【自宅で簡単】脚・足の指毛におすすめの家庭用脱毛器ランキング!

すぐにランキングを確認

↑↑ジャンプします↑↑

自宅で手軽に脱毛できる家庭用脱毛器で脚・足の指毛を脱毛したいと思っていますよね?

脚・足の指毛の脱毛に適した家庭用脱毛器の選び方を詳しく解説します!

脚・足の指毛の家庭用脱毛器の選びの3つのポイント!

  1. 照射面積が脚・足の指毛にフィットすること
  2. 照射回数が十分なこと
  3. コスパが良いこと

この3点を抑えておくと、脚・足の指毛脱毛に適した家庭用脱毛器を見つけられます。

1.照射面積が脚・足の指毛にフィットすること

家庭用脱毛器は種類によって照射する面積が異なるため、脚・足の指毛を脱毛するのに適したサイズである必要があります。

脚・足の指毛の脱毛を行うためには、脚・足の指毛のパーツパーツを細かく照射していくため、大きすぎても小さすぎても使いにくい・・・となってしまうからです。

太もも(平均) 縦約20cm×横約50cm=約1000㎠
指(平均) 縦約1cm×横約5cm=約5㎠
ふくらはぎ(平均) 縦約10cm×横約30cm=約300㎠
膝下・膝上(平均) 縦約20cm×横約10cm=約200㎠

あくまでも目安の面積ですが、脚・指を照射しようと思うと、様々な大きさに対応できるほうが使いやすいことが分かります。

ただ、太ももやふくらはぎがメインになるので、どちらかといえば大きめの照射面積の家庭用脱毛器の方が使いやすいでしょう。

2.照射回数が十分なこと

家庭用脱毛器を利用して脚・足の指毛の脱毛を行う場合、1回の照射で脚・足の指毛の脱毛を完了させることは不可能です。

家庭用脱毛器は通常、照射できる回数が決められていて、決められた回数以上照射しようとすれば、カートリッジを新しくするか、新しい家庭用脱毛器を購入しなければなりません。

脚・足の指毛脱毛にかかる期間 早くて3ヶ月程度(6回程度の照射)

脚の毛は濃すぎないので、比較的少ない照射回数でも脱毛することが可能です。

ただ、個人差はありますし、脚だけに使うのではなく他の部位も考慮に入れた照射回数を考慮した方が経済的によいでしょう。

3.コスパが良いこと

家庭用脱毛器の価格は高いものも安いものもあり、ピンキリです。

もちろん、安ければよいと一概に言えるものではないですが、コスパが悪いものより安く使えるものがうれしいことには間違えありません。

価格 1回の金額※
ケノン 69,800円 約0.07円
ツーピーエス 69,800円 約0.07円
エピレタ 39,800円 約0.26円
トリア 44,800円 約89.6円
レイボーテグランデ 116,400円 約0.58円
光エステ(パナソニック) 30,000円程度(オープン価格) 約0.15円

※製品価格÷照射可能回数で計算した数値

脚・足の指毛の家庭用脱毛器を一覧比較!

照射面積 照射回数
ケノン 4.5㎠~9.25㎠ 100万回
ツーピーエス 7.0㎠ 100万回
エピレタ 6.5㎠ 15万回
トリア 1㎠ 500回(バッテリー式)
レイボーテグランデ 12㎠ 20万回
光エステ(パナソニック) 5.4㎠ 20万回

脚・足の指毛の脱毛におすすめの家庭用脱毛器ランキング!

脱毛器ケノン
ケノン
ロングセラー商品で高い支持を受けている脱毛器ケノン。照射回数が100万回と多い上に照射面積に合わせたカートリッジがあるのでいろんな部位で脱毛可能です。

ラージやエクストララージというかなり照射面積の広いカートリッジや逆に照射面積の狭いカートリッジも用意しているのでとても使いやすい家庭用脱毛器です。

方式 光脱毛・フラッシュ
照射回数 100万回
照射面積 4.5㎠~9.25㎠
評価
価格 69,800円

詳細を確認してみる

ツーピーエス クリスタル
ツーピーエス クリスタル
照射回数が100万回と豊富で価格もケノンと同様のコスパの良い脱毛器です。

照射面積は広めに設定されていて、太ももやふくらはぎに利用するのには問題ありません。

ただ、小さめのカートリッジがないため指の毛には使いにくいです。

方式 光脱毛・フラッシュ
照射回数 100万回
照射面積 7.0㎠
評価
価格 69,800円

詳細を確認してみる

エピレタ
エピレタ
コンパクトで低価格なことが非常に魅力的な脱毛器です。

ただし、追加カートリッジは販売していないので、照射回数が15万回以上は使えない点と、照射力が低めなので脱毛までに時間がかかる点が注意です。

また、カートリッジの変更ができないので細かい部分を脱毛するのが苦手な脱毛器となります。

方式 光脱毛・フラッシュ
照射回数 15万回(追加カートリッジは販売していない)
照射面積 6.5㎠
評価
価格 39,800円

詳細を確認してみる

脱毛器選びに悩んでいるあなたへ!ケノンで脱毛に挑戦した結果をビフォーアフター写真付きで公開してます!

