていることがあり、長期的に見てみると頭皮や髪にいい影響は与えません。

特に敏感肌の方は添加物によってアレルギー反応を起こしてしまい、頭皮が荒れてしまいやすいです。

悪影響のある添加物例
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリン酸Na/DEA/DEA/MEA/TEA
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 合成防腐剤
  • 合成香料
  • 合成保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • カチオン界面活性剤
  • 鉱物油
  • 動物性油脂
  • エタノール
  • キレート剤
  • 以上の添加物が配合されていない無添加のシャンプーを選ぶようにしましょう。

    3. 保湿成分を多く配合している

    刺激に敏感になってしまっている理由は、頭皮が乾燥してしまっていることが原因の1つです。

    シャンプーは洗浄が目的なのでどうしても乾燥しやすい状況になり、保湿成分が多く配合されているシャンプーで頭皮の乾燥を抑えてあげましょう。

    保湿成分としてはツバキ・アルガンといった植物オイルをはじめ、リピジュアやヒアルロン酸などもあげることができます。

    保湿成分がたくさん入っている方が頭皮の保護をサポートすることができるので、成分表示をみて保湿成分がどのぐらい配合されているのかを見る癖をつけておくといいかもしれません。

    敏感肌な人におすすめのシャンプーを比較!

    低刺激で頭皮に優しいというポイントを基にさっそくシャンプーを選びに行こうとしているのであれば少し待ってください。

    ドラッグストアなどで市販されているシャンプーだけでもかなりの種類がありますので、厳選するだけでもかなりの時間がかかってしまいます。

    そこで、まずは当サイトで知名度と品質を対象として13種類のシャンプーを厳選してみました。

    先ほどの3つのポイントがどれぐらい当てはまるのかをみていきましょう。

    洗浄力 無添加 保湿成分
    ハーブガーデン 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ラサーナ プレミオール 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    ルメント 穏やか
    (アミノ酸系)
    三角 丸
    クイーンズバスルーム 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    アスロング オーガニックシャンプー 強め
    (高級アルコール系)
    三角 丸
    わたしのきまり 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 丸
    守り髪 少し強め
    (アミノ酸系)
    丸 丸
    ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
    (アミノ酸系)
    二重丸 二重丸
    ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
    (アミノ酸系)
    丸 丸
    ボタニスト 少し弱め
    (アミノ酸系)
    三角 三角
    TSUBAKI 強め
    (高級アルコール系)
    バツ 三角
    ビオリス 強め
    (高級アルコール系)
    バツ 三角

    市販されているシャンプーは人気や知名度は高いものの敏感肌にむいているかと言われればそうではありません。

    一方、品質の高いシャンプーは敏感肌にもおすすめといえるものが多く、この中から選ぶのであればどれを選んでも大差ないほど良い品質です。

    この13種類の中から自分に合ったシャンプーを選ぶということでも全然問題ないでしょう。

    シャンプー執事

    次はさらに絞ったおすすめシャンプーランキングを紹介するよ!

    敏感肌な人におすすめのシャンプーランキング!

    敏感肌な人にとっておすすめなシャンプーTOP3を紹介していきます。

    どのシャンプーが良いかわからない、比較したものからさらに選ぶのが手間だと感じる方はこの3つの中から選ぶと良いでしょう。

    ハーブガーデン

    ハーブガーデン
    ポイント
    1. 頭皮に優しいアミノ酸シャンプー
    2. 無添加なので敏感肌でも安心
    3. ボタニカルの力で頭皮に潤いをキープ
    4. オーガニックハーブウォーター厳選使用
    5. 東大博士号取得の博士と開発
    CHECK
    アミノ酸とハーブのボタニカル成分によって頭皮に優しい洗浄力を実現しているのがハーブガーデンの特徴です。

    シャンプーのメインを占める精製水をオーガニックハーブウォーターにすることで、より敏感肌におすすめできるシャンプーとなっています。

    ハーブガーデンの評価
    安全性
    (5.0)
    無添加
    (5.0)
    保湿
    (4.5)
    コスパ
    (5.0)
    総合評価
    (5.0)

    ラサーナ プレミオール

    ラサーナ プレミオール
    ポイント
    1. アミノ酸系で頭皮・髪に優しい
    2. 4つのオイルで高保湿
    3. 海泥使用で洗浄力をサポート
    4. 7種のハーブエキスで皮脂・ニオイを予防
    5. ダメージを受けた髪に補修成分が効く
    CHECK
    アミノ酸だけでなくブルターニュ産の海泥である「シルト」を使用して頭皮に優しい洗い上がりを提供しているのがラサーナ プレミオールの大きな特徴です。

    洗浄・保湿・添加物に関して合格ラインですし、傷んだ髪に毛髪浸透型コラーゲンが補修の役割を果たしてくれるので頭皮・髪ともに嬉しいシャンプーといえます。

    ラサーナ プレミオールの評価
    安全性
    (4.5)
    保湿性
    (5.0)
    無添加
    (4.5)
    コスパ
    (4.0)
    総合評価
    (4.5)

    ボタニカル ベルタシャンプー

    ボタニカル ベルタシャンプー
    ポイント
    1. アミノ酸と酵素の力で汚れを優しく落とす
    2. 保湿成分たっぷり配合
    3. 13の無添加で敏感肌でも安全安心
    4. 天然由来100%で優しいシャンプー
    5. アンチエイジング成分も厳選含有
    CHECK
    アミノ酸・ボタニカル成分に加えて酵素の力で洗浄力を優しくサポートしているのがボタニカル ベルタシャンプーです。

    業界最大級である78成分を配合しているので、保湿・補修成分も高含有、添加物も可能な限り取り除いて作られているので安心して使用できます。

    ボタニカル ベルタシャンプーの評価
    安全性
    (4.5)
    保湿性
    (4.5)
    無添加
    (5.0)
    コスパ
    (3.5)
    総合評価
    (4.5)

    シャンプーの種類別敏感肌への効果!