ケノン利用

脱毛器選びに悩んでいるなら、是非実際にケノンで脱毛してみた体験談を確認してみてください。

分かること

  1. 脱毛効果何回目くらいで出てくるの?
  2. どれくらいでツルツルになるの?
  3. 痛みとか危険性とかないの?

ビフォーアフター写真付きの脱毛結果を確認

脚・足の指毛の脱毛を家庭用脱毛器で行うメリット!

家庭用脱毛器で脚・足の指毛を脱毛するメリットを見ていきましょう!

1.スカートや好きな服をいつでも気にせずに着ることができるようになる!

脚に生えている毛が気になって好きな洋服が着れないという悩みから解放されます。

細かい毛なので、普段からムダ毛の処理をしておけばOKですが、そうはいっても面倒でついついパンツに手が伸びてしまいませんか?

家庭用脱毛器で脚を綺麗にしてしまえばいつだって好きな時に好きな洋服を着れるようになります。

2.膝が綺麗になり年齢が若く見られる!

顔はメイクや美顔対策で若さをキープできても、意外と隠せないのが膝や肘です。

TV番組で年齢当てクイズなどをやると、必ずといっていいほど膝や肘の劣化を確認されて年齢を見破られています。

膝周辺が劣化して黒ずんでいくのは日ごろのムダ毛処理が影響しているため、家庭用脱毛器で脱毛をしてしまえば年齢以上に若く見られるようになります。

3.通う必要がなくいつでも脱毛できる!

家庭用脱毛器ならいつでも自分の好きな時に脚・足の脱毛が可能です。

脱毛サロンや脱毛クリニックは予約して時間通りに出向いて、時間をかけて施術してもらう必要がありますが、家庭用脱毛器なら10分程度で完了します。

面倒な移動や予約作業がなくなります。

脚・足の指毛を家庭用脱毛器で行うのに向いている人!

  1. コスパよく脚・足の指毛を行いたい人
  2. 脚・足の指毛以外にも全身の脱毛を行いたい人
  3. サロンやクリニックに通うのが面倒だなと感じる人

脱毛器で脱毛してみる

家庭用脱毛器で脚・足の指毛の脱毛を行う場合の注意点・使い方!

家庭用脱毛器で脚・足の指毛の脱毛を行う場合の注意点や使い方を確認しておきましょう。

1.色素沈着・黒ずみ部分は慎重に照射しよう!

家庭用脱毛は光により脱毛を行っていて、脱毛対象はメラニン色素で識別しています。

黒ずみ部分はメラニン色素が濃い部分なので、家庭用脱毛器が攻撃する可能性があり、いきなり出力を高くすると必要以上に痛みを感じるかもしれません。

通常、ホクロくらいの黒さがなければ問題ないですが、念のため慎重に出力を上げていきましょう。

2.傷などがないか確認してから使おう!

大人になってからは転倒して脚を怪我するようなことは少なくなっているとは思いますが、それでも怪我する確率が高いのが脚です。

擦り傷などがある場合、家庭用脱毛器の照射により傷口を悪化させる可能性があるため、家庭用脱毛器の利用は控えるか、傷口を避けて照射する必要があります。

脚・足の指毛の家庭用脱毛器のQ&A

脚・足の指毛脱毛を家庭用脱毛器で行う場合の気になるポイントをまとめました。

1.家庭用脱毛器で脚・足の指毛を脱毛すると痛みはどれくらい?

家庭用脱毛器で感じる痛みには個人差がありますが、照射レベルを自分で選択・変更できる脱毛器がほとんどなので、心配する必要はありません。

脚に生えている毛は、それほど濃くはないので痛みも少ない方です。

家庭用脱毛器の痛みは毛の太さに比例するので、太い毛が生えている部分ほど強い痛みを感じやすい部分になります。

参考:【体験談】家庭用脱毛器の痛み

2.家庭用脱毛器で髭の脱毛は本当にできるの?効果・脱毛回数・脱毛期間は?

脚・足の指毛に生えている毛は、比較的細いものの産毛ほど薄いわけではなく、丁度よく脱毛しやすい毛といえます。

光脱毛(脱毛器の脱毛方式)はメラニン色素に反応するため、薄すぎる毛は思ったよりもすぐに脱毛できないという場合もあります。

もちろん、薄い毛でも照射を何度も重ねることで脱毛することは可能ですし、毛が薄い分照射できれば脱毛効果は高いので、毛が残ってしまう心配は少ないです。

参考:【体験談】家庭用脱毛器の効果・回数・期間

3.家庭用脱毛器よりも脱毛サロンの方が安い?

家庭用脱毛器の脱毛方法法は脱毛サロンと同じですが、脱毛サロンでは特定部位だけなら数百円で脱毛してくれるサービスを行っています。

ミュゼプラチナム 100円 両脚・足の指毛とVラインは無制限
エピレ 500円 6回までの回数制限蟻

脚・足の指毛だけを脱毛したいという場合は、これらの脱毛サロンで脱毛を行う方が安く済みます。

ただし、これらのキャンペーンを利用しているお客さんは、どうせ脱毛サロンに通う必要があるんだから、結局は特定部位だけでなく他の部位も脱毛に申し込む、場合が多いようです。

他の部位の脱毛は絶対にしないという自信があれば、脱毛サロンを利用した方がリーズナブルに脚・足の指毛の脱毛を行うことができるでしょう。