    敏感肌の人にとって大切なのは刺激性が少ないシャンプーだという話をしましたが、アミノ酸系以外にも高級アルコール系と石鹸系のシャンプーが存在します。

    これら3種類のシャンプーはそれぞれ洗浄力・刺激・安全性において違いがあり、簡単にまとめると以下の通りです。

    洗浄力 刺激 安全性
    アミノ酸系
    高級アルコール系
    石鹸系

    汚れを取り除くということにフォーカスした場合には洗浄力が強いものが良いですが、今回は敏感肌の方を対象としているのでそうはいきません。

    では、それぞれのシャンプーが敏感肌にどう影響するのか、それぞれみていきましょう。

    アミノ酸シャンプー

    髪の毛というのはタンパク質でできており、そのタンパク質はアミノ酸から作られています。

    そのため、アミノ酸を洗浄成分にしているシャンプーは頭皮に優しく敏感肌の人にとっておすすめできるシャンプーといえるのです。

    しかし、デメリットとしては洗浄力が少し足りない部分があるので、ボタニカルな洗浄成分で補っているシャンプーが多くあります。

    注意

    ボタニカル成分であれば良いのですが、アミノ酸系に高級アルコール・石鹸の洗浄成分を合わせているシャンプーは注意が必要です。

    後述しますがこの2つの洗浄成分は敏感肌の人には刺激が強すぎるので、成分表示をしっかり確認してから選ぶようにしましょう。

    高級アルコールシャンプー

    ラウレス硫酸・ラウリル硫酸といった成分が代表的な高級アルコールシャンプーは、洗浄力が強く汚れを効率的に落とすのにはうってつけです。

    しかし、洗浄力が強力な分頭皮に対する刺激も強くなってしまうので敏感肌な人にはおすすめできません。

    市販されているシャンプーはこの高級アルコール系の洗浄成分を含んでいるのがほとんどなので、保湿成分が含有されていたとしても選ばないほうが良いでしょう。

    石鹸シャンプー

    高級アルコールよりは洗浄力が劣るものの、汚れをしっかりと洗い落とすことに関しては申し分のない力を発揮するのが石鹸シャンプーです。

    ただし、頭皮においてはやはり洗浄力が強すぎてしまうため敏感肌の人は高級アルコール系同様に使わないほうが良いでしょう。

    高級アルコール系を使うのであれば石鹸系のシャンプーを使うほうがマシ、というくらいで覚えておいてください。

    シャンプー執事

    頭皮に優しいのは群を抜いてアミノ酸系シャンプーだということだね!

    敏感肌になってしまう原因と対策!

    生まれつき敏感肌の人を見かけますが、生活をしていく中で徐々に肌が敏感になってしまったという方も多いです。

    原因としては頭皮にダメージが蓄積してしまっている頭皮が乾燥しているという点が挙げられます。

    では、なぜこの原因が起こってしまうのか、対策と合わせて解説していきましょう。

    敏感肌になる原因は生活習慣にあり!

    敏感肌になってしまう原因である頭皮のダメージ蓄積と乾燥ですが、知らず知らずにしている生活習慣によって起こることがあります。

    では、どのような生活習慣が敏感肌になりやすくしてしまうのでしょうか。

    敏感肌になる生活習慣
    • 頭皮に合わないシャンプーの使用
    • 高頻度のパーマ・カラー
    • 暖房・冷房による乾燥
    • ホルモンバランスの乱れ
    • 紫外線

    やはり頭皮に合わないシャンプーを使用しているとダメージを徐々に蓄積してしまい敏感肌に傾いてしまいます。

    パーマ剤やカラー剤はタンパク質を変性させてしまうものなので、あまり高頻度に使用するとダメージや乾燥がしやすくなってしまうので注意が必要です。

    頭皮が乾燥すると敏感肌になってしまうので、暖房のつけすぎや冷房による風を直接受けすぎてしまうと頭皮の水分が奪われてしまいよくありません。

    注意
    女性はホルモンバランスが乱れやすいこともあり、その影響から肌が敏感になってしまうことがあります。

    しかし、ホルモンバランスの乱れというのは避けようが無い部分が大きいので今回は原因の紹介だけとさせてください。

    その他にも紫外線を長時間受けてしまうと頭皮内で活性酸素が増えてしまい、細胞機能が低下して敏感肌や乾燥肌になってしまいます。

    シャンプー執事

    生活習慣の乱れの代表である栄養不足・睡眠不足・運動不足は今回触れないでおきます。

    敏感肌対策は意識した生活をすることが大切!

    敏感肌にならないようにするためには、先ほどの原因に対して有効的な対策をすることが大切です。

    何より意識して生活をして習慣化することによって敏感肌は改善へと向かっていくでしょう。

    敏感肌対策
    • シャンプーの見直し
    • 頭皮の保湿ローション・オイルを活用する
    • パーマ・カラーは期間を空ける
    • 温度調節は湿度も調節する
    • 外出する際は帽子を着用する

    シャンプーの見直しは割と簡単にすることができ、今回のテーマでもあるのでしっかりと今回の記事を見直して自分に合ったシャンプーを選べるようにしていきましょう。

    また、シャンプー後に頭皮に保湿ローションやオイルを使用することも有効的です。

    保湿が十分にできれば敏感肌といっても必要以上に頭皮が荒れてしまう・かゆみがでる・フケが出るといったことも少なくなります。

    まずは自分ができる生活習慣対策を意識的に取り組んでいき、少しでも敏感肌が改善できるように生活をしていきましょう。